top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生を行う会社で働くには?まちづくりの魅力や地方で活躍するためのプロセスを紹介

更新日:6月25日


地方創生を行う会社で働くには?

地方創生を行う会社で働くことは、地域の未来を創造する重要な役割を担います。

本記事では、地方創生に取り組む会社での働き方や、まちづくりの魅力、地方で活躍するためのプロセスについて詳しく紹介します。


地方での新しいキャリアを考えている方々にとって、どのような機会があるのかを解説し、地方創生の実現に向けた一歩をサポートします。


目次


地方創生とは?


地域創生

地方創生とは、地域の活性化を目的とした一連の取り組みを指します。


具体的には、人口減少や経済停滞に直面している地方自治体が、地域資源を活用し、持続可能な発展を目指すプロジェクトや政策を展開することです。


地方創生は、地域の魅力を再発見し、外部からの人材や資本を呼び込むことで、地域経済の再生や住民の生活の質向上を図ることを目指しています。地域の特性やニーズに応じた多様なアプローチが求められるため、地方創生は非常に複雑でありながらもやりがいのある分野です。



地方創生の定義



地方創生の定義


地方創生の定義には、地域の経済振興だけでなく、教育、福祉、環境保護など多岐にわたる分野での改善が含まれます。これにより、地域住民の生活の質を向上させることが期待されます。地方創生は、地域ごとの特性やニーズに応じた多様なアプローチが求められるため、非常に複雑でありながらもやりがいのある分野です。



地域創生が必要な背景


地域創生が必要な背景として第一に、人口減少と高齢化が挙げられます。多くの地方では、若年層の都市部への流出が続き、地域の人口が減少しています。これにより、地域の経済活動が停滞し、公共サービスの維持が困難になるなどの問題が発生しています。


次に、経済の停滞も大きな課題です。地方の産業構造は、農業や漁業、林業といった一次産業に依存していることが多く、これらの産業が衰退すると地域全体の経済が影響を受けます。さらに、グローバル化や技術革新の進展により、地方の中小企業が競争力を失い、経済的な活力が低下しています。


最後に、地域コミュニティの衰退も見逃せません。人口減少や経済停滞により、地域のコミュニティが弱体化し、住民同士のつながりが希薄になっています。地域創生は、強いコミュニティを再構築し、住民が協力して地域の課題に取り組むための基盤を作ることを目指しています。



地方創生に関わる仕事の業種


地方創生に関わる仕事は幅広く存在します。それぞれの地域の特性や資源を活かし、さまざまな業種で地域の発展に貢献することが求められます。具体的にどのような職業があるか、代表的な業種をいくつか紹介します。


これらの業種は、それぞれが地域の特性を活かし、持続可能な発展を目指すために重要な役割を果たしています。



農業・漁業・林業


地方の一次産業である農業、漁業、林業は、地域の経済基盤を支える重要な業種です。


これらの産業は、地域の自然資源を活用し、発展させていくことが求められます。新しい技術や経営手法を導入することで、これらの産業の競争力を高めることが可能です。


農業では、地元の特産品を生産し、地域ブランドを確立することが重要です。例えば、有機農業や地産地消の取り組みを通じて、地域の農産物の付加価値を高めることができます。また、農業体験や観光農園などの新しいビジネスモデルも注目されています。


漁業においては、持続可能な漁業資源の管理が求められます。地元の漁業協同組合と連携し、地域の魚介類をブランド化することで、付加価値を高めることができます。また、漁業体験や海産物の直販など、観光と結びつけた取り組みも効果的です。


林業では、自然環境の持続可能な管理が重要です。地域の木材を活用した製品開発や、森林セラピーなどの新しい取り組みが注目されています。


これらの一次産業は、自然環境と密接に関わりながら、地域の発展が大きく期待されています。新しい技術やビジネスモデルを導入することで、地域の競争力を高め、地方創生に貢献することができるでしょう。



観光業


観光業は、地方創生において非常に重要な役割を果たします。地域の魅力を発信し、観光客を呼び込むことで、地域経済の活性化を図ることができます。


地方の観光業は、地域の自然景観や文化、歴史を活かした観光資源を最大限に活用することが求められます。例えば、美しい自然景観を活かしたエコツーリズムや、地域の伝統文化を体験できるツアーなどが人気です。また、地元の特産品を活かしたグルメツーリズムも注目されています。


