top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生はいつから始まったのか?その背景と取り組み事例を解説!


地方創生はいつから始まったのか?その背景と取り組み事例を解説!

地方創生は、人口減少や地域経済の停滞といった課題に対する政府の重要な政策です。


この記事では、地方創生がいつから始まったのか、その背景を振り返りながら、具体的な取り組み事例や成功例を紹介します。また、地方創生の目的や現在直面している課題についても詳しく解説し、地域活性化のためのヒントになれば幸いです。


目次



地方創生の始まり:その歴史と背景


地方創生は、日本政府が地域の活性化を目指して取り組んできた重要な政策の一つです。


地方創生の始まりは、2014年に安倍晋三内閣が「まち・ひと・しごと創生法」を制定したことから遡ります。「まち・ひと・しごと創生法」は、地方の人口減少や経済停滞といった深刻な問題に対処するための包括的な政策フレームワークを提供しました。


地方創生の背景には、戦後の高度経済成長期における都市集中型の経済発展がありました。

この時期、多くの若者が都市部に移住し、地方の人口は減少し続けました。その結果、地方の経済は停滞し、地域社会の活力が失われるという問題が顕在化しました。


地方創生政策の策定過程では、地域ごとの特性やニーズを考慮し、地域住民や自治体と連携して具体的な施策が計画されました。地域資源を活用した観光振興や農業の再生、ITを活用した新産業の創出など、多岐にわたる取り組みが進められています。


地方創生は単なる経済政策にとどまらず、地域社会全体の再生を目指す包括的なアプローチであり、その意義は非常に大きいと言えます。



地方創生元年とその意義


「まち・ひと・しごと創生法」

画像出典:首相官邸ホームぺージ


「まち・ひと・しごと創生法」は、地方の人口減少や経済停滞といった深刻な問題に対処するための包括的な政策フレームワークを提供し、地方自治体や地域住民との連携を強化することを目的としています。


地方創生の意義は、単に経済的な再生にとどまらず、地域社会全体の活力を取り戻すことにあります。都市部への人口集中が進む中で、地方の人口減少や高齢化が進行し、地域経済の停滞が顕著になっていました。


地方創生政策は、地域ごとの特性や資源を活かし、持続可能な地域社会を構築することを目指しています。


具体的には、地域資源を活用した観光振興や農業の再生、ITを活用した新産業の創出など、多岐にわたる取り組みが進められています。その結果、地域の雇用機会が増え、若者が地元に留まる環境が整備されつつあります。



地方創生政策の策定過程


地方創生政策の策定過程は、政府と地方自治体、そして地域住民との協働によって進められました。


まず、2014年に制定された「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、政府は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。「まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、地方の人口減少や経済停滞に対処するための具体的な目標と施策を示しています。


総合戦略の策定にあたっては、各地域の特性や課題を詳細に分析し、それぞれの地域に適した施策を導入することが重視されました。


例えば、観光資源が豊富な地域では観光振興策が、農業が主要産業である地域では農業の再生策が中心となるように、地域ごとのニーズに応じた戦略が立てられました。また、地方自治体は「地方版総合戦略」を策定し、地域の実情に即した具体的な取り組みを計画しました。その結果、地域ごとの独自性を尊重しつつ、全国的な政策と連携した効果的な地方創生が進められています。


さらに、地域住民の意見を取り入れるためのワークショップや意見交換会が各地で開催され、住民参加型の政策策定が行われました。


地方創生政策の策定過程は、政府、地方自治体、地域住民が一体となって進められ、地域の特性を最大限に活かした持続可能な地域社会の構築を目指しています。



地域経済の停滞と人口減少の影響


地方創生が必要とされる背景には、地域経済の停滞と人口減少という深刻な問題があります。特に地方では、若者の都市部への流出が続き、労働力の減少とともに地域経済が縮小しています。地元の商店や企業が閉鎖に追い込まれ、地域全体の活力が失われつつあります。


人口減少は、学校や病院、公共交通機関などの維持が困難になり、住民の生活環境が悪化することが懸念されています。特に高齢化が進む地域では、医療や介護サービスの需要が増加する一方で、それを支える人材が不足している状況です。


