top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生テレワークとは?事例・求人・交付金などをご紹介します


地方創生テレワークとは?事例・求人・交付金などをご紹介します


「これから地方創生テレワークを検討したい、実践・推進したい」と考える方に向け、地方創生テレワークの成功事例、求人情報、さらには交付金までを総合的にご紹介。

地方での新しい働き方を探している方はぜひご一読ください。





地方創生テレワークとはなにか?


地方創生テレワークとは、地方自治体が地域の活性化を目指して推進するテレワークのことです。


地方での人口減少や経済の停滞に対抗するために、都市部に住む人々に地方で働く選択肢を提供し、地方の魅力を再発見してもらうことを目的としています。テレワークにより、通勤時間が不要になるため、仕事と生活のバランスが取りやすくなりますし、地方の自然や文化を生活の一部として享受することが可能です。


また、地方創生テレワークを通じて、地域固有の産業や文化が新たな価値を生み出すことも期待されています。



地方創生テレワークとはなにか


地方創生テレワークの定義


地方創生テレワークの定義とは、地方自治体や企業が協力して、地方での働き方を再構築する取り組みです。具体的には、情報通信技術を活用して、地方に居ながら都市部の仕事を行うことができる働き方を指します。


この制度は、地方の生活環境を活かしつつ、都市部の仕事の機会を提供することで、地方の人口減少や高齢化問題に対処し、地域経済の活性化を図ることを目的としています。


地方創生テレワークは、単に在宅勤務を地方で行うというだけでなく、地方の特性を生かした新しい価値創出や、地域社会との連携を重視した働き方の提案でもあります。



必要とされている背景


地方創生テレワークが必要とされている背景には、複数の社会的・経済的要因があります。まず、地方の人口減少が深刻な問題となっています。若者が大都市へと流出し、地方では高齢化が進むことで、地域の活力が失われつつあります。


これに対し、テレワークを通じて新たな働き方を創出することで、若者を含む多様な人々が地方で生活しやすい環境を整えることが可能です。


また、地方創生テレワークは、大都市圏の過密問題を緩和する効果も期待されています。多くの企業がテレワークを導入することで、通勤によるストレスの軽減や、生活の質の向上が見込まれ、結果として労働生産性の向上にも寄与すると考えられます。


さらに、地方創生テレワークは地域の特色を生かした産業の振興にもつながります。例えば、地方特有の産業や文化を活かしたビジネスモデルが展開可能となり、地域固有の価値を全国、あるいは世界に発信することができるようになります。


これにより、地方の魅力が再発見され、新たな観光資源や投資の機会が生まれることでしょう。


これらの背景から、地方創生テレワークは単なる働き方の多様化を超え、地方の持続可能な発展と都市部の問題解決の両方に寄与する重要な戦略として注目されています。



地方創生テレワークが注目されている理由


地方創生テレワークが注目されている理由の一つとして、働く場所や時間帯の自由が挙げられます。テレワークにより、従業員は自宅や地方のコワーキングスペースなど、自分にとって最適な場所で仕事ができるようになります。


これにより、生活と仕事のバランスが取りやすくなり、仕事の効率も向上することが期待されます。また、子育てや介護がしやすい環境も、テレワークの大きな利点です。


家庭と仕事の両立が求められる現代において、自宅で仕事をすることで、家族のニーズに応じた柔軟な対応が可能となります。特に女性の労働参加率向上にも寄与します。


さらに、地方創生テレワークは地域貢献の面でも大きなメリットを持っています。

地方に住みながら都市部の企業で働くことができれば、地方の経済活動を活性化させることにもつながります。


地元の産業や文化を活かした新たなビジネスの創出が期待され、地域全体の魅力が向上することで、新たな移住者を惹きつける効果も期待できます。


地方創生テレワークが注目されている理由


働く場所や時間帯の自由


働く場所や時間帯の自由がテレワークの最大の魅力の一つです。


従業員はオフィスに縛られることなく、自宅や地方のカフェ、コワーキングスペースなど、自分にとって最適な環境で仕事をすることが可能になります。これにより、通勤時間が削減され、その分個人の自由な時間が増えるため、ワークライフバランスの改善が見込まれます。


また、自分の生活リズムに合わせて仕事のスケジュールを調整できるため、朝型人間も夜型人間もそれぞれの生産性の高い時間帯を活用することができます。このような柔軟性が、仕事の効率を向上させるだけでなく、ストレスの軽減にもつながります。



子育てや介護がしやすい


子育てや介護がしやすい環境を提供することも、地方創生テレワークの大きな利点です。


従来のオフィス勤務では、子どもの送迎や家族の病院への付き添いなど、難しい場合がありました。しかし、テレワークを導入することで、家庭と仕事の両方に対応する時間の調整がしやすくなります。


例えば、子どもが学校から帰ってくる時間に合わせて仕事のスケジュールを設定することが可能になり、効率的に仕事を進めることができます。また、高齢の親の介護が必要な場合も、在宅で仕事をしながら介護を行うことができるため、家族を支えることが容易になります。


このように、テレワークは家庭生活と仕事のバランスを取りながら、ライフスタイルを確立していくことができるようになります。



地域貢献ができる


地域貢献ができることも、地方創生テレワークの魅力の一つです。テレワークにより、地方に住みながらも都市部の企業で働くことが可能になります。


これにより、地方の人口減少を抑え、地域経済を活性化することが期待されています。また、地方での生活を選ぶことで、地元の商品やサービスを利用する機会が増え、地域の事業者を支援することにもつながります。


さらに、地方に新たなアイデアや技術をもたらすことで、地域固有の課題解決に貢献することも可能です。地方創生テレワークは、単に働き方を変えるだけでなく、地域社会全体に対してもポジティブな影響を与えることができるのです。



地方創生テレワークのメリット・デメリットとは? 