さらに、観光業は地域の雇用創出にも大きく貢献します。観光客の増加に伴い、宿泊施設や飲食店、観光施設での雇用が増え、地域の若者や移住者にとって新たな就業機会が生まれます。これにより、地域の人口減少問題の解決に繋がることが期待されます。


観光業を成功させるためには、地域全体での連携が必要となります。地元の自治体や観光協会、企業、住民が一体となって観光資源を磨き上げ、魅力的な観光プランを提供していきましょう。



IT・テクノロジー


デジタル技術の進展により、地方でも都市部と同じような情報アクセスやサービスを享受できるようになり、地域の活性化に大きく貢献しています。


まず、IT・テクノロジーを活用することで、地域の産業やサービスの効率化が予想されます。例えば、農業分野ではスマート農業技術が導入され、ドローンやセンサーを使って作物の生育状況をリアルタイムで監視できるようになりました。

これにより、収穫量の最適化や労働力の削減が実現し、農業の生産性が向上します。


また、観光業においてもIT技術は大きな力を発揮します。地域の観光資源をデジタル化し、オンラインでの情報発信や予約システムを導入することで、観光客が利用しやすくなります。

さらに、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を活用した観光体験の提供により、地域の魅力をより効果的に伝えることができます。




地方創生を仕事にするメリット


仕事にするメリットとは


地域創生を仕事にする人は、主に地域社会に対して強い関心と情熱を持ち、地域の課題を解決したいと考える人々です。


人口減少や過疎化といった地方の問題に対して真剣に取り組み、地域の発展に貢献したいという強い意志を持っています。


地域創生の仕事のメリットは、地域の問題を解決したり、新しいビジネスや観光事業が発展し、地域全体の活気が取り戻されることで、他にないやりがいを感じることができます。


また、地域社会との強い連携を通じて、仕事を通じて地域の一員としての誇りと責任感を感じることができます。さらに、地域創生に携わることで、地元の人々と深い絆を築き、豊かな人間関係を構築することができるでしょう。


その他、具体的にどのようなメリットがあるか詳しく紹介します。



社会に貢献できる


地方創生は、地域の活性化や持続可能な社会の実現を目指す取り組みであり、地域社会全体に良い影響を与えることができます。


また、地方創生の仕事は、地域の文化や伝統を守り、次世代に継承する役割も果たします。地域の特産品や観光資源を活用したプロジェクトを通じて、地域の魅力を発信し、外部からの関心を引き寄せることができます。これにより、地域のアイデンティティを強化し、住民の誇りを高めることができます。


さらに、地域の自然資源を活用しながらも、その保護を重視しながら環境に配慮したプロジェクトを行うことで、地域の未来を守ることができます。


このように、地方創生に関わる仕事は、地域社会に多大な貢献をもたらすだけでなく、自分自身のやりがいを感じることができる非常に意義深い仕事です。



多様な経験を積むことができる


地方創生のプロジェクトは、地域の特性やニーズに応じて多岐にわたるため、さまざまな分野での経験を積むことができます。


農業や漁業、観光業、IT・テクノロジーなど、異なる業種や分野でのプロジェクトに携わることで、幅広い知識とスキルを身につけることができます。また、地方創生の仕事は、地域の住民や企業、行政機関など、多くのステークホルダーと協力しながら進めることが求められます。このため、コミュニケーション能力や調整力、リーダーシップなど、さまざまなビジネススキルを実践的に磨くことができます。


特に、地域の課題を解決するためのプロジェクトマネジメントスキルは、他の仕事でも非常に役立つスキルとなります。


地方創生に関わる仕事は、多様な経験を積むことができるため、自分自身の成長やキャリアの幅を広げる絶好の機会となります。



強いコミュニティを形成できる


地方創生のプロジェクトは多くの場合、地域住民や地元企業との協力が不可欠です。


地方では、都市部に比べて人々のつながりが密接であり、地域全体が一つの家族のような雰囲気を持っています。共通の目標に向かって協力し合うことで、強固なコミュニティが形成されます。地域の課題を解決するために一丸となって取り組む経験は、他では得られない貴重なものです。


