top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生にマーケティングをどう活用していくか?事例や論文から有効な活用方法を紹介


地方創生にマーケティングをどう活用していくか?事例や論文から有効な活用方法を紹介

地方創生におけるマーケティング戦略の重要性が高まる中、具体的な事例や論文からその活用法を探っていきます。


この記事ではマーケティング戦略がどのように地域に貢献して行けるかを明らかにし、地域の魅力を最大限に引き出す方法をまとめていきます。





地方創生とマーケティング関係性とは? 


地方創生とマーケティングの関係性とは、地域の魅力を最大限に引き出し、地域経済の活性化を図るための重要な手段です。


マーケティングは、地域の特性や資源を効果的に活用し、地域のブランド価値を高めるための戦略を提供します。地域内外からの関心を引き、観光客や移住者、投資家を呼び込むことが可能となります。


具体的には、地域の特産品や観光資源を効果的にプロモーションすることで、地域の知名度を向上させることができます。また、地域住民のニーズを把握し、それに基づいたサービスや商品を提供することで、地域内の消費を促進し、経済の循環を生み出すことができます。

マーケティングは、地域の課題を解決するための強力なツールであり、地方創生の成功に欠かせない要素となっています。



地方創生におけるマーケティングの役割


地方創生におけるマーケティングの役割は、多岐にわたります。


まず、地域の魅力を効果的に発信することで、外部からの関心を引き寄せることができます。地域の特産品や観光資源、文化や歴史などをプロモーションすることが含まれます。

例えば、SNSやウェブサイトを活用した情報発信や、イベントの開催などが挙げられます。


さらに、マーケティングは地域内のコミュニケーションを活性化させる役割も果たします。地域住民のニーズや意見を収集し、それに基づいた施策を展開することで、地域全体の満足度を向上させることができます。結果として、地域住民が自らの地域に誇りを持ち、積極的に地域活動に参加するようになります。


また、マーケティングは地域のブランド価値を高めるための戦略を提供します。地域独自のストーリーや価値を明確にし、それを一貫して発信することで、地域のアイデンティティを確立することができます。その結果、地域の魅力が外部に伝わりやすくなり、観光客や移住者、投資家を呼び込むことが可能となります。


最後に、マーケティングは地域の経済活性化にも寄与します。地域内の消費を促進するためのキャンペーンや、地域産業の振興を図るための施策を展開することで、地域経済の循環を生み出すことができます。マーケティングは、地方創生の成功に欠かせない重要な要素であり、地域の未来を切り拓く力となります。


地方創生におけるマーケティングの役割


マーケティングで解決できること


マーケティングは地方創生において多くの課題を解決する力を持っています。


まず、地域の知名度向上が挙げられます。地域の特産品や観光資源、文化、歴史などを効果的にプロモーションすることで、外部からの関心を引き寄せることができます。その結果、観光客や移住者を増やすことが可能となります。


次に、地域内の経済活性化です。マーケティング戦略を活用して地域産業を振興し、地域内の消費を促進するキャンペーンを展開することで、地域経済の循環を生み出すことができます。例えば、地元産品のブランド化やオンライン販売の強化などが効果的です。


さらに、地域のブランド価値を高めることも重要です。地域独自のストーリーや価値を明確にし、それを一貫して発信することで、地域のアイデンティティを確立することができます。結果として、地域の魅力が外部に伝わりやすくなり、観光客や移住者、投資家を呼び込むことが可能となります。


最後に、地域住民のエンゲージメント向上もマーケティングの力で実現できます。


地域住民のニーズや意見を収集し、それに基づいた施策を展開することで、地域全体の満足度を向上させることができます。これにより、地域住民が自らの地域に誇りを持ち、積極的に地域活動に参加するようになります。


マーケティングで解決できること



地方創生における課題とは?


