top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生/まちづくりとは?定義や事例などをわかりやすく解説

更新日:5月9日


地方創生/まちづくりとは?定義や事例などをわかりやすく解説

地方創生とは、人口減少や経済の停滞に悩む地方自治体が、独自の資源や特色を活かし、持続可能な地域社会を築くための取り組みです。この概念は、地域の活性化だけでなく、住民の生活の質の向上や地域経済の再生を目指しています。


地方創生の取り組みは、地域ごとに異なる課題に対応するため、そのアプローチも多岐にわたります。例えば、観光資源を生かしたイベントの開催、地元産品のブランド化、若者や外国人の定住促進策などがあります。これらの取り組みにより、地方都市や田舎町が再び輝きを取り戻し、新たな成長を遂げることを目指しています。


地方創生とはなにか?


地方創生とは、単に地域を活性化させること以上の意味を持ちます。それは、地域の持続可能な発展を促進し、住民一人ひとりの生活の質を向上させることを目指しています。具体的には、地域固有の文化や歴史、自然環境を生かした取り組みが含まれます。また、地方創生は地域住民の積極的な参加と協力によって成り立っており、地域全体で創造的な解決策を模索するプロセスです。このような地方創生の動きは、地域が直面する人口減少や経済の停滞といった課題に対応するために非常に重要です。



地方創生のこれまで定義


地方創生の定義は、時代と共に進化してきました。初期の段階では、地方創生は主に地域の経済活性化を意味しており、地域産業の振興や雇用創出が中心でした。しかし、近年ではその概念が広がり、社会的、文化的側面も重視されるようになっています。現代の地方創生は、地域の持続可能な発展を目指し、教育や福祉、環境保全といった多角的なアプローチが求められています。このように、地方創生の定義は、地域の実情や時代の要請に応じて変化し、より包括的なものへと進化しているのです。



必要とされている背景


地方創生が必要とされる背景には、いくつかの重要な要因があります。日本の多くの地域では、高齢化と若者の都市部への流出により、人口減少が進行しています。この人口減少は、地域経済の縮小、公共サービスの低下、地域コミュニティの衰退を引き起こしており、これらの問題を解決するために地方創生が求められています。また、地方創生は単に人口問題の解決だけでなく、地域固有の文化や伝統を守り、活かすための戦略でもあります。地域の特色を生かした産業の振興や、新たな観光資源の開発などが、地方創生によって推進されることで、地域の魅力が再発見され、新たな価値が生み出されるのです。



提唱されている新しい定義


地方創生の新しい定義は、単に人口減少に対処するだけでなく、地域の持続可能な発展を目指すものです。これには、経済的な側面だけでなく、文化的、社会的な側面も含まれます。新しい定義では、地域が自らの特性を生かし、独自の魅力を国内外に発信できるような戦略が重要視されています。また、地域住民が主体となり、地域の課題を自らの手で解決していく「地域主導型」のアプローチが求められています。このように、地方創生は地域の自立と自律を促す動きとして、再定義されているのです。


これまでの定義・新しい定義


地方創生が注目されている理由とは?


地方創生が注目されている理由は、多くの地域が直面している人口減少と地域経済の衰退に対する対策としての位置づけからです。日本では、特に地方都市や田舎町で若者の流出が続き、高齢化が進む中で、これらの地域の活性化が急務となっています。地方創生は、地域の魅力を再発見し、新たな産業や観光の振興を通じて、地域経済を活性化させることを目指しています。


また、地方創生によって、地域固有の文化や伝統が保護・継承されることも期待されています。これにより、地域のアイデンティティを強化し、住民や訪れる人々に新たな価値を提供することができるのです。


地方創生が注目される背景には、地域ごとの独自性と持続可能性の追求があります。地方創生は単に人口減少や経済衰退に対処するだけでなく、地域の特色を生かした産業の育成や、地域コミュニティの再活性化を目指しています。これにより、地域住民だけでなく、外から訪れる人々にも魅力的な地域として認識されるようになります。


また、地方創生によって新たな雇用機会が生まれ、若者が地域に留まる理由を提供することも期待されています。このように、地方創生は地域の持続可能な発展を促す重要な施策として、多くの関心を集めているのです。


