top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生の求人とは?仕事内容、やりがい、具体的な仕事例をご紹介

更新日:3 日前

地方創生の取り組みに関連する求人は多岐にわたりますが、特に東京やリモートワーク、未経験者向けの求人も徐々に増えています。


この記事では、地方創生に関わる仕事内容の具体性、そこから得られるやりがい、実際の仕事例を通じて、これらの求人がどのような特徴を持ち、どんな価値を提供するのかを詳細に解説します。地方創生に興味がある方にとって、新たなキャリアの道が開けるかもしれません。


地方創生の求人サムネイル

目次

  • 具体的な仕事例

    • [職種①]地域データの分析と活用

    • [職種②]コミュニティマネージャー

    • [職種③]地方創生コンサルタント




「地方創生」とは?


「地方創生」とは、地域の持続可能な発展を目指して、人口減少や経済の停滞といった課題に対処するための国や自治体、民間企業などによる取り組みのことを指します。

具体的には、地域固有の資源を活かした産業の振興、若者や女性、高齢者などの多様な人々が活躍できる環境の整備、地域間の交流促進、新たな雇用機会の創出などが含まれます。

活動は、地域の魅力を高め、都市部からの人口流出を食い止めることを目的としています。地方創生に関わる仕事は、これらの目標に貢献することで、地域社会に対する大きな影響力を持つと言えます。



地方創生の定義


地方創生とは、地域の人口減少や経済の衰退に対抗し、地域固有の資源を活かして持続可能な発展を目指す政策や活動のことを指します。

具体的には、地方の魅力を高めることで、若者や企業を呼び込み、地域経済を活性化させることが目標です。

取り組みには、地域の文化や歴史、自然環境などを生かした観光振興、地方産業の支援、新たなビジネスモデルの創出、教育や福祉の充実などが含まれます。


地方創生は、単に経済的な利益を追求するだけでなく、地域住民の生活の質の向上や地域社会の持続可能な発展を目指す点で、多面的なアプローチが求められる重要な政策です。



求められている背景


地方創生の取り組みが求められる背景には、地方の過疎化や高齢化が深刻化している現状があります。

多くの若者が大都市圏に流出し、地方の人口減少が進む中で、地域経済の活性化やコミュニティの再生が急務となっています。

また、地方には豊かな自然や文化が残されているため、これらを生かした産業の創出や観光振興も重要です。


地方創生の求人は、こうした背景から地域固有の資源を活かし、新たな価値を生み出すための人材を求めています。

地方での生活が魅力的なものとなり、若者の地方移住や定住が促進されることが期待されています。


地方創生の定義


「地方創生」の仕事とは?


地方創生に関わる仕事は、地域の魅力を再発見し、活性化させるための多様な活動を含みます。

地域固有の文化や資源を活用したイベントの企画、地域産業の振興、若者や移住者の定着支援などがあります。

また、地方自治体や地域住民と協力して、地域の課題を解決するためのプロジェクトに参加することも求められます。

単に地域を盛り上げるだけでなく、住民の生活の質を向上させ、地域全体の持続可能な発展を目指すことを目的としています。


地方創生の仕事に従事することで、地域社会に対する深い理解と共感を持ちながら、具体的な改善策を実行に移すことができます。



仕事の種類


地方創生に関連する仕事の種類は多岐にわたります。

主なものとして、「地域おこし協力隊員」「地域活性化コーディネーター」「地方自治体の企画職、NPOやNGOでの活動支援」などがあります。


地域おこし協力隊員は、地域の特性を生かした活動を行い、地域住民と共に地域の魅力を内外に発信します。


地域活性化コーディネーターは、地域の潜在的な資源を発掘し、それを活用したプロジェクトを企画・実行します。


また、地方自治体では、地方創生に関連する政策や計画の策定を行う企画職が求められることが多く、地域の未来を形作る重要な役割を担います。

NPOやNGOでは、地域の課題解決に向けた具体的なプログラムを運営し、地域住民や他の団体と協力して取り組みます。

仕事を通じて、地方創生の目的である地域の持続可能な発展と住民の生活の質の向上を目指します。



具体的な仕事内容


地方創生に関わる具体的な仕事内容は、地域の特性を活かした多様な活動が含まれます。

例えば、地域おこし協力隊員は、地元の祭りの企画や地域資源を活用した商品開発、観光プロモーションなどを手がけます。


地域活性化コーディネーターは、地元企業と連携して新しいビジネスモデルを創出するプロジェクトを進行することがあります。


また、地方自治体の企画職では、住民の意見を集めて新しい地方創生計画を策定し、その実施を監督します。

NPOやNGOの活動では、環境保護や教育支援など、地域に根ざした社会問題の解決に取り組むことも一つの仕事内容です。

仕事を通じて、地方創生の目標である地域の自立と持続可能な発展を支援します。


地方創生の仕事の種類(例)