地方創生を進める上で、いくつかの大きな課題が存在します。

まず、人口減少と高齢化が挙げられます。多くの地方都市では若者が都市部に流出し、残された地域には高齢者が多くなっています。この現象は地域の活力を低下させ、経済活動の停滞を招く要因となっています。


次に、補助金や助成金に頼った民間施策の限界です。

地方自治体は多くの場合、国や県からの補助金や助成金に依存していますが、これらの資金は持続可能な地域発展を保証するものではありません。短期的な施策に終始しがちで、長期的な視点での地域振興が難しくなります。


さらに、都内に比べて魅力的な仕事が少ないことも大きな課題です。

多くの若者が都市部に移住する理由の一つに、地方では希望する職種やキャリアパスが見つからないことが挙げられます。これにより、地方の人材流出が加速し、地域の経済基盤が弱体化してしまいます。


これらの課題を解決するためには、マーケティングの視点を取り入れた戦略的なアプローチが必要です。具体的な解決策について詳しく見ていきます。



人口減少・高齢化


地方創生における最も深刻な課題の一つが、人口減少と高齢化です。

多くの地方都市では、若者が都市部に流出し、結果として地域の人口構造が急速に高齢化しています。この現象は、地域の経済活動や社会的な活力を大きく損なう要因となっています。


人口減少は、地域の労働力不足を引き起こし、地元企業の存続や新規ビジネスの立ち上げを困難にします。

また、高齢化が進むことで、医療や介護などの社会保障費が増大し、自治体の財政を圧迫します。これにより、地域のインフラ整備や公共サービスの維持が難しくなり、住民の生活の質が低下するリスクが高まります。


さらに、若者の流出は地域の文化や伝統の継承にも影響を与えます。地域の祭りや伝統行事が廃れてしまうことで、地域のアイデンティティが失われ、観光資源としての魅力も減少します。その結果、地域外からの観光客や移住者を呼び込む力が弱まり、さらなる人口減少の悪循環に陥る可能性があります。


人口減少・高齢化の状況を打破するためには、地域の魅力を再発見し、若者が定住したくなるような環境を整えることが重要です。



補助金・助成金に頼った民間施策


地方創生の取り組みの中で、補助金や助成金を活用した民間施策は多く見られます。

財政支援は、地域の経済活動を活性化させるための重要な手段となっています。

しかし、補助金や助成金に過度に依存することにはいくつかの課題も存在します。


まず、補助金や助成金は一時的な財政支援であり、持続可能な経済成長を保証するものではありません。

多くの事業が補助金の終了とともに活動を縮小せざるを得なくなるケースが見受けられます。これにより、地域の経済基盤が脆弱なままとなり、長期的な発展が難しくなります。


また、補助金や助成金の申請や管理には多くの手間と時間がかかります。結果として、企業や団体が本来の業務に集中できなくなるリスクがあります。補助金の配分が公平に行われない場合、地域内での不平等が生じる可能性もあります。


さらに、補助金や助成金に頼ることで、地域の自主性や創造性が損なわれることも懸念されます。

外部からの資金に依存することで、地域独自のアイデアや取り組みが生まれにくくなり、結果として地域の魅力や競争力が低下する恐れがあります。


このような課題を克服するためには、補助金や助成金を活用しつつも、地域の自主性を尊重し、持続可能なビジネスモデルを構築することが重要です。


補助金・助成金に頼った民間施策


都内に比べて魅力的な仕事が少ない


地方創生の大きな課題の一つとして、都内に比べて魅力的な仕事が少ないことが挙げられます。

多くの若者が都市部に移住する理由の一つは、キャリアアップや高収入を期待できる仕事が都市部に集中しているためです。この現象は地方の人口減少を加速させ、地域経済の活力を奪う要因となっています。


地方には豊かな自然環境や独自の文化が存在する一方で、これらを活かした仕事の創出が十分に行われていない現状があります。

例えば、観光業や農業、地元の特産品を活用したビジネスなど、地域資源を活かした仕事の可能性は多岐にわたりますが、それらが魅力的なキャリアパスとして認識されることは少ないです。


また、地方の企業は規模が小さく、都市部の大企業に比べて給与や福利厚生が劣ることが多いです。このため、地方で働くことに対する経済的な魅力が低く、若者が地方での就職を避ける傾向があります。

さらに、地方では専門的なスキルを持つ人材が不足しているため、高度な技術や知識を必要とする仕事が少ないという問題もあります。


このような状況を改善するためには、地方における仕事の魅力を高める取り組みが必要です。




地方創生の課題に対する解決策とは? 


