top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生とはそもそもなにか?地方創生の定義から成功の鍵までを解説!!

更新日:5月9日


地方創生とはそもそもなにか?地方創生の定義から成功の鍵までを解説



地方創生は、地方の魅力を高め、人口減少や経済の停滞に立ち向かう国の戦略です。しかし、その概念は多くの人にとってまだなじみ深いものではありません。この記事では、地方創生の定義を簡単かつわかりやすく解説し、なぜ今、この取り組みが重要なのかを明らかにします。


 

そもそも地方創生とはなにか? 


地方創生とは、地域の持つ独自の資源や特色を活かし、人口減少や地域経済の衰退に対応するための国や自治体の施策を指します。具体的には、地域の産業振興、観光資源の開発、移住・定住促進策などが含まれます。この取り組みは、地方の活性化を図ることで、全国的なバランスの取れた発展を目指すという大きな目標のもと進められています。地方創生は、単に経済的な側面だけでなく、文化や歴史、自然環境といった多面的な価値を再認識し、それらを生かした地域づくりが求められているのです。


地方創生のこれまで定義


地方創生のこれまでの定義には、さまざまな視点が存在します。一般的には、地方自治体が主体となり、地域固有の資源を活用して経済活動を活性化させ、地域住民の生活の質を向上させることを目的とした施策の総称とされています。また、地方創生は単に経済的な側面に留まらず、文化や伝統、地域コミュニティの強化といった社会的な要素も含んでいます。これは、地域の持続可能な発展を目指すという大きな枠組みの中で、多様なアプローチが取り入れられていることを意味しています。政府が打ち出す地方創生の基本方針や自治体ごとの取り組みによって、その定義は微妙に異なる場合もありますが、根底にあるのは「地方の魅力を最大限に引き出し、人々が豊かに暮らせる環境を創出する」という共通の目的があります。


必要とされている背景


地方創生が必要とされている背景には、深刻な人口減少問題があります。特に日本では、少子高齢化が進行し、地方の過疎化が顕著になっています。これにより、地方経済は縮小し、地域社会の活力が失われつつあります。また、若者の都市部への一極集中は、地方の労働力不足を招き、地域産業の衰退を加速させています。こうした状況を打破するためには、地方それぞれの特色を活かした産業の振興や、地域コミュニティの再生が求められています。地方創生は、こうした問題に対応し、地方の持続可能な発展を目指すための重要な取り組みとなっています。



提唱されている新しい定義


提唱されている新しい定義として、地方創生は単に人口減少を食い止めるだけではなく、地域固有の文化や歴史、自然環境を生かした持続可能な社会の構築を目指すべきだという考え方が浮上しています。これは、地域資源を活用し、新たな価値を創造することで、地方の魅力を地方の内外に発信し、移住や観光の促進を図るというものです。また、地方創生は地域住民が主体となり、多様なステークホルダーと協働しながら進めるプロセスであるとも定義されています。このように、地方創生は地域の自立と独自性を重視し、新たな地域づくりの方向性を示しています。



地方創生が注目されている理由


地方創生が注目されている理由は複数ありますが、特に重要なのは、日本全国で進行する人口減少の問題です。多くの地方都市や町では、若者の都市部への流入により、人口が減少し続けており、それに伴う経済の停滞や地域コミュニティの衰退が懸念されています。また、オーバーツーリズムによる観光地への負荷が問題視される中、観光客の地方分散を促す動きも地方創生の重要性を高めています。さらに、ふるさと納税の制度が注目されることで、地方自治体の魅力を全国にアピールする機会が増え、地方創生への関心が高まっています。