地方創生を仕事にする面白さ・大変さ


地方創生を仕事にする面白さとしては、地域固有の文化や資源を生かしたプロジェクトに携わることができる点が挙げられます。

例えば、地元の伝統工芸品を活用した観光商品開発や、地域の食材を使った新しい飲食店のプロモーションなど、創造性を発揮して地域の魅力を全国に伝える仕事は大きなやりがいを感じることができます。

また、地方創生の活動を通じて、地域住民と深い関わりを持ち、彼らの生活が豊かになる過程を直接目の当たりにすることも、地方創生を仕事にする大きな魅力の一つです。


一方で、地方創生の仕事には大変な面もあります。

地域によっては人口減少や高齢化が進んでおり、課題に対する解決策を見出し、実行することは容易ではありません。

また、限られた予算内で効果的なプロジェクトを計画し、実施するためには、創意工夫と粘り強い努力が求められます。


地方創生の目標を達成するためには、地域住民や関係者との協力が不可欠であり、時には意見の対立を乗り越える交渉力も必要です。



仕事にする面白さ・醍醐味


地方創生の仕事には、地域の活性化を直接手がけることができるという大きな醍醐味があります。

例えば、地域固有の文化や資源を活かしたプロジェクトに携わることで、その地域の魅力を再発見し、全国に向けて発信することが可能です。

また、地方創生の取り組みは、地域住民との密接なコミュニケーションを必要とするため、人々と深い関わりを持ちながら仕事を進めることができる点も、この仕事の大きなやりがいの一つです。

地方創生に関わることで、地域の未来を形作る一員となり、具体的な成果を目の当たりにすることができます。



仕事にする大変さ


地方創生の仕事には多くの魅力がありますが、同時にいくつかの大変さも伴います。

まず、地方創生に関わるプロジェクトは、長期にわたることが多く、短期間での成果が見込めない場合がほとんどです。そのため、持続的な努力と忍耐が求められます。


また、地域によっては資源が限られているため、限られた予算の中で最大の効果を引き出すための創造的なアプローチが必要とされることもあります。

さらに、地域住民とのコミュニケーションには細心の注意を払う必要があり、時には地域の伝統や慣習に配慮しながら進める必要があるため、そのバランスを取ることが難しいこともあります。