地方創生の課題を解決するためには、さまざまなアプローチが必要です。

以下に、具体的な解決策をいくつか紹介します。


まず、移住定住の促進が重要です。

地方に魅力的な住環境や生活インフラを整備することで、都市部からの移住者を増やすことができます。

例えば、子育て支援や医療サービスの充実、交通アクセスの改善などが挙げられます。地方での生活の質が向上し、移住を検討する人々にとって魅力的な選択肢となるでしょう。


次に、関係人口の創出も効果的です。

関係人口とは、地方に住んでいないが、定期的に訪れる人々や、地方と何らかの形で関わりを持つ人々を指します。観光やイベント、地域活動を通じて関係人口を増やすことで、地域の活性化が期待できます。

例えば、地域の特産品を活用したイベントや、地元の文化を体験できるプログラムを企画することが考えられます。


さらに、魅力的な仕事を増やすことも重要です。

リモートワークの普及により、都市部の企業で働きながら地方に住むことが可能となりつつあります。

また、地方の企業が魅力的な労働環境を提供するための支援策や、地域資源を活かした新しいビジネスモデルの開発も必要です。

例えば、観光業や農業、地元の特産品を活用したビジネスなど、地域資源を活かした仕事の創出が求められます。


これらの解決策を実行することで、地方創生の課題に対する効果的なアプローチが可能となります。



移住定住の促進


地方創生において、移住定住の促進は極めて重要な要素です。

都市部から地方への移住を促進するためには、まず地方の魅力を高める必要があります。具体的には、住環境の整備や生活インフラの充実が求められます。

例えば、子育て支援の充実や医療サービスの向上、交通アクセスの改善などが挙げられます。これにより、地方での生活の質が向上し、都市部からの移住者を引き寄せることができるでしょう。


また、地方の魅力を発信するためのマーケティング戦略も重要です。地域の特性や魅力を効果的に伝えるために、SNSやウェブサイトを活用した情報発信が有効です。

例えば、地域の自然景観や文化、特産品などを紹介するコンテンツを作成し、広く発信することで、移住を検討する人々に対して地域の魅力をアピールすることができます。


さらに、移住者をサポートするための制度やプログラムも重要です。

例えば、移住者向けの住宅支援や就業支援、地域コミュニティへの参加を促進するプログラムなどが考えられます。これにより、移住者が地域にスムーズに馴染むことができ、定住を促進することが可能となります。


移住定住の促進は、地方創生の成功に不可欠な要素です。

地域の魅力を高め、効果的なマーケティング戦略を展開し、移住者をサポートするための制度を整備することで、地方への移住を促進し、地域の活性化を図ることができるでしょう。



関係人口創出


関係人口とは、地域に定住していないが、何らかの形で地域と関わりを持つ人々のことを指します。

地方創生において、関係人口の創出は地域の活性化に大きな役割を果たします。

関係人口を増やすことで、地域外からの新しい視点やアイデアがもたらされ、地域の魅力や価値が再発見されることが期待されます。


具体的な関係人口創出の方法としては、地域イベントやワークショップの開催が挙げられます。例えば、地元の特産品を使った料理教室や、地域の歴史や文化を学ぶツアーなどを企画することで、地域外の人々が地域に足を運び、関わりを持つ機会を提供することができます。

また、地域の課題解決に向けたプロジェクトに外部の専門家や学生を招くことも効果的です。地域の問題に対する新しい解決策が見つかるだけでなく、地域外の人々とのネットワークが広がります。


