top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生/まちづくり×イベントとは?注目を浴びた事例をご紹介!!


地域創生/まちづくり×イベントとは?注目を浴びた事例をご紹介!!

「地方創生/まちづくり」をテーマにしたイベントを紹介。その他にも、目を離せない過去の地方創生イベント事例をピックアップ。地域活性化を目指す企業や団体の事例、まちづくりのイベントを知り、新たな可能性を探りましょう。



目次



はじめに:地方創生とはなにか? 


地方創生とは、人口減少や経済の停滞に直面している地域に新たな活力を注入し、持続可能な発展を促すための取り組みです。概念は、地域の特性を活かした産業の振興、文化の保存及び発展、住民の生活の質の向上を目指しています。


地方創生は、単に経済的な利益を追求するだけでなく、地域の伝統や文化、自然環境を大切にしながら、新しい技術やアイデアを取り入れることで、地域全体の魅力を高めることが求められます。プロセスには、地域住民だけでなく、地方自治体、企業、NPOなど多様なステークホルダーが関与し、協力して行われることが一般的です。



地方創生のこれまで定義


地方創生の定義は、時代と共に進化してきました。初期の段階では、主に経済的な側面から地域振興が図られていましたが、近年では社会的、文化的な要素も強く反映されるようになっています。具体的には、地域固有の文化や伝統を活かし、それを現代的なビジネスやイベントに結びつけることで、地域の魅力を内外にアピールし、新たな訪問者を引き寄せる試みが増えています。


また、地方創生は地域住民の生活の質を向上させることも重要な目標とされ、教育や福祉、環境保全など、多岐にわたる分野での取り組みが展開されています。地方創生は単なる人口増加や経済活動の活性化だけでなく、地域全体の持続可能な発展を目指す包括的なアプローチとして定義されているのです。



必要とされている背景


地方創生が必要とされている背景には、多くの要因が絡み合っています。日本の多くの地域で進行する人口減少と高齢化は、地方経済の縮小や地域コミュニティの衰退を招いています。対抗するため、地方創生は単に人口を増やすだけでなく、地域の持続可能な発展を図ることが求められています。


また、グローバル化の進展により、地方都市も国際競争に晒されるようになり、独自の文化や特色を生かした発展が必要とされています。地方創生は地域住民の生活の質の向上、若者の地域への定住促進、新たな産業の創出といった多面的なアプローチを必要としており、課題に対応するためには、地域全体での協力と創意工夫が不可欠です。


地方創生が必要とされている背景


提唱されている新しい定義


提唱されている新しい定義として、地方創生は単なる人口増加や経済活動の活性化に留まらない、より包括的なアプローチが求められています。地域固有の文化や歴史を活かし、持続可能な社会を構築することが含まれます。


また、地方創生は地域住民が主体となり、地域の課題を自らの手で解決していく「地域主権」の確立も目指しています。デジタル技術の活用による新たなサービスの提供や、地域資源を活用した新しいビジネスモデルの創出も、新しい定義の一環とされています。地方創生は単に経済的な利益を追求するのではなく、地域の持続可能な発展と住民の幸福の向上を目指すものとなっています。




地方創生が注目されている理由とは? 


地方創生が注目されている理由は多岐にわたります。まず、国内外の人口動態の変化が挙げられます。少子高齢化が進む中、地方の過疎化が進み、地域経済が停滞することが問題となっています。これに対し、地方創生は人口減少を食い止め、地域の活力を取り戻すための戦略として注目されています。


また、グローバル化の進展により、地方都市が国際的な競争にさらされるようになったことも、地方創生の重要性を高めています。地方独自の文化や資源を活かした産業の振興や、観光業の発展が、地方創生のカギとされています。さらに、環境問題への対応として、持続可能な地域社会の構築が求められており、地方創生の一環として注目されています。これらの理由から、地方創生は単なる地域振興を超え、国全体の持続可能な発展を目指す重要な取り組みとして位置づけられています。


