top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生×観光の課題/事例/未来について具体的な事例を交えながら紹介

更新日:6月9日


地方創生×観光の課題・事例・未来について具体的な事例を交えながら紹介

地方創生と観光を掛け合わせた取り組みが全国で注目されています。


本記事では、地方創生を推進するための観光に関する課題、成功事例、そして企業の役割を詳しく解説します。具体的な地域事例を交えて、これからの地方創生における観光の役割と未来の展望を探っていきます。




地方創生×観光の関係性・現状


地方創生と観光は地域活性化に不可欠な要素です。


観光は地域の魅力を発信し、外部からの訪問者を増やすことで経済効果を生み出すことに期待されますが、アクセスの不便さや観光インフラの不足、環境負荷などの課題も存在します。これらを解決し、持続可能な観光を実現するためには、戦略的な取り組みが求められます。



地方創生と観光の関係性

観光で経済効果が高まる

地方創生と観光は、地域の持続可能な発展を目指す上で切っても切れない関係にあります。


観光は地域の魅力を外部に発信し、訪れる人々を増やすことで経済効果を生み出します。

観光客が増えることで、地元の商店や宿泊施設、飲食店などが活気づき、地域全体の経済が潤います。また、観光を通じて地域の文化や自然の魅力が再発見され、地元住民の誇りや愛着が高まることも期待されます。


一方で、地方における観光の現状は一様ではありません。


都市部に比べてアクセスが不便な地域や、観光資源が十分に活用されていない地域も多く存在します。さらに、観光客の増加に伴う環境負荷や、地域住民との摩擦といった課題も浮上しています。これらの課題を克服し、持続可能な観光を実現するためには、地域ごとの特性を活かした戦略的な取り組みが求められます。



地方における観光の現状


地方と観光


日本各地に、美しい自然景観、歴史的建造物、伝統的な祭りや文化が数多く存在し、これらは観光客にとって大きな魅力となります。


しかし、これらの資源が十分に活用されていない地域も少なくありません。


交通アクセスの問題も大きな課題です。地方では、公共交通機関の便が少なく、観光客が訪れにくい状況が続いています。これにより、観光地としてのポテンシャルを持ちながらも、訪れる人が少ない地域が存在します。


また、観光インフラの整備が遅れている地域もあり、宿泊施設や飲食店の不足が観光客の満足度を低下させる要因となっています。


さらに、観光客の増加に伴う環境負荷や地域住民との摩擦も無視できない問題です。観光地が過剰に混雑することで、自然環境が破壊されたり、地元住民の生活が脅かされたりするケースも見られます。



地方創生×観光の課題


地方創生と観光を結びつける取り組みには多くの期待が寄せられていますが、同時にさまざまな課題も存在します。


地方創生×観光の課題

まず第一に、観光資源の活用不足が挙げられます。


地方には豊富な自然景観や歴史的建造物、伝統文化が存在しますが、これらを効果的に観光資源として活用できていない地域が多くあります。


に、交通アクセスの問題です。地方の多くは都市部からのアクセスが不便であり、公共交通機関の整備が遅れていることが観光客の訪問を妨げています。特に、外国人観光客にとっては言語の壁もあり、アクセスの悪さが大きな障害となっています。


観光地へのアクセスを改善するためには、交通インフラの整備や多言語対応の案内が求められます。



地方創生×観光の課題①


まず最初に直面する課題に「観光資源の活用不足」が挙げられます。


地方には豊富な自然景観や歴史的建造物、伝統文化が存在しますが、これらを効果的に観光資源として活用できていない地域が多くあります。


観光資源の魅力を最大限に引き出すために、地元の特産品や伝統工芸を体験できるワークショップの開催や、地元ガイドによるツアーの企画など、地域の特性を活かしたプロモーションや体験型観光の開発が必要です。これにより、観光客は地域の魅力を深く理解し、リピーターとして再訪する可能性が高まります。


また、地域の観光資源を活用する際に、地域住民との協力が不可欠です。観光資源の活用不足を解消するためには、地域住民と連携し、地域の魅力を発信する取り組みが求められます。



地方創生×観光の課題②


次に挙げられる課題は「インフラの整備不足」。

地方の観光地において、交通アクセスや宿泊施設、飲食店などのインフラが十分に整っていないことが多く、観光客の満足度を下げることになっています。


例えば、公共交通機関の便が少ない地域では、観光地に辿り着くことがが困難であったり、さらに宿泊施設の数や質が不足していると、観光客は快適な滞在をできず、再訪意欲が低下してしまいます。


特に、外国人観光客にとっては、言語の壁や文化の違いも加わり、さらに不便を感じることが多いです。これらのインフラ不足は、観光地としての魅力を損なうだけでなく、地域経済の発展にも悪影響します。



地方創生の課題に対する解決策とは?


