top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

【2024年版】地方創生/まちづくりに役立つおすすめの本とは?注目の書籍をご紹介!


【2024年版】地域創生/まちづくりに役立つおすすめの本とは?注目の書籍をご紹介!

地域創生・まちづくりに関する書籍を厳選してご紹介。


ビギナーから専門家まで必見の「まちづくりを加速させるため」のおすすめの本をピックアップしました。地方創生の新たなヒントを一緒に見つけていきましょう。


目次



そもそも地方創生とはなにか?


地方創生とは、地域の活性化を目的とした政策や取り組みを指します。日本では、少子高齢化や人口減少が進む中、地方の経済や社会の持続可能性が大きな課題となっています。

地方創生は、これらの問題に対処し、地域の魅力を引き出し、住民の生活の質を向上させることを目指しています。



地方創生のこれまで定義


地方創生の概念は、時代とともに進化してきました。


初期の取り組みは、主にインフラ整備や産業振興を中心としたものでしたが、近年では、地域の文化や自然資源を活用した観光振興や、地域コミュニティの強化、さらには移住・定住促進など、多岐にわたるアプローチが取られています。政府や自治体だけでなく、企業やNPO、地域住民が一体となって取り組むことが求められています。


地方創生は単なる経済政策にとどまらず、地域のアイデンティティを再発見し、持続可能な社会を築くための総合的な戦略です。これからの地方創生には、地域の特性を最大限に活かし、創造的なアイデアと実行力が求められます。



必要とされている背景


地方創生が求められる背景には、いくつかの重要な要因があります。


まず第一に、少子高齢化と人口減少が挙げられます。特に地方では、若者の都市部への流出が顕著であり、地域社会の維持が困難になっています。地域経済の衰退や公共サービスの維持が難しくなり、地域の活力が失われつつあります。


次に、経済のグローバル化と都市集中化が進む中で、地方の経済基盤が脆弱化している点も見逃せません。多くの地方都市では、主要産業の衰退や雇用機会の減少が深刻な問題となっています。地域資源を活用した新たな産業の創出や、地域特有の魅力を活かした観光振興が求められています。


さらに、環境問題や災害リスクの増大も地方創生の重要な背景です。地域の自然環境を保全しつつ、持続可能な発展を目指すことが求められています。再生可能エネルギーの導入や、地域の防災力強化などが含まれます。


これらの背景を踏まえ、地方創生は単なる経済振興策にとどまらず、地域社会全体の持続可能性を高めるための包括的な取り組みとして位置づけられています。



提唱されている新しい定義


地方創生の新しい定義は、従来の経済振興や人口増加を目指すだけでなく、地域の持続可能性と住民の幸福度を重視する方向へとシフトしています。


具体的には、地域資源の有効活用やコミュニティの強化、そして環境保全といった多角的な視点からのアプローチが求められています。


地域資源の有効活用については、地元の特産品や観光資源を活かした地域ブランドの確立が重要です。地域の魅力を外部に発信し、観光客や移住者を呼び込むことが期待されます。また、地元企業や農業の振興を通じて、地域経済の活性化を図ることも重要です。


次に、コミュニティの強化については、住民同士のつながりを深める取り組みが注目されています。例えば、地域イベントやワークショップを通じて、住民が互いに協力し合う環境を整えることが求められます。地域社会の一体感が高まり、住民の生活満足度が向上します。


最後に、環境保全の観点からは、再生可能エネルギーの導入やエコツーリズムの推進が挙げられます。地域の自然環境を守りながら、持続可能な発展を目指すことで、次世代に豊かな地域を引き継ぐことができます。


このように、地方創生の新しい定義は、経済的な発展だけでなく、社会的・環境的な側面も含めた総合的なアプローチを重視しています。地域が持続的に発展し、住民が豊かに暮らせる社会を目指すことが求められています。


地方創生の定義とは?