ここでは地方創生が注目されている理由を3つに分解して解説します。



1.人口減少の進行


日本の多くの地方都市では、人口減少が進行しています。この問題は、高齢化社会の進展と若年層の都市部への集中により、特に顕著になっています。地方創生の文脈で人口減少に注目する理由は、人口が減少することで地域の経済活動が縮小し、地域社会の機能が低下するからです。例えば、学校や病院などの公共サービスの提供が困難になり、地域の生活基盤自体が揺らぎ始めます。また、人口減少は地域の消費市場を縮小させ、地元企業の経営を圧迫することにも繋がります。このような背景から、地方創生では人口減少の進行を食い止め、逆に活性化を図ることが急務とされています。



2.オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散は、観光客が集中することで生じる問題を解決するための有効な手段として注目されています。特に、京都や箱根などの人気観光地では、特定の時期に観光客が過剰に集中することで、地元住民の生活に支障をきたすことがあります。このような状況を改善するため、地方創生の取り組みとして、観光客を地方の他の魅力的な地域へ誘導することが試みられています。例えば、地域固有の文化や自然を活かした観光ルートの開発、地元産品を活用したイベントの開催などが行われ、これにより観光の地方分散が進められています。この取り組みは、過密観光地の負担を軽減し、未開発地域の経済活性化にも寄与しています。



3.ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税の盛り上がりは、地方創生において重要な役割を果たしています。この制度は、税金を自分の好きな自治体に寄付することができ、その寄付金に対して税額控除が受けられるというものです。多くの自治体では、寄付者に地元の特産品を贈ることで、その地域の魅力を全国にPRし、地方創生を促進しています。例えば、北海道のある町では、寄付をした人に地元産の海産物を送ることで、その地域の新鮮な食材を全国に紹介し、観光客の誘致にも成功しています。このように、ふるさと納税は地方の特色を生かした地域振興の一環として、多くの自治体で積極的に取り入れられているのです。


地方創生が注目されている理由を3つに分解して解説します。


地方創生が必要なケースとは?またはゴールは?


地方創生が必要なケースとは、主に人口減少や地域経済の衰退が進行している地域で見られます。これらの地域では、若者の流出により高齢化が進み、地域の活力が失われつつあります。また、地方創生のゴールは、これらの問題を解決し、地域が自立して持続可能な社会を築くことにあります。具体的には、地域の特色を生かした産業の振興や、新たな住民との交流を促進することで、地域全体の活性化を図ることが目指されています。


地方創生を進めるべき具体的なケースとしては、地域の産業が一極集中している場合や、自然災害のリスクが高い地域が挙げられます。これらの地域では、新たな産業の創出や多様なビジネスモデルの導入が急務です。また、地方創生のゴールは単に人口を増やすことだけではなく、地域住民が豊かな生活を送れる環境を整えることにもあります。これには、教育や医療、交通のインフラ整備が不可欠であり、それによって新たな住民を呼び込むと同時に、既存の住民が地域に留まる理由を提供することが求められます。


以下では地方創生を行った方がいいケース、踏みとどまったいいケース、そして地方創生のゴールについて解説していきます。



地方創生を行った方がいいケース


地方創生を行った方がいいケースとして、特に注目すべきは、若者や高齢者の一極集中が進んでいる地域です。これらの地域では、世代間の交流が少なく、地域コミュニティの活性化が課題となっています。地方創生を進めることで、多様な年齢層が交流する機会を増やし、世代間のギャップを縮めることが可能です。


また、地域特有の文化や伝統が失われつつある場合も、地方創生の対象となり得ます。これらの文化や伝統を保護・継承することは、地域のアイデンティティを強化し、観光資源としても価値を高めることができます。



地方創生を踏みとどまった方がいいケース


地方創生を踏みとどまった方がいいケースとして、まず考えられるのは、地域の現状が既に安定しており、大規模な変革が逆にリスクを招く可能性がある場合です。例えば、小規模ながらも独自の産業や文化が根付いている地域で無理に大規模な開発や観光化を進めると、地域の特色を損なうことがあります。


