top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?MVVの定義・事例・依頼する際の費用を解説


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?MVVの定義・事例・依頼する際の費用を解説


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)という言葉を耳にしたことはあるけれど、説明できるほど詳しくはない、、そう感じたことはありませんか?


MVVとは企業の方向性を明確にし、共通の目標を持つために欠かせないものです。本記事では、MVVの定義をわかりやすく解説し、具体的な企業例を紹介します。


また、MVVの策定を専門家に依頼する際にかかる費用についても詳しく説明します。これからMVVを定義しようと考えている方や、既に取り組んでいる方にぜひ読んでいただけたらと思います。






MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは、企業や組織がその存在意義や目指す未来、そして行動指針を明確にするためのフレームワークです。


具体的には、ミッション(Mission)は企業の存在意義や目的を示し、ビジョン(Vision)は将来的に達成したい目標や理想の姿を描きます。そして、バリュー(Value)は企業が大切にする価値観や行動基準を定義します。


この3つの要素を明確にすることで、企業は内部の従業員だけでなく、外部のステークホルダーにも一貫したメッセージを伝えることができます。


MVVは企業の戦略や文化を形成する基盤となり、全員が同じ方向を向いて進むための羅針盤となるのです。



ミッションとは?


ミッション(Mission)とは、企業や組織が存在する理由や目的を明確に示すものです。


ミッションは、企業が何を成し遂げたいのか、どのような価値を提供するのかを表現します。企業の根幹を成すものであり、全ての活動の基盤となります。


例えば、ある企業が「持続可能な未来を創造する」というミッションを掲げている場合、その企業は環境保護や持続可能な資源利用に重点を置いた事業活動を行うことが期待されます。


結果として、ミッションは企業の方向性を示し、従業員やステークホルダーに対して一貫したメッセージを伝える役割を果たします。


ミッションの策定には、企業の歴史や文化、創業者の理念などが深く関わってくることが多いです。その結果、企業のアイデンティティが明確になり、他の企業との差別化が図られるはずです。



ビジョンとは?


ビジョン(Vision)とは、企業や組織が将来的に達成したい理想の姿や目標を描いたものです。


ビジョンは、長期的な視点で企業の方向性を示し、全てのメンバーが共有する未来のイメージを具体化します。結果として、企業全体が一丸となって目標に向かって進むことが可能となります。


例えば、ある企業が「世界中の人々に健康で幸せな生活を提供する」というビジョンを掲げている場合、その企業は健康関連の商品やサービスの開発に力を入れるでしょう。ビジョンは企業の未来像を描き、戦略的な意思決定や行動の指針となります。


ビジョンの策定には、企業のミッションや価値観、外部環境の変化などが考慮されます。現実的かつ挑戦的な目標が設定され、企業の成長と発展を促進します。従業員のモチベーションを高め、企業文化を形成する重要な要素でもあります。



バリューとは?


バリュー(Value)とは、企業や組織が大切にする価値観や信念を指します。


価値観は、企業の文化や行動基準を形成し、日々の業務や意思決定に影響を与えます。企業がどのようにビジネスを行い、どのような姿勢で顧客や従業員、社会と向き合うかを示す重要な要素となります。


例えば、ある企業が「誠実さ」と「顧客第一主義」をバリューとして掲げている場合、その企業は常に顧客のニーズを最優先に考え、誠実な対応を心掛けるはずです。結果として、バリューは企業の行動指針となり、従業員が日々の業務でどのように行動すべきかを明確にします。


バリューの策定には、企業の歴史や創業者の理念、業界の特性などが考慮されます。企業独自の価値観が形成され、他社との差別化が図られます。


また、バリューは従業員の行動を統一し、企業全体の一体感を高める役割も果たします。バリューが明確であることで、企業は一貫したブランドイメージを築くことができ、顧客や取引先からの信頼を得ることができます。


さらに、バリューは従業員のモチベーションを向上させ、企業文化を強化するための基盤となります。


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?



なぜMVVが必要なのか? 