地方での仕事は、地域の文化や伝統を尊重しながら新しい価値を創造することが求められます。このプロセスを通じて、地域のアイデンティティを再確認し、住民同士の絆を深めることができます。


結果として、地域全体が活気づき、持続可能な発展が期待できるのです。強いコミュニティを形成することは、地方創生の成功に欠かせない要素であり、働く人々にとっても大きなやりがいとなります。




地方創生を仕事にするデメリット


デメリットとは

地方創生に関わる仕事には多くの魅力がありますが、一方でデメリットも存在します。

これらのデメリットを理解し、対策を講じることで、地方創生に関わる仕事をより充実させることができるでしょう。



移住のハードルが高い


地方創生に関わる仕事をするために、都市部から地方への移住が必要なケースがあります。


しかし、都市部の便利な生活に慣れている人にとって、地方の生活は不便に感じることがあるかもしれません。公共交通機関の本数が少ない、商業施設が限られているなど、日常生活における不便さを感じることが多いです。


次に、住居の問題があります。地方では賃貸物件の選択肢が少なく、希望する条件に合った住居を見つけるのが難しいことがあります。また、家賃が安い一方で、古い物件が多く、リフォームや修繕が必要な場合もあります。これらのハードルを乗り越えるためには、事前の情報収集や現地訪問が重要です。



コミュニティへの適応


地方のコミュニティは都市部に比べて密接であり、住民同士のつながりが強いことが特徴です。このため、新しく移住してきた人が地域社会に溶け込むためには、積極的なコミュニケーションと地域活動への参加が求められます。


まず、地域のイベントや集まりに参加することが大切です。祭りや地域の行事、ボランティア活動などに参加することで、地元の人々と交流する機会が増えます。これにより、地域の文化や習慣を理解しやすくなり、信頼関係を築くことができます。


また、地元の人々との日常的なコミュニケーションも重要です。挨拶やちょっとした会話を通じて、親しみやすさをアピールすることができます。特に、地方では顔見知りの関係が重視されるため、日常的なやり取りを大切にすることが求められます。


コミュニティへの適応は一朝一夕には成し得ませんが、地道な努力と誠意を持って取り組むことで、地域社会に受け入れられ、充実した地方生活を送ることができるでしょう。



キャリアの幅が狭まる可能性


都市部に比べて地方では、特定の業種や職種が限られていることが多く、キャリアパスが固定化されやすいです。例えば、地方で農業や観光業に従事する場合、その分野に特化したスキルや知識が求められるため、他の業種への転職が難しくなることがあります。


地方の企業は規模が小さいことが多く、昇進やキャリアアップの機会が限られていることも考えられます。都市部の大企業では、異動や転職を通じて多様な経験を積むことができる一方、地方ではそのような機会が少ないため、キャリアの選択肢が狭まるリスクがあります。


しかし、このデメリットを克服するためには、自分自身のスキルを多様化させる努力が重要です。地方での経験を活かして、地域特有の問題解決能力やリーダーシップを磨くことも、他の地域や業種でのキャリアに役立つでしょう。




地方創生に関わる仕事をするために必要な経験やスキル


地方創生に関わる仕事には、地域の特性を理解するリサーチ能力と、住民や企業、行政との円滑なコミュニケーション能力が必要です。


また、プロジェクトマネジメントやマーケティング、広報の知識や地域資源の活用を創造的に考える力、政策知識、行政手続きへの精通など、地方創生に携わる上で、多様なスキルが求められます。


地方創生のやりがいを感じながら、地域の未来を創造する一員として活躍するために、具体的にはどのようなスキルや経験が必要か紹介します。



コミュニケーションスキル


地方創生に関わる仕事をする上で、コミュニケーションスキルは欠かせない要素です。


まず、地域住民との信頼関係を築くことが重要です。地域の課題やニーズを正確に把握し、住民の声を反映させることで、プロジェクトの成功しやすくなります。


地方創生プロジェクトの多くは、行政の支援や企業の協力が不可欠となり、これらの関係者とコミュニケーションをとりながら共通の目標に向かって協力することで、プロジェクトの実現性が高まります。