さらに、デジタル技術を活用した関係人口の創出も重要です。

オンラインでの地域紹介や、リモートワークを活用した地域との関わり方を提案することで、物理的な距離を超えて地域と関わることができます。

例えば、地域の特産品をオンラインで販売するプラットフォームを作成し、購入者とのコミュニケーションを通じて関係を築くことができます。


関係人口の創出は、地域の持続可能な発展に寄与する重要な要素です。

地域外の人々との関わりを深め、多様な視点やアイデアを取り入れることで、地域の魅力をさらに引き出し、地方創生を推進することができるでしょう。



魅力的な仕事を増やす・リモートワーク


地方創生において、魅力的な仕事を増やすことは非常に重要です。

特に若者や働き盛りの世代が地方に移住するためには、魅力的でやりがいのある仕事が必要不可欠です。

地方には豊かな自然や独自の文化がある一方で、都市部に比べて仕事の選択肢が限られていることが課題となっています。


この課題を解決するための一つの方法として、リモートワークの推進が挙げられます。

リモートワークは、インターネットを活用して場所を問わずに仕事ができる働き方です。その結果、都市部に本社を構える企業でも地方に住みながら働くことが可能となります。

リモートワークを導入することで、地方に住む人々が都市部と同じような仕事の機会を得ることができ、地方の魅力を損なうことなく働くことができます。


また、地方自治体や企業が協力して、地域の特性を活かした新しいビジネスを創出することも重要です。

例えば、地元の特産品を活用した商品開発や観光業の振興など、地域資源を活かした仕事を増やすことで、地域の経済を活性化させることができます。

さらに、地域のニーズに応じた職業訓練やスキルアップの機会を提供することで、地元の人々が新しい仕事に挑戦しやすくすることも重要です。


リモートワークと地域資源を活かしたビジネスの創出は、地方創生における魅力的な仕事を増やすための有効な手段です。これにより、地方に住む人々がやりがいを感じながら働くことができ、地域全体の活性化につながるでしょう。


地方創生の課題に対する解決策とは? 



事例・論文から紐解くマーケティングを活用した課題解決について


地方創生におけるマーケティングの活用は、地域の課題を解決するための有力な手段となります。具体的な事例や論文を通じて、その効果的な方法を探っていきましょう。



地方創生×マーケティングに関する具体的事例

地方創生におけるマーケティングの成功事例として、3つご紹介します。



事例①:長野県「白馬村」

長野県「白馬村」

画像出典:白馬村公式観光サイト


長野県の「白馬村」は、スキーリゾート地としての魅力を最大限に活かし、国内外からの観光客を引き寄せることに成功しました。

白馬村では、SNSを活用した情報発信や、インフルエンサーとのコラボレーションを通じて、地域の魅力を効果的に伝えています。

また、地域の特産品をPRするイベントや、地元の食材を使ったグルメフェスティバルなども開催され、観光客の満足度を高める取り組みが行われています。



事例②:愛媛県「内子町」

愛媛県「内子町」

画像出典:内子さんぽ


愛媛県の「内子町」も成功事例の一つです。

内子町は、歴史的な町並みや伝統工芸品を活かした観光戦略を展開しています。

特に、地域の伝統工芸品である「内子和紙」をブランド化し、国内外の市場に向けて発信することで、地域の認知度と経済効果を高めています。

内子町では、地元の職人と連携し、ワークショップや体験イベントを開催することで、観光客に地域の文化を深く理解してもらう取り組みも行われています。



事例③:北海道「ニセコ町」

北海道ニセコ町

画像出典:北海道ニセコ町


地方創生とマーケティングの成功事例として注目されるのが、北海道の「ニセコ町」です。

ニセコ町は、豊かな自然環境とスキーリゾートを活かし、国内外から多くの観光客を引き寄せることに成功しました。

マーケティング戦略としては、SNSやインフルエンサーを活用した情報発信、地域の特産品をPRするイベントの開催などが挙げられます。これにより、地域の知名度が向上し、観光客の増加とともに地域経済の活性化が図られました。



これらの事例からわかるように、地方創生におけるマーケティングの成功には、地域の独自性を強調し、それを効果的に発信することが重要です。

また、現代のデジタルツールやSNSを活用することで、より広範なターゲット層にアプローチすることが可能となります。

地域の魅力を最大限に引き出し、地域経済を活性化させるためには、これらの成功事例を参考にしながら、地域ごとの特性に合わせたマーケティング戦略を構築することが求められます。