ではなぜMVVが必要なのでしょうか?それは、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)は企業や組織が成功するための基盤となる重要な要素となるからです。


まず、ミッションは企業の存在意義や目的を明確にし、ビジョンは将来の目標や方向性を示します。そして、バリューは企業が大切にする価値観や行動基準を定義します。


3つの要素が一体となることで、企業全体が共通の目標に向かって一丸となって進むことができます。



MVVを策定する理由


次に、MVVを策定する理由についても具体的に説明します。MVVを策定する理由は、大きく4つあります。


MVVを策定する理由

ひとつずつ解説していきます。



1. 「方向性の明確化」 

MVVを策定することで、企業の方向性が明確になります。結果として、従業員は自分たちの役割や目標を理解しやすくなり、日々の業務において一貫した行動を取ることができます。


2. 「組織の一体感の向上」

共通のミッション、ビジョン、バリューを持つことで、従業員同士の連帯感が生まれます。結果として、チームワークが強化され、組織全体のパフォーマンスが向上します。


3. 「意思決定の基準」

MVVは企業の意思決定の基準となります。結果として、経営陣や従業員が一貫した判断を下すことができ、企業の信頼性が高まります。


4.「ブランドイメージの強化」

明確なMVVを持つことで、企業のブランドイメージが強化されます。顧客や取引先に対して一貫したメッセージを発信することができ、信頼を築くことができます。


MVVを策定することは、企業の成長と成功に不可欠なステップです。結果として、企業は内部の結束力を高め、外部に対しても強いメッセージを発信することができます。




MVVがないことで起こりうるリスク


逆にMVVがないと企業はどうなるでしょうか?MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)がない企業は、さまざまなリスクに直面する可能性があります。


まず、「方向性の喪失」が挙げられます。企業の目標や価値観が明確でないと、従業員は何を目指して働くべきか分からず、業務の一貫性が失われます。その結果、組織全体の効率が低下し、成果が出にくくなります。


次に、「従業員のモチベーション低下」が問題となります。共通の目標や価値観がないと、従業員は自分の役割や貢献度を感じにくくなり、仕事に対する意欲が減少します。結果として、離職率が高まり、優秀な人材を維持することが難しくなります。


さらに、「意思決定の混乱」もリスクの一つです。明確な基準がないため、経営陣や従業員が異なる方向に進む可能性があり、企業全体の統一感が失われます。その結果、重要な決定が遅れたり、誤った判断が下されることがあります。


最後に、「ブランドイメージの低下」も避けられません。顧客や取引先に対して一貫したメッセージを発信できないと、信頼を築くことが難しくなります。結果として、競争力が低下し、市場でのポジションが弱まる可能性があります。


MVVがないことで生じる4つのリスクを避けるためにも、企業は早期にMVVを策定し、全従業員に共有することが重要となります。


MVVがないことで起こりうるリスク



MVV策定方法


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を策定することは、企業の方向性を明確にし、全従業員が共通の目標に向かって進むために非常に重要です。


ここでは、ミッション、ビジョン、バリューそれぞれの策定方法について詳しく解説していきます。



ミッションの策定方法


ミッションは、企業の存在意義や目的を明確にするものであり、企業の方向性を示す重要な要素です。ミッションを策定する際には、以下のステップを踏むことが推奨されています。



1. 「企業の価値を明確にする」

まず、企業が提供する価値やサービスが何であるかを明確にします。顧客に対してどのような利益を提供するのか、社会にどのような影響を与えたいのかを考えることが含まれます。


2. 「ステークホルダーの意見を取り入れる」

 従業員、顧客、取引先など、企業に関わる全てのステークホルダーの意見を取り入れることが重要です。結果として、多様な視点から企業の存在意義を捉えることができます。


3. 「簡潔で覚えやすい表現にする」

ミッションは短く、覚えやすいものであることが理想です。複雑な言葉や専門用語を避け、誰にでも理解できるシンプルな表現を心がけましょう。


4. 「企業の文化や理念と一致させる」

ミッションは企業の文化や理念と一致している必要があります。結果として、全従業員が共通の目的に向かって一丸となることができます。


5. 「定期的に見直す」

ミッションは一度策定したら終わりではなく、定期的に見直しを行うことが重要です。企業の成長や市場の変化に応じて、ミッションを柔軟に更新することで、常に現状に適した方向性を示すことができます。


5つのステップを踏むことで、企業の存在意義を明確にし、全従業員が共通の目標に向かって進むための強力な指針を策定することができます。


ミッションの策定方法


ビジョンの策定方法


ビジョンは、企業が将来的に達成したい目標や理想の姿を描くものであり、長期的な方向性を示す重要な要素です。ビジョンを策定する際には、以下のステップを参考にすると効果的です。



