top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

【2024年版】地方創生インターンとは?求められる背景、仕事内容をご紹介

更新日:18 時間前


【2024年版】地方創生インターンとは?求められる背景、仕事内容をご紹介

地方創生に注目が集まる中、インターンシップの機会が増えています。

地域活性化に貢献する地方創生インターンの背景と仕事内容を詳しく解説し、どのようなスキルや心構えが求められるのかを掘り下げていきます。



目次



そもそも地方創生とはなにか? 


地方創生とは、地域の持続可能な発展を目指し、人口減少や経済の停滞に対処するための総合的な取り組みです。

概念は、地域の特性を活かした産業の振興や、地域住民の生活の質の向上を図ることを目的としています。

地方創生の必要性は、都市部と地方の間での人口や経済の格差が広がる中で、地方の自立と活性化を促進するために高まっています。


また、新しい定義としては、地方創生が単なる経済活動の促進だけでなく、文化や教育、地域が持つ独自の価値を生かした持続可能な社会づくりに重点を置くべきだという考え方が提唱されています。



地方創生のこれまで定義


地方創生の概念は、過去数十年にわたり多様な定義が提案されてきました。

一般的には、地域の持続可能な発展を目指し、地方の人口減少や経済の停滞に対処するための政策や取り組みとされています。


具体的には、地域固有の資源を活用して新たな産業を生み出し、地域住民の生活の質を向上させることが目標です。


また、地方創生は単に経済的な側面だけでなく、文化的、社会的な側面も重視し、地域全体の魅力を高めることにも焦点を当てています。

広範な定義は、地方創生が多岐にわたる課題に対応するための包括的なアプローチであることを示しています。



必要とされている背景


地方創生が注目される背景には、深刻な人口減少と地域経済の衰退があります。

特に若者の都市部への一極集中が進む中で、地方の多くは過疎化や高齢化が進行し、地域コミュニティの維持が困難になっています。

地方の伝統文化や地域固有の産業も失われつつあり、地域のアイデンティティが脅かされているのです。


地方創生は、問題に対処し、地方の魅力を再発見・再構築するための重要な施策として位置づけられています。

また、新たな技術の導入や若者を惹きつけるための創造的な取り組みが求められており、地方創生は単なる人口問題の解決だけでなく、地域全体の持続可能な発展を目指す動きとしても理解されています。



提唱されている新しい定義


地方創生における新しい定義は、単に人口の流出を食い止めることだけではなく、地域固有

の価値を高め、持続可能な発展を促進することに重点を置いています。

具体的には、地域の自然資源や文化、歴史を生かした産業の創出や、デジタル技術を活用した遠隔地からの仕事の可能性を拡大することなどが含まれます。


また、地方創生は地域住民自身が主体となり、地域の課題を自らの手で解決していくプロセスを重視。

地域コミュニティの活性化だけでなく、外からの訪問者や新たな住民を惹きつける「住みたい地域」を創出することを目指しています。


新しいアプローチにより、地方創生はより広範な社会的・経済的な影響を及ぼす可能性があります。


地方創生のこれまで定義


地方創生が注目されている理由 


地方創生が注目されている理由は、日本全体の持続可能な発展と地域間格差の是正が求められているからです。

経済活動が主に大都市圏に集中する現状では、地方の過疎化や高齢化が進み、地域経済が衰退してしまう恐れがあります。

地方創生は、単なる人口問題の解決を超え、地域の魅力を再発見し、新たな価値を創造する動きとして注目されています。


また、コロナ禍でのテレワークの普及により、都市部から地方への移住を考える人が増えたことも、地方創生への関心を高めています。

地方での新たな生活スタイルや、地域資源を活かしたビジネスモデルの提案が、多くの人々にとって魅力的な選択肢となりつつあるのです。



人口減少の進行


日本の人口減少は、地方創生の重要な課題の一つです。

特に地方では、若者の都市部への流出が続いており、その結果として生じる人口の急激な減少は、地域社会に多大な影響を与えています。


例えば、地方の学校や病院の閉鎖、地域経済の縮小、公共サービスの低下などが挙げられます。地方の持続可能な発展を脅かす要因となっており、地方創生の取り組みが急務とされています。

