地方に骨のあるマーケティングを。

はじめまして、HONEの桜井です。

時代は確かな重みを持って速度を上げ、
これまでとは違った景色を
私たちに見せてきました。


これからも新しい価値観が生まれ、
常識が生まれるでしょう。

それでも変わらないものがあるとするならば、
“マーケティング思考である”と信じています。

マーケティング思考とは、
“誰に何をどうやって届けるか”
私が住む地方にこそ、マーケティング思考が必要であり、
いま最も足りていない領域だと感じています。

地方に“骨のある”マーケティングを。
骨格をつくり、砥石となる。

それが私の使命であり、願いです。

HONEの使い方と意味

【名】砥石(といし)

【他動】
・~を砥石で研ぐ
・〔能力などに〕磨きをかける、

 〔技能などを〕磨く

ほね【骨】
1.体の支えとなり器官を保護する、カルシウム分の多い組織。
2.全体を支える、しっかりしたもの。

 

​なにをするのか

・マーケティング戦略の立案
  ビジネスの目的を決め、
  “誰に何をどうやって”届けるかを考えます。

・ブランディング戦略の立案

  本質的な価値を見出し、

  “誰にどう思って欲しいのか”を考えます。

・リクルーティング戦略の立案

  自分たちにとって最適な人材像を設定し、

  具体的な企画内容/手法もあわせて考えます。

 ※その他、外部研修・講師なども行っています。

考えていること

やってきた仕事

COPYRIGHT © HONE ALL RIGHTS RESERVED.