また、地方創生によって外部からの人が大量に流入することが予想される場合、地域の生活環境やコミュニティに負担がかかり、既存の住民との間で摩擦が生じることも考えられます。これらのケースでは、地方創生を慎重に検討し、必要に応じて小規模かつ段階的なアプローチを取ることが望ましいでしょう。


地方創生を行った方がいいケース、踏みとどまった方がいいケース

地方創生のゴールとは


地方創生のゴールは、地域が持続可能な発展を遂げることにあります。具体的には、人口減少や高齢化が進む地域において、若者や家族層の流入を促すこと、地域固有の産業を活性化させること、そして地域コミュニティの活性化を図ることが挙げられます。これにより、地域全体の経済が活性化し、人々が住み続けたいと思える魅力的な地域を作り上げることが目指されます。また、地方創生は単に人口を増やすことだけではなく、地域の文化や伝統を守りつつ、新しい価値を創出することも重要です。これには、地域住民との協働や、多様なステークホルダーとの連携が不可欠です。




地方創生成功の鍵とは


では次に、地方創生を成功させる鍵について解説していきます。


まず、地域おこし協力隊の活用が挙げられます。地域おこし協力隊とは、地方へと移住した人々が地域の活性化に直接貢献するプログラムです。彼ら・彼女らは地域の特性を生かしたイベントの企画や地域資源の活用方法を提案し、地域住民との橋渡し役となります。


次に、副業やプロ人材の利活用があります。これは、特定のスキルを持つプロフェッショナルを地方に招き、地域の課題解決に彼らの知識や技術を活用することです。


最後に、補助金や助成金の正しい活用も重要です。これにより、地方自治体は新たな事業やプロジェクトを支援し、経済的な負担を軽減しながら地域の発展を促進することができます。これらの要素を組み合わせることで、地方創生はより効果的に進められるでしょう。


地方創生を成功に導くためには、これまで述べた要素に加えて、地域固有の戦略を練ることが不可欠です。地域の特性や資源を活かした独自のアプローチを取り入れることで、他地域との差別化を図り、地方創生の目的を達成することが可能になります。また、地域住民や関係者との協働を深めることで、持続可能な発展を促進することができます。地方創生は単なる人口増加や経済活動の活性化だけでなく、地域が持つ文化や伝統を守りながら新しい価値を創出することも重要です。これらの戦略が組み合わさることで、地方創生は真に成功すると言えるでしょう。


地方創生成功の鍵とは


1.地域おこし協力隊の活用


地域おこし協力隊の活用は、地方創生の成功において重要な役割を果たしています。この制度は、地方自治体が特定の地域課題を解決するために、外部から人材を招き入れるものです。協力隊員は、地域の活性化や地域住民との橋渡し役として、多岐にわたるプロジェクトに従事します。例えば、地域の伝統文化の継承、農業や観光の振興、地域イベントの企画運営など、その活動は多岐にわたります。これにより、地域固有の資源を活かした持続可能な発展が期待されるのです。また、新たな視点を地域にもたらすことで、創造的な解決策が生まれることもあります。地域おこし協力隊は、地方創生の新たな動力として、今後も多くの地域での活用が期待されています。



2.副業・プロ人材の利活用


副業・プロ人材の利活用は、地方創生において新たな価値を生み出す重要な戦略です。多様な専門知識やスキルを持つプロフェッショナルが副業として地方のプロジェクトに参加することで、地域に新しいアイデアや技術がもたらされます。例えば、ITスペシャリストが地方の企業や行政でデジタル化を支援したり、マーケティングの専門家が地域商品のブランディングに関わることで、地方の魅力を全国に伝える助けとなります。これにより、地方創生は単なる人口増加や経済活動の活性化だけでなく、地域固有の価値を高める方向へと進化していくのです。また、プロ人材の参加は地元住民との交流を促し、地域社会に新たな活力をもたらすことも期待されます。