地方創生インターンシップは、地域の活性化と若者の地方定着を促進するための一環として位置づけられています。



オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散は、地方創生において注目される新たな動向です。

特に、京都や箱根などの観光地では、訪れる観光客の数が容量を超えることが問題となっています。

地元の生活環境への負担が増大し、住民の日常生活に支障を来す事態が発生しています。問題に対処するため、観光客を地方に分散させる取り組みが進められており、未開拓の観光地や、これまであまり注目されていなかった地域への誘客が試みられています。


地方創生インターンシップでは、新しい観光ルートの開発や、地域固有の魅力を活かした観光プロモーションの企画に関わることが期待されています。

地方の経済活性化とともに、地域住民の生活の質の向上を図ることができるのです。



ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税の盛り上がりも、地方創生において重要な役割を果たしています。

ふるさと納税は、税金を自分の出身地や応援したい地域に寄付することができるもので、寄付した金額に応じて税金が減額されるというメリットがあります。

ふるさと納税が導入されて以来、多くの人々が地方の特産品を購入することで地域を支援しており、地方経済の活性化につながっています。


特に、地方創生インターンシップでは、ふるさと納税を活用したプロジェクトに関わる機会が増えています。

インターン生は、地域固有の資源を活かした商品開発やマーケティング戦略を学ぶことができ、実際に地域経済の活性化に貢献する経験を積むことが期待されています。


地方創生が注目されている理由 



地方創生インターンとは?


地方創生インターンとは、地域の活性化を目指すプロジェクトに参加するインターンシップのことです。

インターンシップでは、学生や若手社会人が地方自治体や地域団体、企業と協力し、地域固有の課題解決に取り組みます。


具体的には、地域の特産品を活用した新商品の開発、地域ブランディング、観光振興策の立案など、多岐にわたる業務を経験することができます。

また、地方創生インターンは、単に業務をこなすだけでなく、地域住民とのコミュニケーションを通じて地域の文化や価値を深く理解することも重要です。

実践的な経験を通じて、参加者は地方創生の現場で直接学び、将来的に地域活性化に貢献する人材として成長することが期待されています。



地方創生インターンの概要


地方創生インターンの概要として、地域の持続可能な発展を目指し、具体的なプロジェクトに学生や若手社会人が参加することで、地方の魅力を再発見し、新たな価値を創出することを目的としています。

参加者は、地域のリーダーや住民と協力しながら、地域固有の課題に対する解決策を模索し、実際にプロジェクトを推進する経験を積むことができます。


インターンシップは、地方での実務経験だけでなく、地域の文化や歴史に触れ、地域住民との深い交流を通じて、地方創生の理念と実践の両面から学びを深める機会を提供します。



具体的な仕事内容


地方創生インターンでは、具体的な仕事内容として、地域の資源を活用したイベント企画や観光プロモーションの策定、地元産品のブランディング、デジタルマーケティングの実施などがあります。


また、地域の伝統工芸品や特産品を活かした新しいビジネスモデルの開発、地元企業との連携による共同プロジェクトの立案と実行も求められることが多いです。

インターン生は実際の業務を経験しながら、地方創生に必要な地域の魅力を内外に伝える役割を担います。


地方創生の推進には、地域固有の課題への深い理解と、それを解決するための創造的なアプローチが不可欠です。



求められるスキルセット


地方創生インターンに求められるスキルセットは多岐にわたります。

まず、地域の課題を深く理解し、解決策を提案できる分析力と創造力が必要です。


また、地域住民や関係者とのコミュニケーションを円滑に行うための高いコミュニケーション能力も求められます。

プロジェクト管理能力も重要で、複数のタスクを効率的に進めることができることが期待されています。


さらに、デジタルマーケティングの知識やSNSを活用した情報発信能力も、地方創生の現場ではますます重要視されています。

スキルを活かし、地方創生に繋がる具体的な成果を出すことがインターン生には求められています。


地方創生インターンに求められるスキルセット



地方創生インターンを探せるサイト


地方創生インターンを探すための情報源として、いくつかのポータルサイトが存在します。まず、「地方創生インターンシップポータルサイト」は、全国の地方創生に関連するインターンシップ情報を一括で検索できるプラットフォームです。