1.「未来の姿を具体的に描く」

まず、企業が将来的にどのような姿になりたいのかを具体的に描きます。企業の成長や市場での位置づけ、社会的な影響などを考慮することが含まれます。


2. 「現実的かつ挑戦的な目標を設定する」

ビジョンは現実的でありながらも、企業が挑戦する価値のある目標であることが重要です。達成可能な範囲内でありつつも、従業員が意欲を持って取り組めるような目標を設定しましょう。


3. 「ステークホルダーの期待を反映する」

顧客、従業員、取引先など、企業に関わる全てのステークホルダーの期待やニーズを反映させることが大切です。結果として、ビジョンが広く受け入れられ、共感を得ることができます。


4. 「インスピレーションを与える表現にする」

ビジョンは企業の未来を描くものであるため、インスピレーションを与える表現が求められます。ポジティブで力強い言葉を用いて、従業員やステークホルダーに希望とやる気を与えるようにしましょう。


5. 「企業のミッションと整合性を保つ」

ビジョンはミッションと整合性を保つ必要があります。ミッションが企業の存在意義を示すものであるのに対し、ビジョンはその存在意義を実現するための未来の姿を描くものです。両者が矛盾しないように注意しましょう。


6. 「定期的に見直す」

ビジョンもミッションと同様に、定期的に見直しを行うことが重要です。市場環境や企業の成長に応じて、ビジョンを柔軟に更新することで、常に現実に即した方向性を示すことができます。


6つのステップを踏むことで、企業の長期的な目標を明確にし、全従業員が共通の未来像に向かって努力するための強力な指針を策定することができます。


ビジョンの策定方法


バリューの策定方法


バリュー(価値観)は、企業が日々の活動や意思決定において何を重視するかを示す重要な要素です。バリューを策定する際には、以下のステップを踏んでいきます。


1. 「企業の歴史と文化を振り返る」

企業の成り立ちやこれまでの歩みを振り返り、どのような価値観が根付いているのかを確認します。結果として、企業のアイデンティティを再認識することができます。


2. 「従業員の意見を取り入れる」

バリューはトップダウンで決めるものではなく、従業員全体の意見を反映させることが重要です。アンケートやワークショップを通じて、従業員が大切にしている価値観を集めましょう。


3. 「競合他社のバリューを分析する」

同業他社のバリューを調査し、自社の強みや独自性を際立たせるための参考にします。他社との差別化を図るためのヒントを得ることができます。


4. 「具体的な行動指針を設定する」

抽象的な言葉だけでなく、具体的な行動指針を設定することで、従業員が日常業務でバリューを実践しやすくなります。例えば、「顧客第一主義」を掲げるなら、「顧客の声を最優先に考える」といった具体的な行動を示します。


5. 「定期的に見直す」

バリューは一度策定したら終わりではありません。企業の成長や市場の変化に応じて、定期的に見直しを行い、必要に応じて修正することが大切です。


5つのステップを踏むことで、企業全体が共有する価値観を明確にし、日々の活動に一貫性を持たせることができます。


バリューの策定方法


MVVのバランスをとる


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)は、企業の方向性を示す重要な要素ですが、それぞれが独立しているわけではありません。MVVの要素が相互に補完し合い、バランスを保つことが重要です。


以下に、MVVのバランスをとるためのポイントを紹介します。



1. 「一貫性を持たせる」

ミッション、ビジョン、バリューはそれぞれ異なる役割を持ちますが、全体として一貫性があることが求められます。ミッションが企業の存在意義を示し、ビジョンがその未来像を描き、バリューが日々の行動指針となるように、それぞれが矛盾しないように注意しましょう。


2. 「従業員の理解と共感を得る」

MVVはトップダウンで決めるだけではなく、従業員全体が理解し、共感することが重要です。ワークショップやミーティングを通じて、従業員がMVVを自分ごととして捉えられるように促します。


3. 「定期的な見直し」

企業の成長や市場環境の変化に応じて、MVVも見直しが必要です。定期的に評価を行い、必要に応じて修正を加えることで、常に現状に適したMVVを維持します。


4. 「具体的な行動計画を設定する」

抽象的な概念だけでなく、具体的な行動計画を設定することで、従業員が日常業務でMVVを実践しやすくなります。例えば、ミッションに基づいたプロジェクトや、ビジョンを達成するための短期・中期目標を設定します。


