top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生の副業とは?抱えている課題、実際の仕事内容など網羅的に紹介!!


地方創生の副業とは?抱えている課題、実際の仕事内容など網羅的に紹介!!

地方創生の副業は、地域経済の活性化に大きな役割となります。


都市部での働き方に限界を感じている方や、新たな挑戦を求めている方にとって、地方での副業は魅力がある一方、多くの課題もあります。


本記事では、地方創生と副業が抱える課題や成功の鍵、具体的な仕事内容について詳しく解説します。地方での新たな働き方を模索している方々にとって、どのような機会が存在するのか、そしてそれが地域にどのように貢献しているのかを一緒に見ていきましょう。


目次



地方創生が注目されている理由とは?


地方創生が注目される背景には、いくつかの重要な要因があります。


注目される理由とは?

日本の総人口は減少を続けており、特に若年層を中心に地方から都市部への人口流出が進んでいます。


その結果、地方では過疎化と高齢化が急速に進行し、経済の衰退や地域コミュニティの崩壊が危惧されています。


一方で、東京圏への一極集中が加速し、都市部と地方の間で雇用、所得、生活環境などに大きな格差が生まれています。このような状況が放置されれば、地方の活力低下が避けられず、ひいては日本社会全体に影響を及ぼします。


具体的にどのような問題があるか紹介していきます。



人口減少の進行


人口減少

少子高齢化が進む中、若者の都市部への流出が続いており、地方の人口は年々減少しています。


過疎化が進むことで、学校や病院の閉鎖、公共交通機関の運行縮小など、住民の生活に支障が出たり、地域の経済活動や社会基盤に大きく影響します。


さらに、人口減少は地域の労働力不足を引き起こし、地元企業の経営にも悪影響を及ぼします。特に農業や漁業、製造業など、地域の主要産業は、後継者不足が深刻な問題となっています。


このままでは、地域の経済活動が停滞し、さらなる人口流出を招き悪循環に陥ります。人口減少の進行を食い止め、地方の活力を取り戻すためには、リモートワークの若者の移住促進や、地方の資源を活用したビジネスを創出するなど、多角的なアプローチが求められています。



オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散

オーバーツーリズムとは、観光地が過剰な観光客により混雑し、地域住民の生活や環境に悪影響を及ぼす現象を指します。


日本の主要観光地である京都や東京などでは、観光客の増加に伴い、交通渋滞やゴミ問題、騒音などが発生し、地域住民の生活の質が低下するケースが増加しています。

この状況を改善するために、観光客を地方へ分散させる取り組みが進められています。


地方にはまだ知られていない魅力的な観光資源が多く存在しており、それらを活用することで観光客の流れを分散させることができます。


例えば、自然豊かな山間部や歴史的な街並みが残る地方都市など、都市部とは異なる魅力を持つ地域が注目し、観光地の持続可能な発展と地域経済の活性化に寄与する重要な施策です。


観光客と地域住民の双方が満足できる観光地づくりを目指し、地方の魅力を再発見・再評価していきましょう。



マーケティング思考の浸透


マーケティング思考

マーケティング思考の浸透は、地方創生において、非常に重要な要素です。


地域の特性や資源を最大限に活かし、効果的なプロモーションを行うことで、地域の魅力を広く伝えることができます。


マーケティング思考とは、単に商品やサービスを売るための手法ではなく、地域全体のブランド価値を高め、持続可能な発展を目指すための戦略的なアプローチです。


そのためには、地域の強みや独自性を明確にすることが重要です。自然豊かな環境、歴史的な建造物、地元の特産品など、他の地域にはない魅力を洗い出し、それを基にしたブランドストーリーを構築します。このストーリーが地域のアイデンティティとなり、観光客や移住希望者に対して強い訴求力を持つことができます。


次に、ターゲットとなる顧客層を明確にし、そのニーズに応じたプロモーションを展開します。


成功するには地域の住民との協力が必要です。地域全体が一丸となってマーケティング活動を行うことがより一層の効果が期待できます。地元の企業や団体、行政機関が連携し、統一したメッセージを発信することで、地域のブランド力を高めることができます。



地方創生が必要なケースとは?またはゴールは?