3.補助金・助成金の正しい活用


補助金や助成金は、地方創生プロジェクトにおいて非常に重要な役割を果たします。これらの資金援助は、地域の活性化や新しい事業の創出、インフラ整備など、多岐にわたるプロジェクトに利用されることが多いです。しかし、これらの資金を効果的に活用するためには、正しい申請手続きの理解と計画的なプロジェクト管理が必要です。まず、どのようなプロジェクトが補助金や助成金の対象になるのかをしっかりと調査し、適切な資金を選定することが重要です。また、申請書の準備には、具体的な事業計画や予算計画が求められるため、事前の準備が必須となります。さらに、資金を受け取った後の透明な報告と評価も重要で、これにより信頼性が保たれ、次の機会へとつながるのです。



地方創生/まちづくりの事例


地方創生やまちづくりの取り組みは、全国各地で様々な形で展開されています。例えば、ある地域では、地元産の農産物を活用した新しい食品開発によって、地域のブランド価値を高める試みが行われています。これにより、地元の農家の収入向上とともに、地域全体の経済活性化が図られています。また、別の地域では、歴史的建造物を活用した観光プロジェクトが成功を収め、多くの観光客を地域に引き寄せることに成功しました。これらの事例からは、地方創生の取り組みが地域固有の資源を生かし、それを全国や世界に向けて発信することの重要性がうかがえます。


地方創生やまちづくりの事例をさらに詳しく見ていくと、地域の特性を活かした取り組みが成功の鍵を握っています。たとえば、海に面した町では、地元の漁業を活性化させるために、新鮮な魚介類を使った料理教室やマリンスポーツの体験プログラムが開催されています。これにより、地域外からの訪問者だけでなく、地元住民の間でも新たな交流の場が生まれ、地域コミュニティの強化にも寄与しています。また、山間部の町では、自然を生かしたエコツーリズムが注目され、ハイキングやキャンプ、天体観測などの活動を通じて、持続可能な観光地としての魅力を高めています。これらの事例は、地方創生が単に経済的な利益を追求するだけでなく、地域の文化や自然環境を守りながら発展させることの大切さを示しています。



地方創生/まちづくりの事例①美瑛町


地方創生/まちづくりの事例①として、北海道の小さな町「美瑛町」を取り上げます。美瑛町は、その壮大な自然景観と季節ごとに変わる色彩豊かな風景で知られ、多くの写真家や観光客を引き寄せています。この町では、地方創生の一環として「パッチワークの路」と呼ばれる観光ルートが整備され、農地や丘陵が美しいパターンを描くように配置されています。また、地元産の野菜や果物を使った加工品の開発にも力を入れ、地域の特産品として全国に販売されるようになりました。これにより、地域経済の活性化はもちろん、美瑛町のブランドイメージの向上にも大きく寄与しています。地方創生の成功事例として、美瑛町は他の地域にも多くの示唆を与えており、持続可能な地域づくりのモデルケースとして注目されています。




地方創生/まちづくりの事例②直島


地方創生/まちづくりの事例②として、瀬戸内海に浮かぶ小さな島、直島を紹介します。直島は、かつては人口減少と産業の衰退に悩まされていましたが、現代アートとの融合により、国際的な観光地へと変貌を遂げました。この島では、廃校となった建物や古い家屋をアート作品の展示スペースとして再利用し、島全体をアートの島としてブランド化。ベネッセコーポレーションが中心となり、アートプロジェクトを推進することで、世界中から観光客が訪れるようになりました。直島の事例は、文化資源を活用した地方創生の成功例として、他の地域にも影響を与えており、地域が持つ独自の資源を生かしたまちづくりの重要性を示しています。




地方創生/まちづくりの事例③小樽市


地方創生/まちづくりの事例③として注目されるのは、北海道の小樽市です。小樽市は、かつての商業の中心地として栄えた歴史を持ちますが、時代の変遷と共に人口が減少し、地域経済も低迷しました。しかし、地方創生の一環として、市は「観光と文化の融合」をテーマに掲げ、積極的に地域資源を活用した取り組みを進めています。特に、古い倉庫を改装したショッピングモールや、地元の海産物を活かしたグルメイベントが人気を集め、訪れる観光客の増加に成功。これにより、地元経済の活性化はもちろん、新たな雇用機会の創出にも寄与しています。小樽市の事例からは、地域固有の歴史や文化を生かした地方創生が、持続可能な地域活性化へと繋がることが見て取れます。




地方創生の課題に対する解決策とは?