地方創生×マーケティングに関する論文


地方創生におけるマーケティングの役割を深く理解するためには、学術的な視点からの分析も重要です。

近年、多くの論文が地方創生とマーケティングの関係性について研究を行っており、その中には実践的な示唆を含むものも少なくありません。

地方創生×マーケティングに関する論文を2つご紹介します。



論文①:地方創生に向けた自治体マーケティングの実践


この論文では、地方創生に向けた自治体のマーケティング実践について、必要性、可能性、実践手法の3つの視点から考察しています。

地方の魅力を理解し、それを効果的に発信することの重要性が強調されています​ 。



論文②:地域の特色を生かした観光誘致と地方創生のつながり


観光マーケティングと地方創生の関係を分析した論文です。

地域の独自性を生かした観光誘致が、地方経済の活性化にどのように寄与するかについて考察しています​。



これらの論文から得られる知見は、地方創生に取り組む自治体や企業にとって非常に有益です。

学術的な研究を基にしたマーケティング戦略の構築は、より効果的な地域活性化を実現するための重要な手段となります。




事例・論文をどう活用していくか


地方創生におけるマーケティング戦略を効果的に活用するためには、具体的な事例や学術論文から得られる知見を実際の施策に反映させることが重要です。

これらの情報源は、理論的な裏付けと実践的な成功例を提供してくれるため、地域の特性に応じたカスタマイズが可能となります。


まず、事例から学ぶことは、成功した地域の具体的な取り組みを参考にすることです。

例えば、地域ブランドの構築に成功した事例では、どのようなステップを踏んでブランドを確立し、どのようなマーケティング手法を用いたのかを詳細に分析することができます。その結果、自地域に適した戦略を見つけ出し、実行に移す際の参考とすることができます。


次に、論文から得られる知見は、理論的な基盤を提供してくれます。

学術的な研究は、マーケティング戦略の効果を科学的に検証しており、その結果を基にした施策は信頼性が高いです。

例えば、デジタルマーケティングの効果を検証した論文を参考にすれば、SNSやウェブサイトを活用した情報発信の具体的な方法や、ターゲット層に合わせたコンテンツ作成のポイントを学ぶことができます。


さらに、事例と論文を組み合わせることで、より包括的な戦略を構築することが可能です。実際の成功事例を基にした実践的なアプローチと、学術的な裏付けを持つ理論的なアプローチを融合させることで、地域の特性に最適化されたマーケティング戦略を策定することができます。


最後に、これらの知見を地域住民や関係者と共有し、協力体制を築くことも重要です。

地域全体が一丸となって取り組むことで、マーケティング戦略の効果を最大限に引き出すことができ、地方創生の目標達成に近づくことができます。


事例・論文をどう活用していくか



まとめ 


地方創生におけるマーケティング戦略の重要性は、地域の魅力を最大限に引き出し、持続可能な発展を実現するための鍵となります。

具体的な事例や学術論文から得られる知見を活用することで、地域の特性に応じたカスタマイズが可能となり、効果的な施策を実行することができます。


事例からは成功した地域の具体的な取り組みを学び、論文からは理論的な基盤を得ることで、実践的かつ信頼性の高いマーケティング戦略を構築することができます。地域ブランドの確立やデジタルマーケティングの活用など、多岐にわたる施策を効果的に展開することが可能です。


さらに、これらの知見を地域住民や関係者と共有し、協力体制を築くことも重要です。

地域全体が一丸となって取り組むことで、マーケティング戦略の効果を最大限に引き出し、地方創生の目標達成に近づくことができます。


今後も、地方創生におけるマーケティング戦略の研究と実践を続け、地域の魅力を発信し続けることが求められます。地域の未来を切り開くために、マーケティングの力を最大限に活用していきましょう。




HONE社では地方のマーケティング課題に向き合っています


以上が、「地方創生にマーケティングをどう活用していくか?事例や論文から有効な活用方法を紹介」でした。


また当社では地方企業さまを中心にマーケティング・ブランド戦略の伴走支援を行なっています。事業成長(ブランドづくり)と組織課題(ブランド成長をドライブするための土台づくり)の双方からお手伝いをしています。


私がこれまで会得してきた知識・経験を詰め込んだブランド戦略サポートプランでは全5回でマーケティングの太刀筋を学べるものになっているため、ご興味ある方はご検討いただけたらと思います。


その他、マーケティング・ブランディングに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。



【記事を書いた人】

株式会社HONE  代表取締役 桜井貴斗

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page