大変さを乗り越えることができれば、地方創生の仕事は非常にやりがいのあるものとなります。


地方創生を仕事にする面白さ・大変さ


具体的な仕事例


地方創生に関連する仕事は、地域社会の発展や活性化を目指す多岐にわたる役割を担っています。

地域ごとの特性やニーズに合わせた活動を通じて、持続可能な地域づくりに貢献することを目的としています。


具体的な仕事例としては、「地域データの分析と活用」「コミュニティマネージャー」「地方創生コンサルタント」といった職種が挙げられます。

それぞれの職種は、地域の現状を的確に把握し、効果的な施策を実行するために重要な役割を果たします。


地域データの分析と活用では、データに基づく戦略立案が求められ、地域の課題解決や資源の最適化を目指します。

コミュニティマネージャーは、地域住民や企業、行政との連携を強化し、コミュニティの一体感を高める活動を行います。

地方創生コンサルタントは、専門的な知識を活かし、地域の発展計画を提案・支援する役割を担います。

いずれも地域社会に深く関わり、地域の未来を形作る重要な仕事です。

具体的な仕事内容ややりがいを通じて、自分に適した地方創生のキャリアを見つけるための一助となるでしょう。



[職種①]地域データの分析と活用


地方創生における一つ目の重要な職種は、地域データの分析と活用です。

地域データの分析と活用は、地域の人口動態、経済活動、観光データなど様々な情報を収集し、地方創生の戦略を立案します。


例えば、データを分析して地域に必要なサービスや施設の提案を行うことがあります。

また、地域の魅力を再発見し、それをプロモーションするための資料作成にも携わります。

データドリブンなアプローチは、地方創生の効果を最大化するために不可欠であり、地域の持続可能な発展に寄与しています。



[職種②]コミュニティマネージャー


地方創生における二つ目の注目すべき職種は、コミュニティマネージャーです。

コミュニティマネージャーは、地域住民とのコミュニケーションを重視し、地域の活性化を図るためのイベントやプロジェクトの企画・運営を行います。


例えば、地元の祭りや市場、ワークショップを企画し、地域住民や訪問者が交流できる場を作ることが求められます。

また、地域の伝統や文化を生かした観光プロモーションを手掛けることもあり、その過程で地域住民の意見を集め、反映させることが重要です。

地域コミュニティの結束を強化し、地方創生における持続可能な発展を支えるキーロールを担っています。



[職種③]地方創生コンサルタント


最後に紹介する職種は、地方創生コンサルタントです。

地方創生コンサルタントは、地方自治体や地域団体と協力し、地域の資源を活かした持続可能な発展計画を策定します。


具体的には、地域特有の産業を発掘し、ビジネスモデルの提案や、地域ブランディングの強化、観光振興策の立案などが行われます。

また、地方創生においては、地域住民の意見を取り入れることが不可欠であり、そのためのワークショップやフォーラムの開催も重要な役割を担います。

地方創生コンサルタントは、地方の魅力を再発見し、それを全国や世界に向けて発信することで、地域経済の活性化に寄与します。



地方創生×求人の探し方


地方創生に関連する求人を探す方法は、主にオンラインプラットフォームを利用することが一般的です。

特に、地方自治体や関連団体が運営する専門の求人サイトや、大手求人サイトの地方創生カテゴリーをチェックすることが効果的です。

また、地方創生プロジェクトに特化した情報を提供するウェブサイトや、地方創生に力を入れている企業のキャリアページも参考になります。

地域に根差した仕事内容や、地方での生活スタイルについての詳細情報も得られるため、自分に合った求人を見つけやすくなります。



オンラインで探す


オンラインで地方創生に関連する求人を探す際には、特定のウェブサイトが非常に役立ちます。地方自治体が提供するポータルサイトや、地方創生をテーマにした専門の求人サイトが存在し、地域特有の求人情報を豊富に取り揃えています。

また、全国規模で運営される大手求人サイトでも、地方創生関連の職種を簡単に検索できるフィルターオプションが設けられていることが多いです。

ユーザーは自分のスキルや興味に合った仕事を効率的に見つけることが可能になります。

さらに、オンラインでの求人検索は時間や場所を選ばず、最新の求人情報にいち早くアクセスできる利点もあります。



雑誌で探す


雑誌を通じて地方創生に関連する求人を探す方法も、非常に有効です。

特に地域密着型の雑誌や専門誌は、地方創生プロジェクトに特化した情報を詳細に掲載していることが多く、地元のニーズに合った仕事を見つけるのに役立ちます。

雑誌は、地方自治体や地域団体が発行することが多く、地元の企業や団体がどのような人材を求めているのか、具体的な求人情報とともに紹介されています。


また、雑誌にはインタビューや特集記事が掲載されることもあり、実際に地方創生に携わる人々の声や成功事例を直接知ることができるため、仕事のイメージを具体的に持つことが可能です。

地方創生に興味がある方は、地元の書店や図書館で関連雑誌を手に取ってみることをお勧めします。



イベントで探す


地方創生に関連する求人を探す方法の一つとして、各地で開催されるイベントがあります。

地方自治体や関連団体が主催することが多く、地方創生に特化したキャリアフェアやセミナーが設けられています。

参加者は、地方創生のプロジェクトリーダーや現場の担当者から直接話を聞くことができ、仕事のリアルな情報を得ることが可能です。


また、これらのイベントは、地方での生活や文化を体験するワークショップを併設していることもあり、実際に移住や就業を検討している人にとっては、非常に有益な機会となります。

地方創生に興味を持つ多くの人々が集まる場でもあるため、同じ志を持つ仲間とのネットワーキングにも最適です。


地方創生×求人の探し方


まとめ


地方創生に関連する求人について、この記事を通じて多くの情報を提供してきました。

地方創生の定義から始まり、求められる背景、仕事の種類、具体的な仕事内容、そして仕事の面白さや大変さについて詳しく解説しました。


また、具体的な仕事例や求人の探し方も紹介し、地方創生に興味を持つ方々にとって有益な情報を提供することができたと思います。

地方創生は単に地域を活性化させるだけでなく、そこに住む人々の生活や文化にもポジティブな影響を与える重要な取り組みです。

地方創生でのキャリアを考えている方は、今回の情報を参考にして、自分に合った求人を見つけ、新たな一歩を踏み出してみてください。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生の求人とは?仕事内容、やりがい、具体的な仕事例をご紹介」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】


株式会社HONE 代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comments


bottom of page