地方創生が注目されている理由

人口減少の進行


人口減少の進行は、日本の多くの地方都市で深刻な問題となっています。特に若年層の都市部への流出が続いており、これが地方の過疎化を加速させています。人口減少は、地域の消費市場の縮小を招き、地元企業の売上減少に直結しています。また、人口が減少することで、地域内でのサービス提供やインフラの維持が困難になり、さらには地方自治体の財政にも大きな影響を与えています。


問題に対処するために、多くの地方都市では地方創生を推進し、人口減少の流れを食い止めようと努力しています。具体的な取り組みとしては、若者を地方に呼び戻すための就職支援や、子育て支援策の充実、さらには移住促進策などが挙げられます。施策が、地方の活性化につながることが期待されています。



オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散は、過密観光地からの観光客の流れを地方へと誘導することで、地域の経済活性化を図る取り組みです。特に、京都や東京などの大都市では、一部の観光地が訪問者で溢れかえることが問題となっています。地元住民の生活の質が低下したり、文化的な価値が損なわれることが懸念されています。


オーバーツーリズム対策として、観光客を地方の魅力的な観光地へと誘導することが考えられています。例えば、地方の歴史的な町並みを活かしたイベントや、地元の特産品を前面に出したフェスティバルなどが企画されています。地方都市の経済は活性化し、新たな雇用機会が生まれるとともに、地域住民の誇りと結びつきも深まることが期待されています。



ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税の盛り上がりは、地方創生の重要な要素として注目されています。制度は、税金を自分の好きな自治体に寄付することができ、寄付金額に応じて地方特産品などのお礼の品がもらえるというものです。


システムの導入により、多くの人々が自分のルーツや応援したい地域に貢献することが可能になりました。特に、地方の小さな町や村では、ふるさと納税を通じて得られる資金が、地域のインフラ整備や文化活動の支援、地域産業の振興に大きく寄与しています。


また、ふるさと納税は地域間の競争を促し、それぞれの地域が独自の魅力を前面に打ち出すことで、新たなファンを獲得しようと努力しています。ふるさと納税は単なる税金の仕組みを超え、地方創生の新たな動力として機能しているのです。


地方創生が注目されている理由



地方創生のイベントの種類とは?


地方創生のイベントの種類とは、多岐にわたります。まず、展示会が挙げられます。展示会は地域の新しい技術や製品、文化を紹介する場として設けられ、多くの企業や団体が参加します。次に、サミットがあります。サミットでは地方創生に関する議論が行われ、政策提言や意見交換が活発に行われることが特徴です。


また、観光を核としたイベントも重要です。地域固有の観光資源を活用したフェスティバルや、デジタル技術を駆使した観光DXが含まれます。イベントは、訪れる人々に新たな魅力を提供し、地域経済の活性化に寄与しています。



展示会


展示会は地方創生イベントの中でも特に注目されるカテゴリーです。展示会は、地域の新技術や独自の製品、文化を広く紹介する絶好の機会となります。参加する企業や団体は、自らのイノベーションをアピールし、他地域や業界の関係者とのネットワーキングを図ることができます。


展示会は、地域の特色を生かした展示内容が多く、訪れる人々に新たな発見や体験を提供します。また、これらのイベントは地域経済の活性化にも大きく寄与し、地方創生の推進には欠かせない要素とされています。



サミット


サミットは、地方創生におけるもう一つの重要なイベント形式です。サミットでは、政策立案者、業界リーダー、学者、地域の代表者が一堂に会し、地方創生の課題と解決策について深く議論します。地域間の情報共有や連携の強化、新たな政策の提案や実施に向けた協議の場として機能します。


特に、多様なステークホルダーが参加することで、地方創生の取り組みに多角的な視点がもたらされ、より具体的で実行可能な戦略が生まれることが期待されます。サミットを通じて、参加者は共通の課題に対する理解を深め、連携を促進することができます。



観光・観光DX


観光・観光DXは、地方創生における新たな波として注目されています。このアプローチでは、デジタル技術を活用して観光体験を向上させ、地域の魅力を国内外に広く伝えることが目指されます。


例えば、バーチャルリアリティ(VR)を用いた観光地の事前体験や、スマートフォンアプリを通じた多言語対応ガイドなどがあります。訪れる前から観光客が地域の文化や歴史を深く理解し、訪問時の満足度を高めることができます。


