top of page
  • 執筆者の写真桜井 貴斗

地方創生に活用できる臨時交付金とは?交付金の要綱、活用事例についてご紹介!!


地方創生に活用できる臨時交付金とは?


地方を活性化していくための重要な資金源である「臨時交付金」。交付金の要綱や、各地での成功した活用事例を解説します。地方の活性化にどのように役立てるか、具体的なアイデアをご紹介していけたらと思います。



新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは?



新型コロナ対策地方創生臨時交付金とは?


新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は、地方自治体が直面する経済的な困難を支援し、地域経済の再活性化を図るために設けられた財政支援策です。


交付金は、地域の医療体制強化、雇用の安定、中小企業の支援、観光業の復興など、多岐にわたるプロジェクトに利用することができ、これにより地方の持続可能な発展とコミュニティの強化が期待されています。



地方創生臨時交付金の概要について


地方創生臨時交付金は、地方自治体が経済的な回復を図るための重要な財政支援策です。


この交付金は、地方自治体がその地方ならではの創造的なプロジェクトを計画・実施するための資金として提供され、具体的には、地域医療の充実、産業の振興、雇用創出、地域インフラの整備など、多方面にわたる取り組みに活用されています。


また、交付金の申請から受け取りまでのプロセスは、地方自治体の提案内容が国の基準に合致しているかどうかを評価することから始まり、これを通過したプロジェクトに対して、必要な資金が速やかに配分されるシステムになっています。


このように、地方創生臨時交付金は、地方自治体が直面する様々な課題に対応し、地域の発展を支えるための強力なツールです。



交付決定額について


地方創生臨時交付金の配分は、申請されたプロジェクトの内容と地域のニーズに基づいて決定されるのですが、プロジェクトの規模や影響力、緊急性を考慮して算出されるため、地域によって大きな差が出ることがあります。


例えば、人口減少が顕著な地域や、医療体制の整備が急務とされる地域には、より多くの資金が割り当てられる傾向にあります。


このように、交付決定額は地方自治体の提案内容がどれだけ地域の実情に合致しているか、また、そのプロジェクトが地域発展にどれだけ影響するかによって左右されるため、各自治体はより具体的で効果的な提案を心がける必要があります。



実施計画について


地方創生の実施計画について


具体的な目標設定、期間、予算配分、実行ステップなど、詳細にわたって慎重に計画を練る必要があります。


例えば、地域の特性を活かした観光振興や、地元産業の支援、さらには新たな雇用創出のためのプロジェクトなど、多岐にわたる内容が考えられます。


これらの計画は、地方自治体や関連するステークホルダーとの綿密な協議を経て、地域に最も適した形で策定されなければいけません。

また、地域住民の理解と支持を得るよう、計画の透明性を保ち、地域住民が計画内容を理解しやすい形での情報公開も重要となります。



実施状況について


地方創生臨時交付金の利用状況は、各地域で異なります。


利用状況の例

例えば、一部の地域では、交付金を活用して地域のインフラ整備が進み、観光客の増加や地元産業の活性化が見られたり、別の地域では、新たな雇用創出のための事業が成功を収め、地域経済の底上げに貢献しました。


これらの実施状況は、計画段階で設定された目標に対する進捗度合いを示す重要な指標となり、今後の計画策定において参考にされます。さらに、地方自治体は、実施状況を定期的に評価し、必要に応じて計画の見直しを行うことが求められます。これにより、より効果的な地方創生を目指すことができるでしょう。




地方創生臨時交付金を活用した事例


地方創生臨時交付金を活用した事例として、いくつかの成功事例を見てみましょう。


地域創生臨時交付金を活用した成功事例


これらの事例から、地方創生臨時交付金が、地方の様々な課題解決に有効に活用出来ることがわかります。



地方創生臨時交付金を活用した事例①


地方創生臨時交付金を活用した事例①として、岡山県倉敷市が挙げられます。

倉敷市では、交付金を用いて「倉敷春宵あかり」を開催しました。

このプロジェクトでは、歴史的な街並みをライトアップし、観光客が夜間でも楽しめる観光資源を提供しました。これにより、観光客の滞在時間の延長と地域経済の活性化が図られました​​ 。