5. 「コミュニケーションを強化する」

MVVを全社に浸透させるためには、継続的なコミュニケーションが欠かせません。社内報や定期的なミーティングを通じて、MVVの重要性を再確認し、従業員に共有します。


5つのポイントを押さえることで、企業全体が一丸となって同じ方向を目指し、持続的な成長を実現することができます。


MVVのバランスをとるためのポイント


MVVの事例


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)は、企業の方向性を示す重要な要素です。ここでは、具体的な企業の事例を通じて、どのようにMVVが策定され、実際に企業活動に反映されているのかを見ていきましょう。



ソフトバンクのMVV


ソフトバンクは、通信業界をリードする企業として知られていますが、その成功の背景には明確なMVVがあります。


ソフトバンクのミッションは「情報革命で人々を幸せに」というもので、ビジョンは世界の人々から最も必要とされる企業グループを目指すです。バリューとしては「No.1」「挑戦」「逆算」「スピード」「執念」の5つを掲げています。


MVVが一貫していることで、ソフトバンクは革新的なサービスを次々と提供し、業界をリードし続けています。



ソフトバンクのMVV


ヤフーのMVV


ヤフー株式会社は、日本のインターネット業界を牽引する企業の一つです。


ヤフーのミッションは【UPDATE JAPAN】 情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。です。ヤフーが提供する多岐にわたるサービスの根底にあります。


ビジョンとしては世界で一番、便利な国へを掲げており、ユーザーにとって最も信頼され、利用される企業となることを目指しています。


バリューに関しては、「課題解決」「爆速」「フォーカス」「ワイルド」を重視しています。

ヤフーでは、ヤフーバリューを浸透させるために、全従業員にバリューカードを配布しています。いつでも目指すべきバリューを意識できるため、バリュー評価のマイナス面を抑える効果が期待できます。


ヤフーのMVVは、企業全体の方向性を示し、社員一人ひとりが共通の目標に向かって進むための指針となっています。



ヤフーのMVV


メルカリのMVV


メルカリは、日本を代表するフリマアプリ企業であり、そのMVVも非常にユニークで革新的です。


メルカリのミッションはあらゆる価値を循環させ、あらゆる人の可能性を広げるです。

メルカリが提供するプラットフォームを通じて、物の循環を促進し、持続可能な社会を実現することを目指しています。


ビジョンとしては新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創るを掲げています。ユーザーがどこにいても簡単に商品を売買できる環境を提供することを目指しており、グローバルな市場での成長を見据えています。


バリューに関しては、「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」の3つを重視しています。

メルカリは常に革新を追求し、チーム全体で協力し合いながら、プロフェッショナルな姿勢で業務に取り組む文化を育んでいます。


メルカリのMVVは、企業の成長と持続可能な社会の実現を両立させるための重要な指針となっており、社員全員が共通の目標に向かって進むための基盤を提供しています。



メルカリのMVV



MVVを依頼する費用 


MVVの策定は企業の方向性を明確にするために非常に重要ですが、自社内で行うのは難しい場合があります。そのため、専門家に依頼することを検討する企業も多いです。


ここでは、MVVの策定を専門家に依頼する際の費用感について説明します。



1日ワークショップ


1日ワークショップは、短期間で集中してMVVを策定する方法です。


専門家が企業の現状をヒアリングし、社員と共にディスカッションを行いながら、ミッション、ビジョン、バリューを明確にしていきます。このプランは、企業のトップマネジメントや主要メンバーが一堂に会し、集中的に議論を行うことで、短時間で効果的な成果を得ることができます。


ワークショップの流れとしては、まず企業の現状や課題を共有し、その後、各メンバーが意見を出し合いながら、具体的なミッション、ビジョン、バリューを策定します。

専門家はファシリテーターとして、議論をスムーズに進行させ、最終的な合意形成をサポートします。


1日ワークショッププランの費用は、一般的に20万円程度からとなります(企業により異なる)。短期間で成果を出したい企業や、初めてMVVを策定する企業にとって、非常に有効な方法と言えるでしょう。



1ヶ月プラン


1ヶ月プランは、より深く企業の現状を分析し、時間をかけてMVVを策定する方法です。このプランでは、専門家が企業内部に入り込み、詳細なヒアリングやワークショップを複数回行いながら、ミッション、ビジョン、バリューを段階的に明確にしていきます。