また、人口減少に伴う税収の減少も大きな課題です。地方自治体の財政が厳しくなることで、公共サービスの質が低下し、さらなる人口流出を招くという悪循環が生じています。

このような状況を打破するためには、地域経済の再生と人口減少の抑制が不可欠です。


地方創生政策は、これらの課題に対処するための包括的なアプローチを提供しています。

地域の特性を活かした経済活性化策や、住みやすい環境づくりを通じて、地域の魅力を高め、人口流出を防ぐことが目指されています。


地域経済の停滞と人口減少の影響



地方創生の具体的な取り組みと戦略


地方創生を実現するためには、地域ごとの特性や資源を最大限に活用した具体的な取り組みが必要です。以下では、いくつかの主要な戦略とその具体例を紹介します。


地方創生の具体的な取り組みと戦略

これらの取り組みを通じて、地方創生は地域の持続可能な発展を目指しています。

地域ごとの特性を活かしながら、住民が安心して暮らせる環境を整えることが、地方創生の成功の鍵となるでしょう。



地域資源を活用した経済活性化


地域資源とは、その地域特有の自然環境、文化、歴史、産業などを指し、これらを最大限に活かすことで地域経済の発展を目指します。


例えば、農業や漁業といった一次産業を強化する取り組みがあります。地元で生産される農産物や海産物をブランド化し、付加価値を高めることで、国内外の市場に販路を拡大することができます。その結果、地域の農家や漁師の収入が増加し、地域全体の経済が活性化します。


また、観光業も地域資源を活用した経済活性化の重要な要素です。地域の自然景観や歴史的建造物、伝統文化を観光資源として整備し、観光客を呼び込むことで地域経済を潤すことができます。観光客が増えることで、宿泊施設や飲食店、土産物店などの関連産業も活性化し、地域全体の経済効果が期待されます。


さらに、地域の特産品を活用した商品開発も効果的です。地元の素材を使った加工品や工芸品を開発し、地域ブランドとして販売することで、地域の知名度を高めるとともに、経済的な利益を生み出すことができます。


地域資源を活用した経済活性化は、地域の特性を最大限に活かし、持続可能な発展を目指すための重要な取り組みです。地域住民や企業、自治体が一体となって協力し、地域資源を効果的に活用することで、地方創生の成功に繋がるでしょう。



インフラ整備と生活環境の向上


インフラ整備とは、道路や橋、公共交通機関、上下水道、通信網などの基盤施設を整備・改善することを指します。地域住民の生活の質が向上し、地域の魅力が高まります。


例えば、交通インフラの整備は、地域間のアクセスを向上させるために不可欠です。新しい道路や鉄道の建設、既存の交通網の改修により、地域内外の移動が便利になり、観光客やビジネスの誘致が促進されます。


また、公共交通機関の充実は、高齢者や子育て世代など、車を利用しない住民にとっても重要な生活基盤となります。さらに、生活環境の向上も地方創生の重要な柱です。例えば、上下水道の整備やゴミ処理施設の改善により、衛生的で快適な生活環境が提供されます。


加えて、地域の公共施設や公園、文化施設の整備も生活環境の向上に寄与します。


これらの施設は、地域住民の交流の場となり、コミュニティの絆を強める役割を果たします。特に、子育て支援施設や高齢者向けの福祉施設の充実は、全世代が安心して暮らせる地域づくりに欠かせません。


インフラ整備と生活環境の向上は、地域の魅力を高め、住民の生活の質を向上させるための重要な取り組みです。地域の持続可能な発展が促進され、地方創生の成功に繋がるでしょう。



地域コミュニティの強化と協働


地方創生の成功には、地域コミュニティの強化と協働が欠かせません。地域コミュニティは、住民同士のつながりや協力を通じて、地域の課題を解決し、持続可能な発展を目指す重要な基盤です。地域コミュニティの強化と協働は、地域の魅力を高め、住民の生活の質を向上させるための鍵となります。


まず、地域コミュニティの強化には、住民同士の交流を促進する場や機会が必要です。例えば、地域イベントやワークショップ、ボランティア活動などを通じて、住民が互いに顔を合わせ、意見を交換することができます。地域の課題に対する共通の理解が深まり、協力して解決策を見つけることが可能になります。


また、地域コミュニティの協働には、行政や企業、NPOなどの多様な主体が連携することが重要です。例えば、行政が主導する地域振興プロジェクトに、地元企業やNPOが参加することで、より多角的な視点からのアプローチが可能になります。地域のニーズに即した効果的な施策が実現しやすくなります。


さらに、地域コミュニティの強化と協働は、地域のアイデンティティを育む上でも重要です。地域の歴史や文化、自然環境を尊重し、それを次世代に伝える活動を通じて、地域住民の誇りと愛着が育まれます。例えば、地域の伝統行事や祭りを継承する活動や、地域の自然環境を守るための取り組みが挙げられます。


地域コミュニティの強化と協働は、地方創生の重要な柱です。住民同士のつながりを深め、多様な主体が連携することで、地域の課題を解決し、持続可能な発展を実現することができます。地域コミュニティの力を最大限に引き出すことで、地方創生の成功に繋がるでしょう。