次に、「地域のインターンシップ - PROJECT INDEX」では、特定の地域に特化したインターンシップの情報を提供しており、地域密着型のプロジェクトに参加したい方には最適です。


さらに、「地域活性化・まちづくり系NPO・NGOインターン募集 - Activo」では、非営利組織が行う地域活性化のためのインターンシップが掲載されています。

サイトを利用することで、自分の興味やスキルに合った地方創生インターンを見つけることができます。



地方創生インターンシップポータルサイト


地方創生インターンシップポータルサイトは、地方創生に特化したインターンシップの機会を提供する主要なリソースの一つです。

サイトでは、全国各地の自治体や企業が提供するインターンシップの情報が集約されており、ユーザーは地域や期間、職種に応じて検索を行うことができます。


特に、地方での新しいビジネスモデルの開発や地域コミュニティとの連携を試みるプロジェクトに関心がある学生や若手プロフェッショナルにとって、貴重な情報源となります。

また、サイトは使いやすく設計されており、最新のインターンシップ情報が常に更新されているため、最新のチャンスを逃すことなく、効率的に情報収集が可能です。



地域のインターンシップ - PROJECT INDEX


地域のインターンシップ - PROJECT INDEXは、地方創生に特化したインターンシップの機会を提供するプラットフォームです。

地域のインターンシップ - PROJECT INDEXは、地方自治体や地域団体が協力して運営しており、地域固有の課題解決を目指すプロジェクトに参加するインターンを募集しています。


インターンシップの内容は、地域の伝統産業の活性化から、新しい観光資源の開発、さらには地域のデジタル化推進まで多岐にわたります。

サイトを利用することで、学生や若手プロフェッショナルは、自分のスキルを地域社会の発展に直接貢献する形で活かすことができるようになります。


また、地域と密接に関わることで、その地域の文化や価値を深く理解することができるため、より充実したインターンシップ経験が期待できます。



地域活性化・まちづくり系NPO・NGOインターン募集 - Activo


地域活性化・まちづくり系NPO・NGOインターン募集 - Activoは、地方創生を目指す非営利団体やNGOが集まるプラットフォームです。

地域社会の持続可能な発展を支援するためのインターンシップが多数掲載されています。


インターンの仕事内容は、地域の環境保全活動から、社会福祉の向上、教育プログラムの開発まで、地域のニーズに応じた多様なものがあります。

プラットフォームを利用することで、インターンは実際のプロジェクトに参加し、地域社会に対する深い理解と共に、実務経験を積むことができます。


また、地域のリーダーや他のボランティアと協力することで、チームワークやコミュニケーションスキルも養うことができるでしょう。


地方創生インターンを探せるサイト



まとめ 


地方創生インターンシップは、地域の持続可能な発展を目指す重要な取り組みです。

記事を通じて、地方創生の定義、背景、そしてインターンシップの具体的な仕事内容や求められるスキルセットについて理解を深めることができました。


地方創生インターンは、地域社会に根ざした実践的な経験を提供し、参加者には地域問題への洞察と解決策を考える力が求められます。

これからも多くの若者がこの機会を活用し、地方創生の一翼を担うことを期待しています。地方創生インターンシップに興味がある方は、各種ポータルサイトやNPO、NGOのプラットフォームを通じて情報を得ることができます。


地域の未来を形作る一員として、積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生/まちづくりとは?定義や事例などをわかりやすく解説」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。

※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page