地方創生の課題に対する解決策とは、地方都市が直面する人口減少や経済の停滞といった問題を解決するための具体的な手法です。解決策の一つとして、移住定住の促進があります。これは、都市部から地方への移住を支援する政策や、住みやすい環境を整備することで、地方への人口流入を促す取り組みです。また、関係人口の創出も重要です。これは、一時的な滞在や、地方と都市部との双方向の交流を通じて、地方に新たなファンを作ることを指します。さらに、魅力的な仕事の創出やリモートワークの推進により、地方での新たな働き方を提案し、若者や専門職の定住を促すことも課題解決の鍵とされています。これらの解決策を複合的に推進することで、地方創生はより実効性のあるものとなるでしょう。


地方創生の課題に対する解決策とは、地方都市が直面する人口減少や経済の停滞といった問題を解決するための具体的な手法です。解決策の一つとして、移住定住の促進があります。これは、都市部から地方への移住を支援する政策や、住みやすい環境を整備することで、地方への人口流入を促す取り組みです。また、関係人口の創出も重要です。これは、一時的な滞在や、地方と都市部との双方向の交流を通じて、地方に新たなファンを作ることを指します。さらに、魅力的な仕事の創出やリモートワークの推進により、地方での新たな働き方を提案し、若者や専門職の定住を促すことも課題解決の鍵とされています。これらの解決策を複合的に推進することで、地方創生はより実効性のあるものとなるでしょう。



地方創生の課題に対する解決策


1.移住定住の促進


移住定住の促進は、地方創生において非常に重要な役割を果たします。この取り組みは、都市部から地方への移住を促すことにより、地方の人口減少問題を緩和し、地域経済を活性化させることを目指しています。具体的には、移住希望者に対する情報提供や相談支援、住宅や就職の斡旋、さらには移住後の生活サポートなどが行われます。これにより、移住者が新しい地域社会にスムーズに溶け込み、地方での生活を長期的に続けることが可能になります。また、地方自治体による移住促進策は、地域の特色を活かしたプログラム作りが求められ、それが地方創生の成功へとつながるのです。



2.関係人口創出


関係人口創出は、地方創生の新たな潮流として注目されています。これは、実際にその地域に住むことなく、その地域に対して経済的または感情的なつながりを持つ人々を増やすことを指します。例えば、観光客がその地域の文化やイベントに魅力を感じ、繰り返し訪れることや、オンラインで地域産品を購入することなどが含まれます。これにより、地方の魅力が内外に広がり、地域経済の活性化につながるのです。また、SNSを活用した情報発信や、地域固有の魅力を前面に出したイベントの開催など、地域外からの関心を引きつけ、関係人口を増やす取り組みが求められています。



3.魅力的な仕事を増やす・リモートワーク


地方創生において、魅力的な仕事の創出とリモートワークの推進は、移住定住の促進に不可欠な要素です。特に、都市部での職務経験を地方で活かすことができるリモートワークは、地方での生活を豊かにし、多様な働き方を実現します。例えば、IT企業が地方にサテライトオフィスを設けることで、地元の若者に高度な技術を学ぶ機会を提供し、地域経済の活性化にも寄与します。また、地方独自の産業を生かした新しいビジネスモデルの創出も、魅力的な仕事を増やす一助となります。これらの取り組みにより、地方に新たな価値を生み出し、都市部と地方との間での人の流れを促進することが期待されています。



まとめ


地方創生やまちづくりの取り組みを通じて、日本各地で新たな動きが見られます。これらの活動は、地域の特性を活かしつつ、新しい価値を創造することで、地方の魅力を内外に発信し、人々を惹きつける効果があります。地方創生の成功例からは、地域おこし協力隊の活用や、副業・プロ人材の導入、適切な補助金の活用が鍵であることが明らかになりました。


また、リモートワークの推進や地方独自の産業を生かしたビジネスモデルの創出も、地方創生を加速させる重要な要素です。これらの取り組みを通じて、地方が自立し、持続可能な発展を遂げるための道筋が示されています。



HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています



以上が、「地方創生/まちづくりとは?定義や事例などをわかりやすく解説」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。

※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE 代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page