新しい働き方が注目される中、メリット・デメリットを理解しておくことが重要です。


メリットとしては、通勤時間の削減による生活の質の向上、地方でも多様な仕事に挑戦できること、そして地域社会への貢献が挙げられます。


一方で、デメリットとしては、コミュニケーションの難しさや孤立感、地方のインフラ整備の遅れが影響する場合があります。


これらを踏まえ、地方創生テレワークを推進する際には、メリットを最大限に活かしつつ、デメリットを解消するための支援策が必要となります。


地方創生テレワークのメリットデメリット


メリット


通勤時間がなくなることで、一日の始まりがより柔軟になり、生活の質が向上します。また、地方に住みながら都市部の企業で働くことが可能になるため、職業選択の幅が広がります。


さらに、地元での仕事に就くことで、地域経済の活性化にも寄与することができます。

これにより、地方の魅力が増し、人口流出の防止にも繋がるでしょう。地方創生テレワークは、これらのメリットを通じて、より豊かな地方生活を実現する手段となり得ます。



デメリット


地方創生テレワークにはいくつかの課題も存在します。


一つは、インターネット環境の格差です。地方によっては高速インターネットの接続が不安定であったり、そもそも利用できない場所もあります。


これにより、テレワークの効率が大きく低下する可能性があります。


また、仕事とプライベートの境界が曖昧になりがちで、仕事のストレスが家庭に持ち込まれやすくなることも考えられます。


さらに、チームでのコミュニケーションが難しくなることもあり、プロジェクトの進行に影響を与えることがあります。これらのデメリットを理解し、対策を講じることが、地方創生テレワークを成功させる鍵となります。



地方創生テレワークの事例


地方創生テレワークは、地域の経済活性化や住民の生活向上を目指す取り組みとして注目を集めています。


テレワークの導入により、地元の特産品や資源を活用しながら、外部の専門知識や技術を取り入れることが可能となり、多様な地域課題の解決に繋がっています。


以下に紹介する三つの事例は、それぞれの地域が独自の資源や特性を活かし、テレワークを通じて成功を収めた例です。



地方創生テレワークの事例

事例①:「サテライトオフィス北見」を開設 北海道北見市


一つ目の事例は、北海道北見市で始まったプロジェクトです。


北見市は、人口約11万人を有する道東の中核都市です。

近年、都市圏の金融機関や企業の支店や出張所が撤退する中、地方創生テレワークを積極的に推進しています。


地震発生確率が全国最少地域である安全性と、女満別空港への良好なアクセスが、都市圏からの移住者や企業誘致を支えています。2017年に開設された「サテライトオフィス北見」は、地方創生テレワークの象徴的な取り組みの一つです。


北見工業大学という国立大学があり、理系人材が豊富なこともテレワーク推進に有利に働いています。市はICTインフラの整備やテレワーク環境の提供を進め、地元住民と企業のテレワーク利用をサポートしています。




事例②:「地方創生の聖地」 徳島県神山町


次に紹介する事例は、「地方創生の聖地」として知られる徳島県神山町の事例です。


神山町は、過疎化が進む中、町は地方創生の一環として古民家を改修し、ガラス張りのおしゃれなサテライトオフィスを設置しました。この取り組みは、IT企業やクリエイターを引き付け、リモートワークの拠点として人気を博しています。


これにより、若者や企業の移住が進み、地域経済の活性化が図られました。


神山町の成功は、地方創生とテレワークの融合による新しい地域づくりのモデルケースとして注目されています。




事例③:別府でワーケーション 株式会社ジョイゾー


三つ目の事例は、株式会社ジョイゾーの事例です。


ジョイゾーでは、地方創生テレワークという働き方を以前から実施しており、大分県別府市でのワーケーションを通じて新たな取り組みを行いました。このプログラムでは、遠方同士の社員が3年間会っていないという状況を解消し、オンラインだけでは不足する交流を補うために企画されました。