このフェーズでは、地方創生と観光の課題に対する問題に対して解決する対策について触れて行きます。解決策を実行するために、自治体や企業、地域住民が一体となって取り組むことが必要です。地域の課題を共有し、具体的なアクションプランを立てることで、地方創生と観光の相乗効果を高めることができるでしょう。



移住定住の促進


移住の促進


移住定住の促進は、地方創生において非常に重要な要素です。


まず住環境の整備が挙げられます。例えば、住宅のリノベーションや新築支援、公共交通機関の充実をさせることで、これにより、都市部からの移住者が安心して生活を始めることができます。


また、生活の質を向上するよう、子育て支援や医療サービスの充実はもちろん、教育環境の整備や地域コミュニティの活性化も必要です。教育機関と地域が一緒となり、イベントや活動を行うことで移住者が地域に馴染みやすくなるでしょう。


これらにより、移住者が安心して新しい生活を始めることができ、地域に根付くことが期待されます。移住定住の促進は、地域の人口減少を食い止めるだけでなく、地域の活力を高めるためにも重要な取り組みです。自治体や企業、地域住民が一体となって、移住定住を支援する環境を整えることが求められます。



関係人口創出


関係人口の創出


関係人口とは、定住するわけではなく、定期的に訪れたり、地域の活動に参加したりする人々のことを指します。


関係人口を創出することで、地域の活性化や経済効果をもたらすだけでなく、将来的な移住定住の可能性も高めることができます。


まず、関係人口を増やすために、観光資源や文化、特産品などを効果的にPRし、都市部の人々に地域の魅力を情報発信することが重要です。

具体的には、やウェブサイトを活用した情報発信や、都市部での地域フェアの開催などが挙げられます。


次に、地域との関わりを深めるための農業体験や伝統工芸のワークショップ、地域のお祭りへ参加してもらい、地域の生活や文化を体験できる機会を提供することで、地域に対する愛着や興味が深まり、定期的に訪れる動機づけとなり関係人口を増やすことができます。


関係人口の創出は、地域の活力を高めるための重要な取り組みです。地域の魅力を発信し、都市部の人々との交流を深めることで、関係人口を増やし、地域の未来を支える力となることが期待されます。



魅力的な仕事を増やす・リモートワーク


リモートワーク

リモートワークの普及が進む現代において、地方での働き方の多様化が注目されています。リモートワークは、都市部に住む人々が地方に移住する動機づけとなり、地域経済の活性化にも繋がります。


まず、リモートワークの導入により、地方に住みながら都市部の企業で働くことが可能になります。これにより、地方に移住してもキャリアを継続できる環境が整い、若者や働き盛りの世代が地方に移住しやすくなります。


IT企業やクリエイティブ業界など、リモートワークが適している職種では、地方での生活を選択する人々が増えています。


次に、地方自治体や企業がリモートワークを支援するためのインフラ整備も重要です。高速インターネットの整備や、コワーキングスペースの提供など、働きやすい環境を整えることで、リモートワーカーが地方で快適に働けるようになります。


リモートワークに適した住居の提供や、移住者向けの補助金制度を充実させることで、リモートワーカーが地方での生活をスムーズに始められるようになります。魅力的な仕事を増やし、リモートワークを推進することは、地方創生の重要な鍵となります。


地方での働き方の多様化を進めることで、地域の活力を高め、持続可能な発展を実現することが期待されます。



地方創生×観光の事例


地方創生と観光を組み合わせた成功事例は全国各地に存在します。これらの事例は、地域の特性や資源を活かし、観光を通じて地域経済を活性化させる取り組みとして注目されています。


以下に、具体的な事例をいくつか紹介します。



地方創生×観光の事例①:白馬村(長野県)


白馬村
画像出典:白馬村

白馬村は、1998年の長野オリンピックで世界的に知られるようになりましたが、その後は観光客の減少が課題となっていました。


主な取り組みとして、スキーリゾートの再整備・改善し、国際的なスキーイベントの開催や、海外からの観光客をターゲットにしたプロモーションを強化しました。スキーシーズンに加え、夏にはハイキングやマウンテンバイク、秋には紅葉狩り、春には花見など、四季を通じて楽しめる観光資源の開発を進めました。


他には、地元の農産物や工芸品ブランディングや、インバウンド観光客の誘致を強化しました。英語や他の言語での情報発信、海外の旅行会社との連携、国際的な観光プロモーションを積極的に行い海外からの観光規約の誘致も成功しています。