地方創生が注目されている理由 


地方創生が注目される背景には、いくつかの重要な要因があります。

具体的には、「人口減少の進行」「オーバーツーリズムによる地方分散」「ふるさと納税の盛り上がり」が挙げられます。


これらの要因は、地域社会の持続可能な発展を目指す上で避けて通れない課題です。

詳しく見ていきましょう。



人口減少の進行


日本全国で進行する人口減少は、地方創生の大きな課題の一つです。


特に地方では、若者の都市部への流出が顕著であり、地域の高齢化が進んでいます。

その結果、地域の労働力不足や経済活動の停滞が深刻化しています。地方創生は、こうした人口減少問題に対処し、地域の活力を取り戻すための重要な施策です。



オーバーツーリズムによる地方分散


近年、観光地におけるオーバーツーリズムが問題視されています。

特に人気の観光地では、観光客の過剰な集中により、地元住民の生活環境が悪化し、観光資源の劣化が進むケースが増えています。こうした状況を改善するために、観光客を地方へ分散させる取り組みが注目されています。


地方分散のメリットは、観光地の負担軽減だけでなく、地方経済の活性化にも寄与することです。観光客が地方を訪れることで、地域の宿泊施設や飲食店、観光スポットが賑わい、地元の雇用創出や経済効果が期待されます。また、観光客にとっても、混雑を避けてゆったりとした旅行を楽しむことができるという利点があります。


さらに、地方にはまだ知られていない魅力的な観光資源が多く存在します。

これらを発掘し、効果的にプロモーションすることで、新たな観光ルートを開拓し、地域の魅力を発信することが可能です。


地方創生の一環として、オーバーツーリズムの解消と地方分散の推進は、今後ますます重要なテーマとなるでしょう。



ふるさと納税の盛り上がり


ふるさと納税は、地方創生の一環として注目されている制度の一つです。


ふるさと納税は、納税者が自分の住んでいる自治体以外の地域に寄付を行うことで、その地域の特産品やサービスを返礼品として受け取ることができる仕組みです。2008年に導入されて以来、ふるさと納税は年々その利用者数を増やし、地方経済の活性化に大きく寄与しています。


ふるさと納税が盛り上がる背景には、地方自治体が独自の魅力を発信し、寄付者に対して魅力的な返礼品を提供する努力が挙げられます。地域の特産品や工芸品、体験型のサービスなど、多様な返礼品が用意されており、これが寄付者の関心を引きつけています。また、寄付金の使途を明確に示すことで、寄付者が自分の寄付がどのように地域の発展に役立つかを理解しやすくなっています。


さらに、ふるさと納税は地方自治体にとっても重要な財源となっています。


寄付金は地域のインフラ整備や教育、福祉など、さまざまな分野で活用されており、地域の課題解決に直接的に貢献しています。特に、人口減少や高齢化が進む地方においては、ふるさと納税による財源確保が地域の持続可能な発展に欠かせない要素となっています。


このように、ふるさと納税は地方創生の重要なツールとして、その役割を果たしています。今後も、地域の魅力を発信し続けることで、さらなる盛り上がりが期待されます。


地方創生が注目されている理由



地方創生の主な課題とは? 


地方創生を進める上で、いくつかの重要な課題が存在します。

具体的には、「移住定住の促進」「関係人口創出」「魅力的な仕事を増やす」などの課題が挙げられます。


これらの課題を解決することで、地域の持続可能な発展が実現されるでしょう。

以下で細かくご説明します。



移住定住の促進


地方創生の一環として、移住定住の促進は極めて重要なテーマです。人口減少が進む中で、地方に新たな住民を呼び込むことは地域の活性化に直結します。移住定住の促進には、まず地域の魅力を発信することが欠かせません。


観光資源や自然環境、地域の文化や歴史など、他の地域にはない独自の魅力をアピールすることで、移住希望者の関心を引きつけることができます。


また、移住者が安心して新しい生活を始められるよう、住居や仕事の確保も重要です。

地方自治体や企業が協力して、移住者向けの住宅提供や就職支援を行う取り組みが増えています。


特に、リモートワークの普及により、都市部から地方への移住が現実的な選択肢となってきています。その結果、地方での新しいライフスタイルを提案することが可能となり、移住定住の促進に大きな効果をもたらしています。


