top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生プロジェクトとは?注目されている理由・背景と実際のプロジェクトのご紹介


地方創生プロジェクトとは?注目されている理由・背景と実際のプロジェクトのご紹介

地方創生プロジェクトが注目を集める理由とその背景を解き明かし、実際のプロジェクト例を通じてその魅力と影響力をご紹介します。

大学生からプロフェッショナルまで幅広い層が参加する地方創生プロジェクトは、地域の活性化だけでなく、新しい仕事の形を創出しています。


どのようなプロジェクトが存在し、それが地方のどんな問題を解決しているのか、具体的な事例と共に掘り下げていきます。



目次


はじめに:地方創生が注目されている理由とは?


地方創生が注目されている理由は、多くの地方都市で進行する人口減少と地域経済の衰退に対する有効な対策として期待されているからです。

特に、若者の都市部への一極集中が進む中、地方の魅力を再発見し、地域固有の資源を活かした産業の振興や新しい雇用機会の創出がより求められています。


地方創生プロジェクトでは、課題に直接取り組むことで、地方都市の活性化だけでなく、国全体のバランスの取れた発展を目指しています。



人口減少の進行


人口減少の進行は、地方創生プロジェクトが注目される大きな理由の一つです。

日本の多くの地方都市では、若者が大都市圏に流出し、高齢化が進むことで、人口が減少しています。人口減少が進むと、地域の消費活動の低下や公共サービスの維持が困難になるなど、多くの問題を引き起こします。


この対策として、若者を含む新たな居住者を呼び込むための魅力的な環境作りや、地域独自の産業を支援することで、人口減少の流れを食い止めてきました。

具体的には、地域の特色を活かした観光事業の拡充や、地元産品を使った新しいビジネスモデルの開発などが、地方の再活性化につながることが期待されています。



オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散も、地方創生プロジェクトの重要なテーマの一つです。特定の観光地に観光客が集中することで生じるオーバーツーリズムは、地元の生活環境の悪化やインフラの過負荷など、さまざまな問題を引き起こします。


対策として、地方創生プロジェクトでは、観光客の流れを地方全体に分散させる取り組みが進められています。例えば、メジャーな観光地から少し離れた場所に新たな魅力を創出することや、地域固有の文化や自然を生かした観光ルートの開発などが行われています。

以上の施策により、観光収入の地方全体への均等な分配が期待されると同時に、地方都市の魅力向上と持続可能な観光の実現に寄与しています。



ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税の盛り上がりも、地方創生における重要な動きの一つです。この制度は、税金を自分の好きな自治体に寄付することができ、寄付金額に応じて地方特産品が贈られるというものです。


仕組みが導入されて以来、多くの人々が自分のルーツや応援したい地域に寄付を行うことが増え、地方経済の活性化につながっています。特に、人口が減少している地域や、知名度が高くない地域がこの制度を利用して注目を集め、新たな観光客の呼び込みや地域産業の振興に成功しています。


ふるさと納税は、単に地方に資金を送るだけでなく、地域独自の魅力を再発見し、全国に伝える手段としても機能しており、地方創生の新たなカタチとして注目されています。


人口減少の進行、オーバーツーリズムによる分散、ふるさと納税の盛り上がりにより地方創生への注目が高まる

地方創生が必要なケースとは?またはゴールは?


地方創生が必要なケースとは、主に人口減少や地域経済の停滞が進行している地域で見られます。該当の地域では、若者の流出により高齢化が進み、地域の活力が失われつつあります。


また、地方創生のゴールは、地域に蔓延る問題を解決し、地域が自立して持続可能な経済を築くことにあります。具体的には、地域固有の資源を活かした産業の振興や、新たなビジネスモデルの導入、若者や外部の人材が地域に定住するための環境整備などが挙げられます。

これらの施策で、地域全体の活性化を図り、人々が住み続けたいと思える魅力的な地域を創造することが目指されています。



地方創生を行った方がいいケース


地方創生を行った方がいいケースとして、特に若者の流出が顕著で、地域の伝統文化や産業が衰退している地域が挙げられます。

該当の地域では、地方創生プロジェクトによって新しい産業の創出や、地域資源の有効活用が図られることが期待されます。例えば、地元の特産品を活かした新しい商品開発や、観光資源を生かした地域ブランディングが成功事例として知られています。