これらの取り組みにより、白馬村は観光客数の増加を実現し、地域の雇用機会が増加・若者の定住促進にもつながりました。




地方創生×観光の事例②:大分県別府市


別府市
画像出典:別府たび


次に紹介するのは、大分県別府市です。別府市は、古くから温泉地として知られていましたが、観光客の減少や人口減少が課題となっていました。


この対策として、別府市内の温泉を巡る「別府八湯温泉道」を整備し、観光客に温泉巡りの楽しめる「温泉プロジェクト」を発足。国内外の観光客の誘致に成功しました。


主な取り組みとして、温泉祭りや花火大会などのイベントを定期的に開催したり、高級旅館からリーズナブルな宿泊施設まで、多様なニーズに応える宿泊施設の整備を進めました。


これらの取り組みにより、別府市は観光客数の大幅な増加を実現し、地域経済の活性化に成功しました。温泉を中心とした観光資源の魅力を最大限に活用することで、地域全体の活性化へ繋がりました。




地方創生×観光の事例③:石川県金沢市


金沢市
画像出典:金沢旅物語

最後に紹介するのは、石川県金沢市です。


金沢市は、歴史と文化の街として知られていましたが、観光資源の活用が十分ではなく、観光客数が伸び悩んでいました。


これらを解決するための方法に交通インフラの改善が挙げられます。北陸新幹線の開通により、首都圏からのアクセスが飛躍的に向上され、元々の観光資産であった、金沢城や兼六園・ひがし茶屋街などの伝統的な町並みを、気軽に訪れることが可能となりました。


これらの取り組みにより、金沢市は観光客数の増加に成功し地域経済の活性化に加え、文化や歴史を活かした持続可能な観光地としての地位を確立しました。


これらの事例は、地域の特性や資源を活用し、観光を通じて地域創生を成功させるための具体的なアプローチとして、他の自治体にも参考になるでしょう。




地方創生×観光の未来


これからの地方創生において、観光は単なる経済活動の一環ではなく、地域社会全体の活性化を促進する重要な要素となるでしょう。具体的にはどうなるか考えてみます。



今後起こりうるシナリオ


地方創生×観光の未来

今後、地方創生と観光の分野で起こりうるシナリオとして、まず考えられるのは「デジタル技術の活用」です。


観光地の魅力を効果的に発信するために、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を活用したバーチャルツアーが増加することで、遠方に住む人々も気軽に地域の魅力を体験できるようになります。


また、環境に配慮したエコツーリズムや、地域の文化や伝統を尊重することを忘れてはいけません。観光客と地域住民の思いのバランスが取れたPRをしていくことで、双方にとって価値のある体験が実現できます。これにより、地域の特産品や伝統工芸品を活用した観光プログラムの開発も期待されます。


地域の環境を守りながらも、現代の技術を使い都市部にアピールをすることは地方創生と観光の未来をより明るいものにするための一歩となります。



これから私たちに求められること


求められること


地方創生と観光の未来を実現するためには、私たち一人ひとりの意識と行動が重要です。


まず、地域の魅力を再発見し、積極的に情報を発信することが求められます。SNSやブログを活用して、自分が訪れた場所の魅力をシェアすることで、多くの人々にその地域の良さを伝えることができます。


また、地域のイベントやボランティア活動に参加することも大切です。地域の人々と交流し、地元の文化や伝統を理解することで、より深い観光体験が得られるだけでなく、地域の活性化にも貢献できます。


環境に配慮した行動を心がけることを忘れてはいけません。地元のエコツーリズムやサステナブルな観光プログラムに参加することで、地域の自然環境を守りながら観光を楽しむことができます。


最後に、セミナーやワークショップに参加し、最新の情報や成功事例を学ぶことによって地方創生に関する知識を深めることも重要です。学ぶことで、自分自身の行動に反映させることができます。これからの地方創生と観光の未来を支えるために、私たち一人ひとりができることを考え、実践していきましょう。



まとめ


地域創生と観光の融合とは

地方創生と観光の融合は、地域の活性化と持続可能な発展を目指す上で非常に重要な取り組みです。


本記事では、地方創生と観光の関係性や現状、直面する課題、具体的な解決策、そして成功事例を通じて、その未来の展望について詳しく解説しました。


観光を通じて地域の魅力を発信し、移住定住の促進や関係人口の創出、魅力的な仕事の提供など、多岐にわたるアプローチが求められます。


地方創生と観光の未来を共に築くために、私たちができることを考え、実践していきましょう。地域の魅力を最大限に引き出し、持続可能な発展を目指すことで、地方創生の成功に近づいていけるのです。



地方でお困りの事業者さんへ


もし私ができることがあればHONEまでお気軽にご相談ください。X DMでも、HPのお問合せフォームからでも、ブランドを強くする方法を一緒に考えたいと思います。



以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 ※本記事は一部AIを活用して執筆しています。


【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page