さらに、地域住民との交流やコミュニティの形成も重要な要素です。

新しい住民が地域に溶け込みやすい環境を整えることで、移住後の定住率を高めることができます。地域イベントや交流会を通じて、移住者と地元住民が互いに理解し合い、協力し合う関係を築くことが求められます。



関係人口創出


地方創生において、関係人口の創出は重要なテーマとなっています。

関係人口とは、地域に定住するわけではないが、継続的に関わりを持ち、地域の活動や発展に寄与する人々を指します。観光客や一時的な訪問者とは異なり、地域との深い関係性を築くことを目的としています。


関係人口を増やすためには、まず地域の魅力を発信し、訪問者が地域に愛着を持つような体験を提供することが重要です。

例えば、地域の特産品を使ったワークショップや、地元の祭りやイベントへの参加など、訪問者が地域の文化や生活に触れる機会を増やすことが効果的です。


また、地域の課題解決に向けたプロジェクトに参加してもらうことで、訪問者が地域の一員としての役割を感じることができます。


さらに、デジタル技術を活用したオンラインコミュニティの形成も有効です。

SNSや専用アプリを通じて、地域の最新情報を発信し、関係人口とのコミュニケーションを継続することで、物理的な距離を超えて地域とのつながりを維持することができます。訪問者が再び地域を訪れる動機づけとなり、関係人口の増加につながります。


関係人口の創出は、地域の持続可能な発展に寄与するだけでなく、地域外からの新しい視点やアイデアを取り入れる機会ともなります。地域の活性化や新たなビジネスチャンスの創出が期待されます。



魅力的な仕事を増やす・リモートワーク


地方創生の成功には、地域に魅力的な仕事を増やすことが欠かせません。

特に、リモートワークの普及が進む現代において、地方での働き方の多様化が注目されています。

リモートワークは、都市部に住む人々が地方に移住する大きな動機となり得るため、地域の活性化に大きく寄与します。


まず、リモートワークの導入により、地域に新しい仕事の機会が生まれます。

企業がリモートワークを推進することで、地方在住者も都市部の企業で働くことが可能となり、地域の雇用機会が拡大します。その結果、地域の若者が地元に留まる選択肢が増え、人口流出の抑制にもつながります。


また、リモートワークは地域の多様な人材を引き寄せる手段ともなります。

都市部で培ったスキルや経験を持つ人々が地方に移住することで、地域の産業やサービスの質が向上し、新たなビジネスチャンスが生まれます。

例えば、IT企業やクリエイティブ産業など、場所を選ばずに働ける職種が増えることで、地域の経済が活性化します。


さらに、リモートワークの普及は、地域のインフラ整備にも寄与します。

高速インターネットの整備やコワーキングスペースの設置など、リモートワーク環境を整えることで、地域全体の利便性が向上します。結果として、地元住民だけでなく、外部からの移住者にとっても魅力的な環境が整います。


地方創生において、魅力的な仕事を増やし、リモートワークを推進することは、地域の持続可能な発展にとって重要な要素です。

地域の魅力を高め、多様な働き方を提供することで、地方の未来を明るくする一助となるでしょう。


地方創生の主な課題とは?



地方創生/まちづくりの本「6選」


地域創生やまちづくりに関心を持つ方々にとって、知識を深めるための書籍は欠かせません。


ここでは、特におすすめの6冊をご紹介します。書籍を通じて、地方創生やまちづくりに関する新たな視点やアイデアを得ることができるでしょう。


地方創生/まちづくりの本「6選」



日本一わかりやすい地方創生の教科書 ――全く新しい45の新手法&新常識(鈴木信吾 著)

画像出典:Amazon


【約1万人の関係者に関わった「地方創生のプロ」が、「地方創生」の最前線で行っている全ノウハウを初公開!】

★地方に雇用を生み出すポイントとは? 