社員からは「オンラインではものたりない」との声が上がっており、実際に会ってチームビルディングを強化することが目的でした。


別府市の温泉や観光スポットを活用し、リラックスしながらも生産的な環境を提供しました。社員同士の絆を深め、地域経済の活性化にも貢献しています。




地方創生テレワークの求人


地方創生テレワークは、都市部の企業で働きながら地方で生活する新しい働き方を指しています。


これにより、地方の過疎化対策や地域経済の活性化が図られるとともに、個々のワークライフバランスの向上が期待されています。


ここでは、地方創生テレワークの求人の探し方について解説します。



地方創生テレワーク求人の探し方


求人①:専門の求人サイトを利用


「ふるさとテレワーク」は、地方創生に関連したテレワーク求人を専門に扱うサイトです。


このサイトでは、地方でのテレワーク求人情報を多数掲載しており、地方への移住や二拠点生活を希望する人々にとって貴重な情報源となっています。


各地域ごとの求人情報が詳細に分かれており、希望する地域でのテレワーク先を見つけやすくなっています。


「JOB転職エージェント」は、地方創生に関心のある求職者向けに特化した求人情報を提供しています。


地方で働きたい人向けの特集や、移住支援を行う企業の求人が多く掲載されており、地方でのキャリアを検討している人には最適なサイトです。




求人②:大手求人サイトのフィルタリング機能を活用


Indeedでは、「地方創生」や「テレワーク」、「リモートワーク」などのキーワードを入力し、勤務地を指定することで、該当する求人を簡単に見つけることができます。


例えば、「テレワーク 北海道」などの具体的な地域名とともに検索することで、希望する地域でのテレワーク求人情報を効率的に探せます。


リクナビNEXTも同様に、「テレワーク可」や「地方創生プロジェクト」といった条件で検索が可能です。


このサイトでは、企業の詳細な情報や求人の具体的な内容が記載されているため、応募前に企業文化や業務内容を深く理解することができます。



求人③:地方自治体の公式サイトやSNSをチェック


多くの地方自治体は、自らテレワーク求人情報を発信しています。


特に移住促進や地方創生に関するページには、地域の企業や自治体が募集するテレワーク求人が掲載されていることが多いです。公式サイトでは、地域特有の生活情報や支援制度についても知ることができ、移住後の生活を具体的にイメージしやすくなります。


自治体のFacebook、X、InstagramなどのSNSアカウントでも求人情報が発信されています。


これらのSNSアカウントをフォローすることで、最新の求人情報やイベント情報をリアルタイムで受け取ることができます。特に、SNS上では自治体の担当者と直接コミュニケーションを取ることもでき、疑問点をすぐに解消できる利点があります。



地方創生テレワーク交付金の活用


地方創生テレワーク交付金は、地方自治体や企業がテレワーク環境を整備し、地方での働き方を促進するために利用されます。テレワークに必要な設備の導入費用や、テレワークを実施するための研修費用などが対象となります。


また、地方創生テレワーク交付金の活用により、地方での雇用創出や地域経済の活性化が期待されています。


例えば、地方の中小企業がテレワークを導入することで、都市部からの人材を引き寄せることができ、地域の人口減少問題の解決にも寄与します。このように地方創生テレワーク交付金を上手に活用することで、地方での新しい働き方を実現し、地域社会の発展に貢献することが可能となります。



地方創生テレワーク交付金の活用


地方創生テレワーク交付金概要


地方創生テレワーク交付金は、地方でのテレワークを推進するために設けられた政府の支援制度です。


地方自治体や企業がテレワーク環境を整備し、地方での働き方を促進するための資金を提供します。具体的には、テレワーク専用のオフィススペースの設置や、通信インフラの整備、テレワークに必要な機器の購入などに利用されます。


交付金の目的は、都市部への人口集中を緩和し、地方の活性化を図ることです。


地方創生テレワーク交付金は、地方自治体と企業が連携してプロジェクトを進める際の重要な資金源となり、地方での新しい働き方を実現するための大きな助けとなります。



地方創生テレワーク交付金の創設背景


創設背景には、いくつかの要因があります。まず、都市部への人口集中が進む中で、地方の過疎化や高齢化が深刻な問題となっていることが挙げられます。


地方の経済やコミュニティが衰退し、地域の活力が失われつつあります。


このような状況を打破するために、地方での雇用機会を増やし、若者や働き盛りの世代が地方に定住することを促進する必要があります。


また、テレワークの普及が進む中で、働く場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が求められるようになりました。特に、コロナ禍を境に、よりリモートワークが急速に普及したことが、地方創生テレワークの重要性を一層高めました。


これにより、地方でも都市部と同じように働ける環境を整備することが急務となり、政府は地方創生テレワーク交付金を創設するに至りました。


さらに、地方自治体や企業が連携して地域の課題を解決し、持続可能な地域社会を築くための支援が求められています。地方創生テレワーク交付金は、こうした背景を踏まえ、地方でのテレワーク環境の整備を支援し、地域の活性化を図るための施策として位置づけられています。



まとめ 


地方創生テレワークは、地方での新しい働き方として注目されています。


この働き方は、場所や時間に縛られずに仕事をすることが可能で、子育てや介護との両立がしやすいというメリットがあります。


また、地域貢献もできるため、地方の活性化にも寄与しています。


しかし、通信環境や仕事の管理方法に課題も残るため、それらを解決するための支援が必要です。地方創生テレワークを推進することで、多くの人々が地方で豊かな生活を送ることができるようになるでしょう。



HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生テレワークとは?事例・求人・交付金などをご紹介します」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。

※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】


株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page