地方創生の成功事例から学ぶ


地方創生の成功事例は、地域再生の具体的な手法やアプローチを学ぶ上で非常に重要です。

成功事例を通じて、他の地域でも応用可能な戦略や施策を見つけることができます。


ここでは、いくつかの成功事例を紹介し、その要因と教訓を探ります。



地域再生の具体例


1.北海道「ニセコ町」

北海道「ニセコ町」

画像出典:北海道「ニセコ町」


北海道のニセコ町は、観光資源を最大限に活用した成功例として知られています。

ニセコ町は、豊かな自然環境とスキーリゾートを活かし、国内外から多くの観光客を引き寄せることに成功しました。

地元の宿泊施設や飲食店、アクティビティ提供者が一体となって観光客を迎え入れることで、地域経済の活性化に大きく寄与しています。


2.長野県「松本市」

長野県「松本市」

画像出典:新まつもと物語


長野県の松本市は、文化と芸術を活用した地域活性化の成功例です。

松本市は、音楽フェスティバルやアートイベントを定期的に開催し、地域の魅力を発信しています。

観光客だけでなく、若いアーティストやクリエイターが集まり、地域の新たな魅力を創出しています。


3.徳島県「神山町」

徳島県「神山町」

画像出典:神山町役場


徳島県の神山町は、IT企業の誘致による成功例です。

神山町は、過疎化が進む中で、IT企業のサテライトオフィスを積極的に誘致し、若者の定住を促進しました。

地域の雇用が創出され、若い世代が地域に根付くきっかけとなりました。


これらの成功事例から学べることは、地域の特性や資源を最大限に活用し、多様な主体が連携することの重要性です。地域ごとの強みを活かし、住民や企業、行政が一体となって取り組むことで、持続可能な地域づくりが実現します。成功事例を参考にしながら、他の地域でも独自の地方創生戦略を展開していくことが求められます。



成功の要因と教訓


地方創生の成功事例から得られる要因と教訓は、多くの地域にとって貴重な指針となります。


まず、成功の要因として挙げられるのは、地域の特性や資源を最大限に活用することです。

例えば、ニセコ町のように観光資源を活かした取り組みや、松本市のように文化と芸術を活用した地域活性化は、その地域ならではの強みを引き出しています。


次に、多様な主体の連携が重要です。

地域の住民、企業、行政が一体となって取り組むことで、より効果的な施策が実現します。


神山町のIT企業誘致の成功例では、行政の積極的な支援と企業の協力が相まって、若者の定住と雇用創出が実現しました。このような連携は、地域の持続可能な発展に不可欠です。


さらに、柔軟な発想と創造性も成功の鍵です。

地域ごとの課題やニーズに応じて、独自のアプローチを模索することが求められます。

例えば、松本市のアートイベントや音楽フェスティバルは、地域の魅力を新たに発信する手段として機能しています。


最後に、成功事例から学ぶ教訓として、持続可能な取り組みを目指すことが挙げられます。

短期的な成果だけでなく、長期的な視点で地域の発展を考えることが重要です。


地域の特性を活かしつつ、多様な主体が協力し、柔軟な発想で取り組むことで、地方創生の成功が実現します。他の地域もこれらの要因と教訓を参考にし、独自の戦略を展開していくことが求められます。


地方創生の成功事例から学ぶ



地方創生が直面する課題と今後の展望


地方創生は多くの成功事例を生み出してきましたが、依然として多くの課題に直面しています。


ここからは、以下の課題についてお話します。


地方創生が直面する課題と今後の展望

今後の展望としては、これらの課題を克服し、持続可能な地域づくりを実現するための新たな戦略が必要です。

地域ごとの特性を最大限に活かし、多様な主体が協力し合うことで、地方創生のさらなる発展が期待されます。



持続可能な地域づくりの課題


持続可能な地域づくりは、地方創生の中でも特に重要なテーマです。しかし、その実現には多くの課題が存在します。


まず、地域経済の持続可能性を確保するためには、地元の中小企業の育成が不可欠です。

地元産業の競争力を高めるための技術革新や、マーケティング支援が求められます。


また、新たな産業の創出も重要であり、地域の特性を活かしたビジネスモデルの開発が必要です。


さらに、環境保護と経済発展のバランスを取ることも課題の一つです。持続可能な地域づくりを実現するためには、再生可能エネルギーの導入や、環境に優しいインフラの整備が求められます。その結果、地域の自然資源を守りながら、経済活動を活性化させることが可能となります。


他にも、地域コミュニティの強化も重要な要素です。地域住民が一体となって取り組むことで、持続可能な地域づくりが実現します。地域の課題を共有し、解決策を共に考える場を設けることが必要です。例えば、地域の特性を活かした観光資源の開発や、地元企業との連携による新しいサービスの提供などが考えられます。