また、地方創生は、地域に新たな雇用を生み出し、若者が地元に戻るきっかけを提供することもできます。これらの施策により、地域の人口減少を食い止め、地域経済の再活性化が期待されるのです。



地方創生を踏みとどまった方がいいケース


地方創生を踏みとどまった方がいいケースとしては、地域の独自性や自然環境を保護する必要がある場合が挙げられます。例えば、観光地化による環境破壊や、外部からの過度な介入による地域文化の侵食が懸念される地域では、地方創生プロジェクトを進めることが逆に地域の特色を損なう可能性があります。


また、地方創生によって一時的な経済効果は得られる一方で、長期的には持続可能な発展が見込めない場合も、慎重な判断が求められます。


以上の地域では、地方創生よりも地域の現状を維持し、小規模な改善に注力することが適切です。



地方創生のゴールとは


地方創生のゴールとは、地域の持続可能な発展と活性化を実現することにあります。具体的には、地域の人口減少を食い止め、若者や新たな住民が移住・定住しやすい環境を作ること、地域固有の産業や文化を活かした経済活動を促進することが目指されます。


また、地方創生は単に経済的な側面だけでなく、地域のコミュニティを強化し、住民が誇りを持てるような地域づくりを目指すことも重要です。以上の取り組みで、地域全体が一体となって新しい挑戦を支え、地方の魅力が再発見されることが期待されます。


地方創生が必要なケースと必要でないケースがあるが、それぞれ共通の目的とも言えるゴールは地域の持続可能な発展と活性化を実現することだ。

地方創生成功の鍵とは


地方創生成功の鍵とは、地域おこし協力隊の活用、副業・プロ人材の利活用、さらに補助金・助成金の正しい活用にあります。地域おこし協力隊は、地方自治体と協力して地域固有の課題解決に取り組むことで、地域の活性化を促進します。


また、副業やプロフェッショナルな人材を地方に呼び込むことで、新たな知識や技術が地域に流入し、地方創生に必要な新しいアイデアや事業が生まれる土壌を作り出します。

加えて、補助金や助成金を適切に活用することで、資金面の支援を受けながら持続可能なプロジェクトを推進することが可能です。


以上の複数の要素が組み合わさることで、地方創生は成功へと導かれるのです。



地域おこし協力隊の活用


地域おこし協力隊の活用は、地方創生における重要な戦略の一つです。協力隊とは、地方自治体が主導するプログラムで、全国各地から集まった若者や中堅層が地域固有の課題に取り組むことを目的としています。地域の文化や特性を学びながら、地域住民と協力して新しい事業やイベントの企画・実施を行います。


上記の取り組みにより、地域の活性化だけでなく、新たな雇用機会の創出や地域資源の有効活用が期待されます。また、地域おこし協力隊に参加することで、多くの若者が地方での生活に魅力を感じ、定住を決意するケースも多く見られます。


地域おこし協力隊は地方創生の成功に不可欠な要素として、その価値をますます高めています。



副業・プロ人材の利活用


副業・プロ人材の利活用は、地方創生において新たな可能性を開く重要なアプローチです。多様な専門知識を持つプロフェッショナルや、副業として地方での活動を望む人材が地域に新しい風を吹き込み、地方の企業や団体は、都市部に集中することなく高度なスキルを持つ人材を確保できるようになります。


また、テレワークの普及が後押しをし、地理的な制約を超えて、多くのプロフェッショナルが地方のプロジェクトに参加するケースが増えています。


副業やプロ人材の活用は、上記のように地方の経済活動を活性化させるとともに、新しい働き方のモデルを提案しています。



補助金・助成金の正しい活用


補助金・助成金の正しい活用は、地方創生プロジェクトの成功に不可欠です。これらの資金は、地域の特性を活かしたプロジェクトや、持続可能な地域経済の構築を支援するために提供されます。