地方では人口減少と高齢化が進行し、地域経済の停滞や公共サービスの維持困難、観光資源の未活用など深刻な課題に直面しています。こうした現状に対処するため、地方創生の取り組みが強く求められています。


どのような地域に地域創生が必要なのか?ゴールとは何か紹介していきます。



地方創生が必要なケース


地域創生が必要なケース

地方創生が必要とされるケースは多岐にわたりますが、主に以下のような状況が挙げられます。


1. 人口減少と高齢化

多くの地方都市では、若年層の流出と高齢化が進行しており、地域社会の持続可能性が危ぶまれています。人口減少により、地域経済が縮小し、公共サービスの維持が困難になるケースが増えています。


2. 中小企業や農林水産業が衰退し、経済の停滞地方

地域経済が停滞している場合も地方創生が必要です。新たなビジネスモデルや産業の育成が求められます。


3. 観光資源の未活用

観光資源が豊富でありながら、効果的に活用されていない地域も多く存在します。観光客の誘致や地域の魅力を発信するための戦略が必要です。地方創生は、地域ごとの課題に応じた多様なアプローチが求められます。地域の特性を活かし、持続可能な発展を目指すことで、地方の未来を切り拓くことができます。



目指していくゴール


目指していくゴール

続いては地方創生のゴールについてです。


地域創生のゴールは、単に地域の経済を活性化させるだけではありません。持続可能な社会を築くために、以下のような具体的な目標が設定されています。


1. 地域経済の自立

地域の中小企業や農林水産業の振興を通じて、地域経済の自立を目指します。

地元の資源を活用した新たなビジネスモデルの創出や、地域内での経済循環を促進することが重要です。


2. 人口の定住促進

若者や子育て世代が定住しやすい環境を整えることも大切です。

住みやすい住宅環境の整備や、教育・医療などの公共サービスの充実が求められます。

また、リモートワークの普及により、都市部から地方への移住を促進する取り組みも進められています。


3.地域の魅力発信

地域の観光資源や文化、特産品などを効果的に発信し、外部からの観光客や移住者を呼び込むことが目標です。地域のブランド力を高めることで、地域全体の魅力を向上させることができます。


4. 持続可能な社会の実現

環境保護やエネルギーの自給自足など、持続可能な社会を実現するための取り組みも重要です。地域資源を活用した再生可能エネルギーの導入や、循環型社会の構築を目指します。これらのゴールを達成するために、地域住民や企業、行政が一体となって取り組むことが必要です。


地域の特性を最大限に活かし、地方の未来を切り拓いていきましょう。



地方創生成功の鍵とは


地方創生の成功の鍵

地方創生を成功させるためには、いくつかの重要な要素があります。

これらの要素がうまく機能することで、地域の活性化が実現し、持続可能な発展が可能となります。


地域創生を成功させるために、それぞれのケースに合うよう工夫して活用していきましょう。



地域おこし協力隊の活用


地域おこし協力隊は、地方自治体が地域の課題解決や活性化を目的に、都市部から人材を受け入れる制度です。協力隊員は地域に住み込み、地域の特性を活かしたプロジェクトに取り組みます。


彼らの活動は、地域の新たな魅力を発掘し、外部からの視点を取り入れることで、地域の活性化に大きく貢献します。そのため地域おこし協力隊は地域住民との交流を通じて、地域の課題を深く理解し、住民と協力して解決策を見つける必要があります。



副業・プロ人材の活用


副業やプロ人材の活用は非常に重要な要素となっています。都市部で培ったスキルや知識を地方に持ち込み、地域の課題解決や新たなビジネスチャンスの創出に貢献することが期待されています。