★若者・女性に人気の企業を誘致するコツは?

★移住者&外国人観光客を増やす秘訣は?……etc.


【「これまでできなかったこと」が、デジタルを駆使することで可能になった!】

●数々の企業誘致に成功、日本屈指の移住希望県となった「静岡県」

●廃校を利用した「ヒロノット」で地域の活性化に成功した「岩手県洋野町」

●SNS活用でインバウンドが激増!「岐阜県白川村」

●外国人アンバサダーによる新たな魅力を発信「東京都墨田区」

●テレワーク講座で、眠っている人材を掘り起こし、雇用を促進「熊本県錦町」……etc.


【「いますぐ取り入れたい情報&ノウハウ」がとにかく満載!】

◎企業のサテライトオフィスを誘致するコツ&リモートワークで地方に仕事を創出するステップ

◎あなたのまちを劇的に変えるための「4つのチェックポイント」

◎DX・デジタル化支援、生成型AI、地方自治体での導入は?


など、最新情報が満載!

(Amazonより抜粋)




地方創生大全

画像出典:Amazon


日本一過激な請負人のノウハウを1冊に凝縮した、日本一まっとうなガイドブック。


地方が抱える問題を「ネタ」「モノ」「ヒト」「カネ」「組織」の5つに体系化。

28もの「問題の構造」を明らかにし、明日から取り組める具体的な「再生の方法」を提言する。


●●●ネタ:「何に取り組むか」を正しく決める●●●

【問題の構造】「ゆるキャラ」は、大の大人が税金でやることか?

【再生の方法】地元経済の「改善」に真正面から向き合おう


【問題の構造】「食えたもんじゃない」特産品が生まれる理由

【再生の方法】本当に売りたければ最初に「営業」しよう

  ほか


●●●モノ:使い倒して「儲け」を生み出す●●●

【問題の構造】「道の駅」が地方を衰退させるワケ

【再生の方法】民間が「市場」と向き合い、稼ごう


【問題の構造】「禁止だらけ」の公園が地域を荒廃させる

【再生の方法】公園は「地価上昇」のために使い倒そう

  ほか


●●●ヒト:「量」を補うより「効率」で勝負する●●●

【問題の構造】乱暴すぎる「移住促進」策

【再生の方法】「誰を呼ぶのか」を明確にしよう


【問題の構造】人口は増えても減っても問題が起きる

【再生の方法】人口増加策より「自治体経営」を見直そう

  ほか


●●●カネ:官民合わせた「地域全体」を黒字化する●●●

【問題の構造】補助金こそ「諸悪の根源」だと断言できる理由

【再生の方法】「稼いで投資し続ける」好循環をつくろう


【問題の構造】ふるさと納税は「来年、半減する」かもしれない

【再生の方法】税による安売り合戦をやめ、市場で戦おう

  ほか


●●●組織:「個の力」を最大限に高める●●●

【問題の構造】地方は「みんなで決める」から間違える

【再生の方法】無責任な100人より行動する1人の覚悟を重んじよう


【問題の構造】悪質な「名ばかりコンサル」が地方を食い物にしている

【再生の方法】自分たちで考え、行動する「自前主義」を貫こう

(Amazonより抜粋)




MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

画像出典:Amazon


2030年、世界で100兆円以上に達すると予測される

モビリティサービスの超有望市場「MaaS(Mobility as a Service、マース)」。


自動車メーカーだけではなく、鉄道やバス、タクシーといった公共交通、

シェアリングビジネス、配車サービスをも巻き込む

「『100年に一度』のゲームチェンジ」で生き残る秘策とは---。


交通サービス分野のパラダイムシフトにとどまらず、

MaaSで実現する近未来のまちづくり、エネルギー業界から不動産・住宅、保険、観光、

小売り・コンビニまで、MaaSの「先」にある全産業のビジネス変革を読み解く、

日本で初めての本格的なMaaS解説書!