また、デジタルデータの収集・分析を通じて、観光客の行動パターンを把握し、地域に合わせた最適な情報提供やサービスの提供が可能になります。観光DXの推進は、地方創生の新しい潮流として、今後も多くの地域で取り入れられることが予想されます。


地方創生のイベントの種類



過去の地方創生/まちづくりのイベント事例「3選」

 

過去の地方創生/まちづくりのイベント事例「3選」では、地域活性化のためのユニークなアプローチが採用されています。第一に、展示会では地元の産業や技術を前面に出し、訪れた人々に直接体験してもらうことで、地域資源の魅力を再発見させます。


次に、サミットでは多様なステークホルダーが集まり、地域の課題解決に向けた議論を行います。地域外からの新たな視点やアイデアがもたらされ、実行可能な戦略が生まれることが期待されます。最後に、観光・観光DXでは、デジタル技術を駆使した観光体験の提供を通じて、訪れる人々に新しい形の地域体験を提供します。このように過去の事例は、地方創生の可能性を広げるための重要なヒントを提供しています。



【〜展示会編〜】過去の地方創生/まちづくりのイベント事例


過去の地方創生イベント事例「展示会編」では、地元の産業や特産品を前面に押し出した展示会が多く開催されています。例えば、ある地域では伝統工芸品の展示会を通じて、若い世代にその技術を伝える試みが行われました。


イベントでは、実際に職人がその場で製作する様子を見せることで、訪れた人々に深い印象を与え、地域に新たなファンを創出することに成功しました。また、地域の食材を活用した料理の展示会も注目されており、地元のレストランや農家が協力して、訪れる人々に地域の味を体験してもらうことで、地域産品への関心を高める効果がありました。


展示会は、地域の魅力を直接的に伝える貴重な機会となり、多くの来場者にとって新たな発見となる場となっています。



【〜サミット編〜】過去の地方創生/まちづくりのイベント事例


過去の地方創生イベント事例「サミット編」では、地域のリーダーや専門家が一堂に会し、地方創生についての深い議論が行われました。例えば、ある地域では「地方創生サミット」が開催され、地域活性化のための新しいアプローチや戦略が提案されました。


サミットでは、多様なバックグラウンドを持つ参加者が集まり、それぞれの知見や経験を共有することで、具体的な解決策や協力体制の構築が進められています。また、地方自治体や企業、NPOなどが連携して、地域固有の課題に対する実践的な取り組みが話し合われることも多く、参加者にとっては貴重な学びの場となっています。


サミットは、地域創生のための重要なプラットフォームとして機能し、持続可能な地域社会の構築に向けた一歩を踏み出すきっかけを提供しています。



【〜観光・観光DX編〜】過去の地方創生/まちづくりのイベント事例


過去の地方創生イベント事例「観光・観光DX編」では、観光業を活用した地域活性化が注目されています。例えば、ある地域ではデジタル技術を駆使した「観光DXプロジェクト」が展開され、AR(拡張現実)を利用した観光アプリが開発されました。


アプリを通じて、訪れる人々はスマートフォンを使いながら、歴史的建造物や自然景観の深い背景を学ぶことができるようになりました。また、地元の伝統工芸品をデジタルマーケットプレイスで販売する試みも行われ、地域の魅力を全国に向けて発信する新たな方法が模索されています。取り組みは、訪問者に新しい体験を提供すると同時に、地域経済の活性化にも寄与しています。


過去の地方創生/まちづくりのイベント事例「3選」


まとめ


まとめとして、地方創生やまちづくりのイベントは、地域の魅力を再発見し、経済活性化に大きく貢献しています。展示会からサミット、観光DXに至るまで、多様なアプローチが試みられており、それぞれが地域固有の資源を活かした独自の取り組みを展開しています。


事例からは、地域が直面する課題を克服し、新たな価値を創出するヒントが得られます。今後も、イベントを通じて、さらなる地域の発展が期待されます。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生/まちづくり×イベントとは?注目を浴びた事例をご紹介!!」でした。



また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。

※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。




コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page