地方創生が注目されている理由


人口減少の進行


地方創生が注目される背景には、深刻な人口減少の問題があります。日本は世界でもトップクラスで少子高齢化が進んでおり、特に地方ではこの影響が大きく表れています。若者が教育や就職の機会を求めて都市部へ移住することで、地方の人口は年々減少し、その結果、地域の活力が失われつつあります。また、高齢化が進むことで、地方の医療や介護、公共サービスへの負担が増大し、地域社会の持続可能性が問われています。このような状況を打破するためにも、地方創生は急務となっており、地域の魅力を再発見し、若者を含む多様な人々が暮らしやすい環境を整えることが求められています。



オーバーツーリズムによる地方分散


オーバーツーリズムによる地方分散は、地方創生が注目されるもう一つの大きな理由です。一部の観光地に観光客が集中しすぎることで、その地域に負担がかかる現象を指します。例えば、京都や箱根などの人気観光地では、ピーク時には観光客でごった返し、住民の生活に支障をきたしています。これに対し、観光資源を持つ地方の魅力を高め、観光客を分散させる取り組みが行われています。地方の文化や伝統、自然を生かした観光プログラムの開発や、地域固有のイベントの創出により、新たな観光の目的地としての地方の価値が高まりつつあります。このような動きは、地方の経済活性化に寄与すると同時に、オーバーツーリズムによる問題を緩和する効果も期待されています。



ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税の盛り上がりも、地方創生における重要な要素の一つです。ふるさと納税制度は、地方自治体への寄付を通じて、その地域の発展を支援することを目的としています。寄付した人は税金の控除を受けることができるため、実質的な税金負担を抑えつつ地方への貢献が可能です。多くの自治体では、特産品や地域の魅力を前面に出した返礼品を提供し、寄付を促進しています。この結果、地方の特色を生かした商品が全国に広まり、地域ブランドの認知度向上にも寄与しています。また、ふるさと納税は地方の新たな財源となり、地域のインフラ整備や文化活動支援など、多岐にわたる事業に活用されています。このように、ふるさと納税は地方創生の一環として、地方自治体と住民、そして全国の支援者との架け橋となっており、地方の活性化に大きく貢献しています。



地方創生のメリット・デメリットとは?


地方創生には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。メリットとしては、まず地域経済の活性化が挙げられます。地方創生によって新たなビジネスが生まれ、雇用機会が増加することで、地域の経済が刺激されます。また、地方の文化や伝統を守り、後世に伝えることも大きな利点です。さらに、地方での生活が魅力的になることで、都市部からの移住者を増やし、人口減少問題にも対処できる可能性があります。


一方で、デメリットとしては、地方創生の取り組みが一部の地域に偏ることで、地域間の格差が拡大するリスクがあります。また、短期的な成果に焦点を当てた施策では持続可能な発展が難しいという問題も指摘されています。地方創生は長期的な視点と継続的な努力が必要であり、その過程で生じるコストや労力も考慮する必要があるのです。



メリットデメリット


メリット


地方創生がもたらすメリットは多岐にわたります。第一に、地域固有の産業や文化の振興を通じて、地方の魅力が再発見されることです。これにより、観光客の増加や移住者の誘致が期待でき、地方経済の活性化に寄与します。また、地方創生によって新しい雇用機会が生まれることで、若者の地方離れを防ぎ、地域社会の活力を保つことができます。


さらに、地方創生は地域住民のコミュニティ感を高める効果もあります。地域住民が一丸となって地方創生に取り組むことで、地域の結びつきが強まり、安全で快適な生活環境が実現するでしょう。また、地方創生によって生まれる新たなビジネスモデルやイノベーションは、全国的な経済成長の可能性も秘めています。


これらのメリットを最大限に引き出すためには、地方創生の取り組みを地域の実情に合わせてカスタマイズし、住民主体の活動を重視することが重要です。地方創生は単なる経済政策ではなく、地域の持続可能な発展と地域住民の幸福と生活の質を向上させる取り組みであるといえるでしょう。