地方創生臨時交付金を活用した事例②


地方創生臨時交付金を活用した事例②として、愛媛県松山市が注目されています。

愛媛県松山市では、「松山スタートアップラボ」を設立し、地方創生臨時交付金を活用して若者の起業を支援しています。この施設では、コワーキングスペースや会議室を提供し、ビジネスプランの作成や資金調達、マーケティングなどに関するサポートを行っています。また、定期的に起業セミナーやワークショップが開催され、多くの若者が利用しています。




地方創生臨時交付金を活用した事例③


地方創生臨時交付金を活用した事例③として、秋田県横手市が挙げられます。


横手市は農業を基盤とした地域ですが、地方創生臨時交付金を利用して6次産業化を推進しました。地元の農産物を活用した加工品の開発や販売促進に注力し、地元経済の強化に成功しました。特に、地元の農産物を使った商品開発が地域外の市場にも浸透し、売上を大きく伸ばしました。


横手市公式サイト(外部リンク)



そもそも地方創生が必要なケースとは?またはゴールは?


どのようなケースで地方創生が必要となるかというと、

地域の人口減少や高齢化が進むことにより、地域経済が停滞したり、若者の地元離れが顕著になっている問題などが挙げられます。


これらの問題を解決し、地域の活性化を図るためには、新たな産業の創出や地域資源の活用、住民の生活基盤の強化が求められます。


地方創生のゴールは、持続可能な地域社会の構築にあります。具体的には、地域が自立して経済活動を営むことができる環境を作り上げること、住民が安心して暮らせる生活基盤を整えることが目指されています。



地方創生を行った方がいいケース


地方創生を行った方がいいケースとして、特に注目すべきは、地域特有の文化や伝統が失われるかもしれない状況になっている場合が挙げられます。


文化や伝統があることで地域のアイデンティティを形成し、観光資源としても大きな価値を

持っているのに、若い世代が地元を離れていくと、これらの文化的遺産が継承されない問題が起こりうることになります。

そのために、地方創生を進めていきこれらの文化や伝統を保護して行かなければいけません。


また、地域に根ざした産業が衰退している場合も、地方創生を行う対象としていきたいです。

例えば、農業や漁業など、地域資源を活かした産業が振興されることで、地域経済の活性化につながります。これにより、雇用機会の創出や、若者の地元定着を促進することにも繋がります。




地方創生を踏みとどまった方がいいケース


地方創生を踏みとどまった方がいいケースとして、まず考えられるのは、地域の財政状況が厳しい場合です。


地方創生プロジェクトは多額の初期投資を必要とすることが多く、財政的に余裕がない地域では、さらなる経済的負担が地域住民に重くのしかかる恐れがあります。


また、地方創生によって期待される効果が、実際には地域にマッチしていない可能性もあります。例えば、大規模な観光施設を建設する計画があったとしても、その地域の実情や文化、歴史に合っていなければ、持続可能な発展は望めません。


さらに、地方創生を推進することで、地域内の格差が拡大することも懸念されます。特定の地域や集団だけが恩恵を受け、他の地域が置き去りにされることで、地域間の不均衡が生じる可能性があるため、慎重な判断が求められます。




地方創生のゴールとは


地方創生のゴールとは、地域全体の持続可能な発展と活性化を実現することです。



地域創生のゴール


具体的には、人口減少や高齢化が進む地域に、若者や新たな住民を呼び込むこと、地域固有の産業を育成し経済の自立を促すこと、そして地域住民の生活の質を向上させることが含まれます。


これには、教育の充実、医療や福祉の向上、地域文化の保存といった多角的なアプローチが必要です。また、地方創生は単に経済的な側面だけでなく、地域の自然環境や歴史を活かした持続可能な社会の構築も目指します。