まず、初期段階で企業の現状分析と課題の洗い出しを行います。その後、週ごとにテーマを設定し、社員とのディスカッションやワークショップを通じて、各要素を具体化していきます。結果として、社員全員がMVVの策定プロセスに参加し、共通の理解を深めることができます。


1ヶ月プランのメリットは、時間をかけてじっくりと議論を重ねることで、より精度の高いMVVを策定できる点です。また、社員の意見を反映しやすく、組織全体の一体感を高める効果も期待できます。


1カ月プランの費用は一般的に50万円程度からとなります(企業により異なる)。企業の規模や業種によって異なる場合もありますが、長期的な視点でMVVを策定したい企業にとって、非常に有効な方法と言えるでしょう。



3ヶ月プラン


3ヶ月プランは、最も時間をかけてMVVを策定する方法であり、企業の深層にまで入り込んで詳細な分析と戦略立案を行います。


このプランでは、専門家が長期間にわたり企業と密接に連携し、継続的なヒアリングやワークショップを通じて、ミッション、ビジョン、バリューを徹底的に磨き上げます。


初期段階では、企業の現状分析と課題の洗い出しを行い、その後、月ごとにテーマを設定して進行します。1ヶ月目は現状分析と課題の特定、2ヶ月目はミッションとビジョンの策定、3ヶ月目はバリューの具体化と最終調整を行います。結果として、各要素が企業の実情に即した形で策定され、全社員が共通の理解を持つことができます。


3ヶ月プランの最大のメリットは、時間をかけてじっくりと議論を重ねることで、非常に精度の高いMVVを策定できる点です。また、長期間にわたるプロセスを通じて、社員の意見を反映しやすく、組織全体の一体感を高める効果も期待できます。


3カ月プランの費用は一般的に90万円程度から(企業により異なる)です。企業の規模や業種によって異なる場合もありますが、長期的な視点でMVVを策定したい企業にとって、最も包括的で効果的な方法と言えるでしょう。



まとめ


MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)は、企業の方向性を明確にし、全社員が共通の目標を持つために欠かせない要素です。


本記事では、MVVの定義から具体的な企業事例、そして専門家に依頼する際の費用について詳しく解説しました。


MVVを策定することで、企業は一貫した戦略を持ち、社員全員が同じ方向を向いて働くことができます。その結果、企業の成長や競争力の向上が期待できるでしょう。また、MVVがないことで起こりうるリスクも理解し、早めに対策を講じることが重要です。MVVの策定方法についても、ミッション、ビジョン、バリューそれぞれの具体的な策定手順を紹介しましたのでこちらの記事を参考にしてご検討いただけたらと思います。


さらに、専門家に依頼する際の費用についても、1日ワークショップから3ヶ月プランまでの詳細を説明しました。企業の規模やニーズに応じて、最適なプランを選択することが大切です。これからMVVを定義しようと考えている方や、既に取り組んでいる方にとって、本記事が参考になれば幸いです。


企業の未来を見据えたMVVの策定を通じて、さらなる成長と成功を目指しましょう。



最後に(HONEのサービスについて)


当社ではMVV策定のためのワークショップやMVVを含めたブランド戦略全体の策定を行っております。


HONEではブランドづくりを基礎から学ぶ「ブランド戦略サポートプラン」と、新商品開発・新規事業開発の足掛かりとなる「マーケティングリサーチサポートプラン」、1日で「基礎」を学びたい人向け「出張マーケティングプラン」の3つのソリューションをご用意しています。


皆さんのフェーズに合わせてご検討いただけるサービスとなっております。また地方の企業さまにもご利用いただきやすいよう、各サービス価格は20万円程度からご用意しておりますので、お気軽にお声がけいただけたらと思います。


詳しいサービスはこちらをご覧ください。


 

【記事を書いた人】


桜井 貴斗  HONE Inc. 代表取締役/マーケター

Takato Sakurai / 桜井 貴斗

HONE Inc. 代表取締役/マーケター


札幌生まれ、静岡育ち。大学卒業後、大手求人メディア会社で営業をしたのち、同社で新規事業の立ち上げ等に携わる。「売り手都合の営業スタイル」に疑問を感じていた矢先に、グロービス経営大学院にてマーケティングに出会い衝撃を受ける。その後、新たな新規事業の立ち上げを経て、2021年に独立。現在はクライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営などを手掛けている。


※本記事は一部AIを活用して執筆しています。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page