デメリット


地方創生には多くのメリットが存在する一方で、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。例えば、地方創生に伴う初期投資は膨大な費用がかかることが多く、その財源の確保が課題となります。また、地方創生のプロジェクトが長期間にわたる場合、その間の成果が見えにくいことから、住民のモチベーションの維持が難しいという問題もあります。


さらに、地方創生の取り組みが一部の地域や人々に偏ることで、地域間の格差を拡大させる恐れも指摘されています。また、地方創生によって新たに生まれるビジネスやイベントが、既存の地域コミュニティや文化に悪影響を及ぼす可能性があることも考慮する必要があります。


これらのデメリットを避けるためには、地方創生の計画段階で十分な検討を重ね、住民の意見を積極的に取り入れることが重要です。また、短期的な成果にとらわれず、長期的な視点で地域の持続可能な発展を目指す姿勢が求められます。地方創生は、単に地域を活性化させるだけでなく、地域住民の生活の質を向上させることも目的としているため、そのバランスを取ることが成功への鍵となるでしょう。



地方創生が必要なケースとは?またはゴールは?


地方創生が必要なケースとは、主に人口減少や地域経済の衰退が顕著な地域です。これらの問題を解決し、地域の活性化を図ることが狙いとなります。また、地方創生は地域固有の文化や伝統を守りつつ、新たな価値を創出することも重要です。


一方で、地方創生を踏みとどまった方がいいケースも存在します。例えば、地域の自然環境や生態系に大きな影響を与える可能性がある場合や、地域住民の合意形成が得られない場合などです。地方創生は地域住民の生活や文化に密接に関わるため、住民の意向を無視した施策は避けるべきです。


地方創生のゴールは、単に人口を増やすことや経済を回復させることだけではありません。地域の持続可能な発展を実現し、住民が豊かな生活を送れる環境を整えることが最終的なゴールです。そのためには、地域の特性を活かした産業の育成や、地域コミュニティの強化など、多角的なアプローチが求められます。


地方創生が必要なケースとゴール


地方創生を行った方がいいケース


地方創生を行った方がいいケースとして、まず考えられるのは、若者の流出が続き、高齢化が進行している地域です。高齢化が進行すると、地域の労働力が不足し、地域経済に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、地方都市特有の産業や観光資源があるにも関わらず、それが十分に活用されていない場合も、地方創生によって新たな活力を注ぐ必要があるでしょう。


地方創生は、地域の伝統や文化を守りながら、新しい産業やビジネスモデルを導入することで、地域の魅力を再発見し、外部からの関心を引き寄せることができます。例えば、地元の特産品を活かした商品開発や、地域の歴史を生かした観光プロモーションなどが挙げられます。


さらに、地方創生は、地域住民が主体となって行うことが重要です。住民が自らの地域に誇りを持ち、積極的に地域の発展に関わることで、持続可能なコミュニティを築くことができます。地方創生を通じて、地域の結びつきを強化し、住民一人ひとりが地域の未来を考えるきっかけを作ることも、地方創生を行うべき大きな理由の一つです。



地方創生を踏みとどまった方がいいケース


地方創生の取り組みは、必ずしも全ての地域に適しているわけではありません。例えば、自然環境の保全が優先されるべき地域では、開発を進めることでその価値を損なう恐れがあります。また、地域住民の合意形成が不十分な場合や、地方創生によって地域の伝統や文化が失われる可能性がある場合も、慎重な判断が求められます。


さらに、地方創生には多額の投資が必要となることが多く、その効果が見込めない場合や、他の優先すべき課題がある場合には、資源の配分を見直す必要があります。地方創生は長期的な視点での取り組みが必要であり、短期的な成果に囚われず、地域の持続可能性を第一に考えるべきです。


地方創生のゴールとは


地方創生のゴールとは、単に人口の増加や経済活動の活性化に留まらず、地域の持続可能な発展を実現することです。これには、地域固有の文化や伝統を守りつつ、新たな産業や雇用の創出を促進することが含まれます。また、住民が安心して暮らせる環境を整えることも重要です。地方創生の最終的なゴールは、地域住民の生活の質の向上と、地域コミュニティの充実にあり、これによって人々が地方に根ざし、地方から都市への一極集中を防ぐことができるのです。