例えば、マーケティングやデザイン、IT関連のスキルを持つ人材が、地方の企業や自治体と連携し、プロジェクトを進めるケースが増えいき、地方の企業が都市部の最新の技術やトレンドを取り入れることができ、競争力を高めることができます。


副業やプロ人材の活用は、地域に新しい視点やアイデアをもたらし、地域の持続可能な発展に寄与します。また、都市部の人材にとっても、地方での活動を通じて新たな経験やスキルを得ることができるため、双方にとってメリットがあります。


このように、副業やプロ人材の活用は、地方創生の成功に向けた重要な戦略の一つであり、地域の活性化に大きく貢献しています。



マーケティング思考の実装


地方創生において、マーケティング思考の実装は欠かせない要素です。


地域の魅力を最大限に引き出し、効果的に発信するためには、マーケティングの視点が必要不可欠です。


マーケティング思考を実装することで、地域の魅力を効果的に発信し、持続可能な地域経済の発展に寄与することができます。地域の資源を最大限に活用し、ターゲット層に響くプロモーションを展開することで、地方創生の成功に大きく貢献することができるのです。



地方創生の副業例


地方創生における副業は、多様な形態で地域の活性化に貢献しています。以下に、具体的な副業例をいくつか紹介します。



マーケティング・ブランディング支援


マーケティングブランディング支援

マーケティングの専門知識を活かし、地域の魅力的な資源や特産品を発掘し、ブランド化を支援します。ターゲット層の分析、ブランドコンセプト策定、販路開拓など総合的な支援を行ったり、SNSやWebを活用したプロモーション施策を提案します。


また、観光資源の発掘と観光プロモーション支援地域の見どころや体験コンテンツを発掘し、観光資源としてパッケージ化します。ターゲット層に合わせた魅力的な観光プランを企画し、旅行会社や個人旅行者向けにプロモーションを実施。


マーケティングのスキルを使うことで、地域の知名度向上と交流人口の拡大を図ります。



移住・関係人口創出支援


移住・関係人口創出支援

移住希望者への情報提供、手続きサポートUIJターンを希望する人々に対し、移住コンサルタントとして地域の生活環境や就労情報を提供します。

住居や子育て、医療などの情報を丁寧にアドバイスし、円滑な移住手続きをサポートします。


他には、関係人口向けのサービス提供による地域との関わり創出地域外の人々が地域と多様に関わるための仕組みづくりを行います。例えば、リモートワークの受け入れ環境整備、長期滞在型の体験ツアー企画、二地域居住のコーディネートなどのサービスを提供します。



専門スキルの活用


地域創生でスキルを活かす

その他にも様々なスキルが地域に貢献することができます。


ITの専門知識を活かし、自治体や地元企業のデジタル化を支援をすることで、行政手続きのオンライン化、キャッシュレス決済の導入、ECサイト構築など、生産性向上につながるシステム開発を行います。


他にも、経営コンサルティング、ブランディング支援経営の専門家として、地元企業の経営改善や商品・サービスのブランディングを支援を行います。その際は、マーケティング分析、業務プロセス改善、財務改善策の提案などを行います。



地方創生を仕事にする面白さ・大変さ


地方創生の仕事をすると、沢山の面白いことがある一方、多くの大変さが伴います。


まず、面白さについてです。


地方創生の仕事は、地域の魅力を発掘し、それを広めることで地域の活性化に貢献できる点が大きな魅力です。例えば、地域の特産品や観光資源を活用したプロジェクトを企画・運営することで、地域の人々と協力しながら新しい価値を創造することができます。

このような活動を通じて、地域の人々との絆が深まり、達成感を味わうことができるでしょう。


一方で、大変さもあります。まず、地域の課題を解決するためには、長期的な視点と継続的な努力が必要です。短期間で成果を出すことは難しく、地道な活動が求められます。


また、地域の人々との信頼関係を築くことも重要です。地域の文化や価値観を理解し、尊重しながら活動を進めることが求められるため、コミュニケーション能力が試されます。


さらに、資金やリソースの確保も課題となります。地方創生のプロジェクトは、しばしば限られた予算や人手で進めなければならないため、効率的なリソース管理が求められます。このような制約の中で、いかにして最大の成果を上げるかが問われるのです。