助成金を活用することで、初期投資が必要な事業でもリスクを抑えながら挑戦することが可能になり、地方の革新的な取り組みが促進されます。

また、補助金を利用する際は、その目的や条件を正確に理解し、計画的に申請することが重要です。


適切な資金活用により、地方創生の各プロジェクトはより大きな成果を上げることが期待されます。


地方創生の鍵となるのは、地域おこし協力隊の活用、副業・プロ人材の利活用、補助金・助成金の正しい活用の3つである


地方創生のプロジェクト例


地方創生のプロジェクト例として、多様な取り組みが全国各地で展開されています。例えば、ある地域では、地元の農産物を活用した新しい食品開発により、地域ブランドが確立され、その結果、地元産品の消費拡大と観光客の誘致が見込まれ、地域経済の活性化が進んでいます。


また、別の地域では、空き家を活用したアートプロジェクトが行われ、若者やアーティストの流入が促されています。

以上のプロジェクトは、それぞれ地方の特色を生かしながら、新たな価値を創出し、地域の魅力を内外に発信する重要な役割を担っています。



地方創生のプロジェクト例①


北海道の小さな町で始まった「デジタル農業革命」プロジェクトを紹介します。このプロジェクトは、IT技術を農業に導入することで、作業の効率化と品質の向上を図っています。


具体的には、センサーを用いて土壌の状態や作物の成長をリアルタイムで監視し、必要な水や肥料の量を自動で調整します。この機能により、農作物の生産性が大幅に向上し、地域の農業収入が増加しています。


また、技術を活用したことで、若者やITプロフェッショナルが地域の農業に新たな可能性を見出し、町への移住を決めるケースも増えています。地方創生における「技術×伝統」の成功例として、他の地域にも大きな影響を与えています。




地方創生のプロジェクト例②


瀬戸内海に浮かぶ小島で展開されている「アートで島を活性化」プロジェクトを紹介します。このプロジェクトは、地域の自然や歴史を生かしたアートイベントを通じて、観光客の誘致と地域経済の活性化を目指しています。


具体的には、島内外のアーティストが協力して、廃校となった学校をアートギャラリーに変えたり、古民家を利用したアートワークショップを開催しています。

これらの取り組みにより、季節を問わず多くの観光客が訪れるようになり、地元の飲食店や宿泊施設の収益向上にも寄与しています。


また、アートを通じて地域の魅力を再発見する動きが広がり、若者たちが地元に戻るきっかけにもなっています。このプロジェクトは、文化と経済の両面から地方創生を推進するモデルケースとして注目されています。




地方創生のプロジェクト例③


北海道の広大な農地を活用した「グリーンツーリズム」プロジェクトを紹介します。このプロジェクトでは、農業体験と地元産の食材を使った料理教室を通じて、訪れる人々に農業の魅力と地域の文化を体験してもらうことを目的としています。


参加者は実際に農作業を体験し、収穫した作物を使って地元のシェフと一緒に料理を作ることができます。都市部に住む人々にとって以上の体験は新鮮であり、地域の食文化への理解を深める機会としても機能しています。


また、このプロジェクトにより、地元の農家の収入向上にも寄与し、若い世代の農業への関心を高める効果が期待されています。地方創生においては、地域資源を活用した持続可能な観光の推進が鍵となります。




地方創生のプロジェクト例④


地方創生のプロジェクト例として注目すべき一つが、青森県の「アップルイノベーションプロジェクト」です。このプロジェクトは、青森県が誇るリンゴ産業を活用し、新たなビジネスモデルを創出することを目指しています。


具体的には、リンゴを使った新商品の開発や、リンゴを活用した観光プログラムの充実が進められています。


また、地元の農家と連携し、農業技術の向上と若手農業者の育成にも力を入れており、地域全体の活性化に寄与しています。このプロジェクトにより、地元経済の振興はもちろん、地域に新しい風を吹き込むことが期待されています。