地方創生成功の鍵


地方創生成功の鍵は、地域の特性を活かした取り組みと、住民や関係者の協力にあります。まず、地域おこし協力隊を活用することで、地域外からの新たな視点やエネルギーを取り入れることができます。また、副業やプロフェッショナルな人材を地方に呼び込むことで、地域の産業や文化を豊かにし、新たな雇用を生み出すことが可能です。さらに、補助金や助成金を適切に活用することで、財政的な支援を受けながら持続可能な地方創生を推進することができるのです。これらの要素を組み合わせることで、地方創生は成功へと導かれるでしょう。



地方創生の鍵


地域おこし協力隊地域


地域おこし協力隊とは、地方自治体が主導する地域活性化のためのプログラムです。この取り組みにより、都市部などからの若者や中堅層が地方に移住し、地域の課題解決に取り組むことが期待されます。彼らは地域の農業や観光、教育など様々な分野で活躍し、新たな価値を創造することで地方創生に貢献します。また、地域おこし協力隊員が持ち込む新鮮なアイデアや外部のネットワークは、地域のイノベーションを促進する重要な要素となり得るでしょう。



副業・プロ人材の利活用


副業・プロ人材の利活用は、地方創生において重要な戦略の一つです。多様なスキルを持つプロフェッショナルが副業として地方のプロジェクトに参加することで、地域に新たな知見や技術をもたらし、地方の課題解決に貢献します。特にITやマーケティング、デザインなどの専門知識を持つ人材が、地方企業のデジタル化やブランディングの支援を行うことは、地域経済の活性化に直結します。また、副業人材の導入は、地元の人々との交流を深め、新たなコミュニティの形成を促す効果も期待されています。地方創生を目指す自治体や企業は、こうしたプロ人材の活用を積極的に進めることで、地域固有の価値を高め、持続可能な発展を目指すとよいでしょう。



補助金・助成金の正しい活用


補助金・助成金の正しい活用は、地方創生を推進する上で欠かせない要素です。これらの資金は、地域のプロジェクトや事業を支援し、経済活動を活性化させるために提供されます。しかし、ただ資金を得るだけではなく、その使い道を慎重に計画することが成功への鍵となります。効果的な活用方法としては、地域の特色を活かした観光事業の開発、地元産品のブランド化、若者の起業支援などが挙げられます。また、補助金を活用して新たな雇用を生み出し、地域住民の生活基盤を強化することも重要です。自治体や関係者は、目的に応じた適切な補助金・助成金の選定と、その成果を地域全体で共有することで、地方創生の持続可能なサイクルを築くことができるでしょう。



まとめ


地方創生は、単に地域を活性化させるためのプロジェクトではなく、持続可能な地域社会を築くための総合的な取り組みです。


本記事を通じて、地方創生の定義からその必要性、メリット・デメリット、成功の鍵に至るまでを解説しました。人口減少や地域経済の停滞に対する具体的な対策として、地域おこし協力隊の活用、副業・プロ人材の導入、補助金・助成金の適切な活用などが挙げられます。これらの取り組みを通じて、地方創生は地域固有の魅力を再発見し、新たな価値を創造する機会を提供します。最終的なゴールは、地域が自らの力で発展を続けることができるような環境を整えることにあります。


地方創生は日本全体の持続可能な未来に向けた重要なステップであり、私たち一人ひとりがその成功に貢献できる可能性を秘めています。



地方でお困りの事業者さんへ


もし私たちができることがあればHONEまでお気軽にご相談ください。X DMでも、HPのお問合せフォームからでも、ブランドを強くする方法を一緒に考えたいと思います。



以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。


【記事を書いた人】


株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page