さらに、異なるバックグラウンドを持つ人々とのコミュニケーション能力も求められます。地方創生には、都市部からの移住者や外国人観光客など、さまざまな人々との関わりがあります。異文化理解や多様性を尊重する姿勢を持ち、柔軟に対応することが求められます。


このように、コミュニケーションスキルは地方創生において非常に重要な役割を果たします。地域の未来を共に創り上げるために、積極的にコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことが成功の鍵となります。



プロジェクトマネジメントスキル


プロジェクトマネジメントスキルとは、計画の立案から実行、進捗管理、そして成果の評価まで、一連のプロジェクトを効果的に管理する能力を指します。


まず、地方創生プロジェクトは多岐にわたるため計画の立案が重要です。地域の特性やニーズを踏まえた上で、現実的かつ達成可能な計画を策定します。


次に、リソースの適切な配分とチームの管理が求められます。限られた予算や人材を最大限に活用するためにリーダーシップと調整能力が必要です。また、予期せぬ問題や変更に柔軟に対応するためのリスク管理も重要な要素です。


進捗管理も欠かせません。プロジェクトの進行状況を定期的にチェックし、必要に応じて計画を修正することで、目標達成に向けた軌道修正が可能となります。


最後に、成果の評価とフィードバックをします。プロジェクト終了後には、成果を評価し、成功点や改善点を明確にすることで、次回以降のプロジェクトに活かすことで継続的な地方創生の実現が可能となります。



マーケティングスキル


地域の魅力を効果的に伝えるためには、ターゲットとなる顧客層を理解し、適切なプロモーション戦略を立てることが重要です。


例えば、地域の特産品を全国に広めるためには、SNSやウェブサイトを活用したデジタルマーケティングや、地域の観光資源を魅力的に見せるためのブランディングや広告キャンペーンなど、マーケティングの知識を活用して、地域の強みを最大限に引き出すことが求められます。


地方創生の現場では、限られたリソースを最大限に活用するための創意工夫が求められるため、マーケティングスキルを持つことで、効果的な資源配分やプロジェクトの成功に繋げることができるのです。



ローカルプレイヤーズ 第2期生募集中!


地域に貢献したい、役に立ちたいと思ったことはあるけれど、起業家になってチャレンジするには勇気が一歩足りない…。


そんな経験はありませんか?


私たちは、起業家「だけ」が地域を変えていく、そんな地域社会を変革したいと思っています。


実践的な地域プロデュースの方法を学び、起業する/しないにこだわらず地域を活性化できる、そんな地域プロデューサーを輩出する養成スクールを開校します。スクールを卒業した”地域プロデューサーたち”、すなわち”ローカルプレイヤーズ”が、それぞれの地域で活躍して、より地域が盛り上がる社会を実現します。


受講申込はこちらから(外部リンク)



ローカルプレイヤーズについて


受講風景
出典:ローカルプレイヤーズ

様々な課題を抱えている各地域社会。そんな地域を変えたい!と思ってみたものの、その方法が思いつかないという方は多くいらっしゃいます。


「まちおこしはしたいけど地方での起業はハードルが高い」「地方を盛り上げてみたいけど、自分にはそんなスキルがない」


そんな思いを抱いている方々をローカルヒーローにするために、このプロジェクトは発足いたしました。ローカルプレイヤーズ とは、地域の資源をつなぎ、プレイヤーをアサインし、事業として動かすことができる人材。そんな人材をブランディングする、オンラインスクール・コミュニティ事業です。



発起人:

きら星株式会社 代表取締役 

伊藤 綾 / Aya Ito


HONE Inc. 代表取締役

桜井 貴斗 / Takato Sakurai


カジュアル面談

▶︎桜井へのオンライン受講相談はこちら:https://pitta.me/matches/fYaBPhJZceoC(外部リンク)



まとめ


地方創生を行う会社で働くことは、地域社会に直接貢献する非常にやりがいのある仕事です。


地域の特性やニーズを理解し、住民や企業、行政と協力しながらプロジェクトを推進することが求められます。


多岐にわたるスキルと経験を駆使して、地域の発展と住民の生活向上に寄与することは、大きな責任であると同時に、社会的意義のある仕事です。


地方創生を行う会社で働くことは、地域の未来を創造し、社会に大きな影響を与える重要な役割があります。





HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。


プロフィール

【記事を書いた人】

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page