本書のポイント

●MaaSの「本質」が分かる

●MaaSの「ビジネス・インパクト」が分かる

●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる

●MaaSによる「他産業のビジネスチャンス」が分かる

●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる


巻末には、「モビリティサービス」「MaaSプラットフォーム」「MaaSオペレーター」の

3階層で、MaaSに取り組む国内外の主要プレーヤー200社以上を網羅(今後の予想も含む)

した「MaaSカオスマップ 2019-20」を収録。

(Amazonより抜粋)



なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略 (PHP新書)

画像出典:Amazon


グローバルとローカルの経済圏を区別せずにその施策を考えていたため、格差問題が生じ、日本経済は停滞してしまっていた。


グローバル企業がいくら稼いでも、日本経済全体の占有率は3割にすぎない。雇用にいたっては、2割程度である。残り7割のローカル経済圏が復活してこそ、初めて成長軌道に乗ることができる。


内容例を挙げると、

「GとL」を理解すれば格差問題の実相も見えてくる 

日本のグローバルプレーヤーが長期的に後退してきた本当の理由 

大企業と中小企業ではなくグローバルとローカルで分ける 

ほとんどの産業がローカル経済圏のプレーヤー 

「コト」消費の時代の到来で「GもLも」戦略に追い風が吹き始めた等々そして、今、労働市場で人類史上発の巨大なパラダイムシフトが起きている、と著者は主張する。

GDPや企業の売上が緩やかに減少していく中で、極度の人手不足が起こっているのだ。日本経済復活へのシナリオを明らかにする一冊。

(Amazonより抜粋)




地域づくりのヒント 地域創生を進めるためのガイドブック

画像出典:Amazon


これからの地域創生のキーワードに注目してまとめた、実践的な地域づくりのガイドブック。筆者が実際に関わってきた様々な自治体の事例から、地域づくりを具体的に進めるためのヒントを提供する。

地域活性化に取り組みたい方や、地方自治体関係者、地域おこし協力隊員、地域プロジェクトマネージャーなどへの就任を希望する方に最適の一冊。

(Amazonより抜粋)



神山 地域再生の教科書

画像出典:Amazon


人口5000人に満たない、山あいの小さな町・徳島県神山町。

今、この小さな町に、日本中から人々が視察に訪れています。

過疎に苦しむ町に、次々と企業が集まり、移住者が引き寄せられていく————。


そしてついに、2023年春には新しい学校「神山まるごと高専」が誕生しました。

人口減や高齢化に苦しむ日本各地の町や村にとっては、まるで奇跡のような神山町の地域再生。

限界集落とシリコンバレー。その意外な共通点が、町をよみがえらせました。

(Amazonより抜粋)




まとめ


地域創生やまちづくりに関する書籍を通じて、私たちは多くの知識とインスピレーションを得ることができます。

今回ご紹介した書籍は、初心者から専門家まで幅広い層に向けて書かれており、それぞれが異なる視点やアプローチを提供しています。

これらの本を読むことで、地域の課題を深く理解し、具体的な解決策を見つける手助けとなるでしょう。


特に、実際の成功事例や具体的な手法が紹介されている書籍は、他の地域でも応用可能なヒントが満載です。

地域の特性を活かした取り組みや、住民の主体的な関わり方、外部からの支援の受け入れ方など、実践的な知識を得ることができます。


地域創生は一朝一夕で達成できるものではありませんが、継続的な努力と創意工夫が求められます。

今回ご紹介した書籍を参考にしながら、地域の未来を切り拓くための新たな視点とアイデアを得て、実際の取り組みに役立てていただければ幸いです。

地域の魅力を再発見し、持続可能な発展を目指して、一緒に歩んでいきましょう。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「【2024年版】地域創生/まちづくりに役立つおすすめの本とは?注目の書籍をご紹介!」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page