これらの目標達成には、地域住民や関係者が一体となって取り組むことが不可欠です。



地方創生成功の鍵


地方創生を成功に導くためには、いくつかの重要な要素があります。


地方創生成功の鍵


まず、地域おこし協力隊を活用することで、地域外からの新たなアイデアやエネルギーを取り入れることができます。これにより、地域固有の問題を新しい視点から解決し、地域活性化につながることが期待されます。


次に、副業やプロ人材の利活用が挙げられます。これにより、地域に新しい技術や知識がもたらされ、地域産業の発展や多様な働き方の促進が図られます。


最後に、補助金や助成金を適切に活用することも重要です。これにより、資金面での支援を受けながら、持続可能な地域づくりを進めることができます。これらの鍵を握る要素を組み合わせることで、地方創生はより効果的に進められるでしょう。



地域おこし協力隊地域


地域おこし協力隊は、地方創生の一環として非常に重要な役割を担っています。

この制度は、主に若者や都市部からの移住者が地域固有の課題に取り組むことを支援し、地域の活性化を図ることを目的としています。


協力隊員は、地域の農業支援、地域イベントの企画運営、観光資源の開発など、多岐にわたるプロジェクトに関わることができます。


これにより、地域に新しい風を吹き込み、地域住民との交流を深めることが期待されています。また、地域おこし協力隊を通じて、地域外からの視点を取り入れることで、従来の方法では解決が困難だった問題に対して新たな解決策を見出すことが可能になります。



副業・プロ人材の利活用


副業やプロフェッショナルな人材の利活用は、非常に有効な手段です。特に、地方における人材不足が顕著な分野において、副業や専門スキルを持つプロの力を借りることで、地域の課題解決やプロジェクトの質を向上させることができます。


例えば、ITスキルを持つプロフェッショナルを活用して、地方自治体のDX化を推進したり、地域特有の商品をオンラインで販売するためのECサイト構築などが挙げられます。これにより、地方の魅力を全国に広め、新たな収益源を増やすことが可能になります。


また、副業として地方で活動することで、都市部に住む人々に新たな働き方を提供し、地方と都市部との人的交流も促進されます。

このように、副業やプロ人材の積極的な利活用することで地方創生を加速させることとなるでしょう。



補助金・助成金の正しい活用


これらの資金は、地域特有のプロジェクトやイノベーションを推進するための重要な資源となります。

例えば、補助金を活用して、伝統工芸品の製造や販売を支援するプロジェクトや、観光資源を活かしたイベントの開催が可能になります。

また、助成金を利用して、地方の若者や女性の起業を支援するプログラムを設立することもできます。これにより、地方の雇用創出や経済活動の活性化を促進することが期待されます。


しかし、これらの資金を効果的に活用するためには、申請から実施、報告に至るまでのプロセスを正確に理解し、計画的に行動することが求められます。


正しい知識と戦略をもって補助金や助成金を活用し、地方創生の大きな推進力にしましょう。



まとめ


地方創生における臨時交付金の活用は、地域の活性化と持続可能な発展を促進するための重要な手段です。


本記事では、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の概要から、具体的な活用事例、地方創生が必要なケースやそのゴール、さらには成功の鍵となる要素までを詳しくご紹介しました。


これらの情報を活用して、各地域が独自の課題を解決し、地方創生を実現するための一助となれば幸いです。


また、地方創生は単なる資金の投入ではなく、地域全体の協力と創意工夫が必要です。今後も各地での新たな取り組みに注目し、持続可能な地域社会の構築を目指していきましょう。




地方でお困りの事業者さんへ


もし私たちができることがあればHONEまでお気軽にご相談ください。X DMでも、HPのお問合せフォームからでも、ブランドを強くする方法を一緒に考えたいと思います。



以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


 

※本記事は一部AIを活用して執筆しています。


【記事を書いた人】

プロフィール画像

株式会社HONE

代表取締役 桜井貴斗


札幌生まれ、静岡育ち。 大学卒業後、大手求人メディア会社で営業ののち、同社の新規事業の立ち上げに携わる。 2021年独立。 クライアントのマーケティングやブランディングの支援、マーケターのためのコミュニティ運営に従事。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page