地方創生のプロジェクト例⑤


沖縄県の「ブルーエコノミープロジェクト」を紹介します。この取り組みは、沖縄の豊かな海洋資源を活用し、持続可能な経済発展を目指して行われてきました。


具体的には、海洋生物の保護と同時に、新しい海洋ビジネスの創出を進めています。

例えば、サンゴ礁の保全活動を通じて、エコツーリズムを推進し、地域の雇用創出にも寄与しています。


また、海洋バイオテクノロジーを利用した新商品の開発も行われており、地域経済の多様化と持続可能性の向上が期待されています。このプロジェクトにより、沖縄の自然を守りながら、新たな産業と雇用の機会を創出しているのです。



プロジェクトの中でも①デジタル農業革命②アートで島を活性化③グリーンツーリズム④リンゴを使った新商品開発⑤持続可能な海洋資源活用が成功例として注目を浴びている。

地方創生を仕事にする面白さ・大変さ


地方創生を仕事にする面白さとしては、まず地域固有の資源や文化を活かしたプロジェクトに携わることができる点が挙げられます。例えば、地元の伝統工芸品を活用した観光商品開発や、地域の食材を使った新しい飲食店のプロモーションなど、その地域ならではの魅力を再発見し、全国に向けて発信することができます。


また、地方創生の取り組みは多くの地域住民や関係者と協力する機会が多いため、人々との繋がりを深め、共に何かを成し遂げる喜びを感じることができます。


一方で、地方創生を仕事にする大変さとしては、地域に根ざした深い問題に直面することが多いという点です。人口減少や産業の衰退など、短期間で解決できない課題が山積している場合が多く、持続可能な解決策を見つけ出すには時間と労力が必要です。

さらに、地域住民の中には新しい変化に抵抗感を持つ人もおり、プロジェクトを前進させるためには地元の人々の理解と協力を得ることが不可欠です。



仕事にする醍醐味


地方創生を仕事にする醍醐味として、自分が関わることで地域が変化していく様子を目の当たりにできることがあります。


例えば、若者が地元に戻るきっかけを作るイベントを企画したり、地域の空き家を活用した新しいビジネスモデルを立ち上げるなど、創造的かつ実行力が求められる仕事です。

プロジェクトが成功した際には、地域住民からの感謝の言葉を直接受けることができ、大きな達成感と充実感を得ることができます。


また、地方創生の活動を通じて、地域の未来を形作る重要な役割を担うことは、自己実現の大きなチャンスにもなるのです。



仕事にする大変さ


地方創生を仕事にする大変さとして、地域ごとのニーズや課題に応じた柔軟な対応が求められる点が挙げられます。地方の特性を理解し、適したプロジェクトを計画・実行するには、地元住民とのコミュニケーションが不可欠であり、時には言語や文化の壁を乗り越える必要があります。


また、資金調達の難しさも大きな課題です。地方創生プロジェクトは公的資金に頼る部分が大きいため、補助金の申請や管理には煩雑な手続きが伴います。さらに、成果が出るまでに時間がかかるため、持続可能な活動を続けるための長期的なビジョンと根気が求められます。


上記のような困難を乗り越えることができた時、地方創生の仕事は非常にやりがいのあるものとなります。


地方創生を仕事にすることは醍醐味・大変さとそれぞれある。醍醐味は自分自身と地域住民が相互依存で代替不能が故にもたらされるもの。一方で大変さは独自のルールへの順応や、時間が求められることへの忍耐に関するものが主になる

まとめ


地方創生プロジェクトは、地域の活性化と持続可能な発展を目指す重要な取り組みです。

本記事で紹介した様々な事例からもわかるように、地方創生は単に人口減少を食い止めるだけでなく、地域固有の文化や価値を再発見し、新たな経済活動を生み出す機会を提供しています。


プロジェクトには多くの挑戦が伴いますが、乗り越えた先には地域社会にとって大きな利益があります。地方創生を通じて、私たちはより豊かで持続可能な社会の実現に向けて一歩を踏み出すことができるのです。


HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生プロジェクトとは?注目されている理由・背景と実際のプロジェクトのご紹介」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。


※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page