地方創生を仕事にすることは、やりがいと挑戦が共存するフィールドです。地域の未来を創る一員として、日々の活動に情熱を持って取り組むことが求められます。



仕事にする醍醐味


仕事の醍醐味とは

地方創生を仕事にする醍醐味は、何と言っても地域の変革に直接関わることができることです。


地域の課題を解決し、新たな価値を創出するプロセスに携わることで、自分自身の成長を実感できるのは大きな魅力です。


また、地方創生の仕事は多様な人々との出会いと協力が不可欠であり、地域住民、行政、企業、NPOなど、さまざまなステークホルダーと連携しながらプロジェクトを進めることで、人間関係の幅が広がります。これにより、異なる視点や価値観を学ぶ機会が増え、自分自身の視野も広がるでしょう。


さらに、地方創生の仕事はクリエイティブな発想が求められる場面が多くあり、独自のアイデアや工夫が必要です。このような創造的な活動を通じて、自分のアイデアが形になり、地域に貢献できることは非常にやりがいがあります。


地方創生を仕事にすることで、地域の未来を切り開く一員としての誇りを持つことができます。地域の人々と共に歩み、共に成長していく過程で得られる喜びは、他の仕事では味わえない特別なものです。



仕事にする大変さ


仕事の大変さとは

大変なことといえば、まず地域特有の課題に直面することです。


人口減少や高齢化、過疎化など、地域ごとに異なる問題が存在し、それぞれに対する解決策を見つけるのは容易ではありません。これらの課題に対して、現地の実情を深く理解し、適切なアプローチを取ることが必要です。


また、地方創生のプロジェクトは長期的な視点が求められるため、成果がすぐに見えにくいこともあります。


短期間での成果を求めることは難しく、持続的な努力と忍耐が必要です。プロジェクトの進行が遅れたり、期待通りの結果が得られなかったりすることもあり、その際にはモチベーションを維持するのが難しくなることもあります。


さらに、地域住民や関係者とのコミュニケーションも大きな課題です。


伝統や文化、価値観を尊重しながら、プロジェクトを進めるためには、信頼関係の構築が不可欠です。しかし、外部から来た人間が地域に溶け込むのは簡単ではなく、時には抵抗や反発を受けることもあります。こうした状況を乗り越えるためには、地道な対話と理解が求められます。


加えて、資金やリソースの確保も大きな課題です。地方創生のプロジェクトは多くの場合、限られた予算や人材で進められるため、効率的な運営が求められます。資金調達やスポンサーの獲得、ボランティアの募集など、多岐にわたる業務をこなす必要があります。


このように、地方創生を仕事にするには多くの困難が伴いますが、乗り越えた先にある成功体験は、他の仕事では味わえない特別なものです。



まとめ


地方創生における副業は、地域経済の活性化や地域社会の持続可能な発展に大きく貢献できる重要な要素です。


本記事では、地方創生が注目される理由や必要性、成功の鍵となる要素、具体的な副業例、そして地方創生を仕事にする面白さと大変さについて詳しく解説しました。


地方創生が必要なケースや目指すべきゴールを明確にすることで、具体的なアクションプランを立てやすくなることでしょう。


地方創生を仕事にすることの面白さは、地域への貢献や新たな挑戦にありますが、一方で地域特有の課題や長期的な視点が求められるため、大変さも伴います。

しかし、他の仕事にはない達成感とやりがいがあります。

地方創生に興味を持つ方々にとって、本記事が新たな働き方や地域貢献のヒントとなれば幸いです。


地域の未来を共に創り上げるために、ぜひ一歩を踏み出してみてください。



HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生の副業とは?抱えている課題、実際の仕事内容など網羅的に紹介」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。


株式会社HONE 代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page