最後に、持続可能な地域づくりを支えるための教育と人材育成も欠かせません。

地域の未来を担う若者に対して、地域の魅力や可能性を伝え、地域に根ざした活動を促進する教育プログラムが必要です。地域の発展を支える人材が育ち、持続可能な地域づくりが進展します。



若者の定住促進と雇用創出


地方創生の成功には、若者の定住促進と雇用創出が欠かせません。

多くの地方では、若者が都市部に流出し、地域の人口減少が深刻な問題となっています。

この流れを食い止めるためには、若者が魅力を感じる地域づくりと、安定した雇用の提供が必要です。


まず、若者が定住したくなるような魅力的な地域づくりが求められます。

「魅力的な地域づくり」は、教育機関や医療施設の充実、文化・娯楽施設の整備が含まれます。

特に、子育て世代にとっては、保育所や学校の質が重要な要素となります。

地域の魅力を高めるためには、地元の特産品や観光資源を活用したイベントやプロモーションも効果的です。


次に、若者の雇用創出が重要です。


地元企業の支援や新たなビジネスの誘致を通じて、若者が働きたいと思える職場を増やすことが必要です。

例えば、IT企業やスタートアップ企業の誘致、地元産業の高度化・多様化を図ることで、若者にとって魅力的な職場環境を提供することができます。

また、地元の大学や専門学校と連携し、地域に根ざした人材育成プログラムを実施することも有効です。


さらに、若者の起業支援も重要な取り組みの一つです。


地域の特性を活かしたビジネスモデルの開発や、起業家支援プログラムの充実を図ることで、若者が地域で新たなビジネスを始めやすい環境を整えることができます。

地域経済の活性化と若者の定住促進が同時に進められます。


最後に、地域コミュニティの強化も忘れてはなりません。


若者が地域に根付くためには、地域住民との交流や協力が不可欠です。

地域イベントやボランティア活動を通じて、若者が地域社会に貢献し、地域の一員としての意識を持つことが重要です。若者が地域に愛着を持ち、長く住み続けることが期待されます。



政府と地域の協働による新たな展開


地方創生の成功には、政府と地域の協働が不可欠です。

政府は政策の枠組みを提供し、地域はその枠組みを活用して独自の取り組みを展開することで、相乗効果を生み出すことができます。

政府と地域がどのように協働し、新たな展開を生み出しているのかを見ていきます。


まず、政府の役割としては、地方創生に向けた政策の策定と資金の提供が挙げられます。

例えば、地方創生交付金や地域活性化総合特別措置法など、地域が独自のプロジェクトを実施するための財政的支援が行われています。

地域は自らの特性やニーズに応じた取り組みを進めることができます。


一方、地域の役割としては、地元の特性を活かしたプロジェクトの企画・実施が求められます。

地域住民や企業、NPOなどが一体となって、地域の課題解決に向けた具体的なアクションを起こすことが重要です。

例えば、地域資源を活用した観光振興や、地元産業の振興を図る取り組みが行われています。


また、政府と地域の協働を促進するためには、情報共有と連携が欠かせません。

政府は地域の声を積極的に聞き、政策に反映させることが求められます。

地域の実情に即した効果的な政策が実現されます。


さらに、政府と地域の協働による新たな展開として、デジタル技術の活用が注目されています。

スマートシティの推進や、地域データの活用による効率的な行政サービスの提供など、デジタル技術を駆使した取り組みが進められています。

地域の魅力向上と住民の生活の質の向上が期待されます。


政府と地域が一体となって取り組むことで、地方創生はより効果的に進められます。

今後も、協働の重要性を認識し、地域の持続可能な発展を目指していくことが求められます。



まとめ


地方創生は、地域の持続可能な発展を目指す重要な政策です。

その始まりから現在に至るまで、政府と地域が協働して取り組むことで、多くの成功事例が生まれています。

地域資源を活用した経済活性化やインフラ整備、地域コミュニティの強化など、多岐にわたる戦略が展開されてきました。


しかし、地方創生はまだ道半ばです。

持続可能な地域づくりや若者の定住促進、雇用創出など、解決すべき課題は多く残されています。これらの課題に対して、政府と地域が一体となって取り組むことが求められます。


今後も、地方創生の取り組みを進めるためには、成功事例から学び、他地域への応用と展開を図ることが重要です。

また、デジタル技術の活用や地域間の連携を強化することで、より効果的な地域活性化が期待されます。


地方創生は、地域の未来を切り拓く鍵となる取り組みです。

政府と地域が協力し合い、持続可能な発展を目指していくことで、地域の魅力と活力を高めることができるでしょう。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生はいつから始まったのか?その背景と取り組み事例を解説!」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。

※事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。



Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page